中央競馬最終予想

新潟牝馬ステークス2020予想や過去データ傾向分析・昇級戦でも新潟巧者を推したい1頭

新潟牝馬ステークス2020予想や過去データ傾向分析を紹介します。2020年10月24日(土)4回新潟5日/3歳以上オープン牝馬/芝2200m

新潟牝馬ステークス2020のデータ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析を紹介します。

[temp id=10]

新潟牝馬ステークス2020枠順

新潟牝馬ステークス2020予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1 ウラヌスチャーム 2.7
2 エスポワール 3.5
3 エアジーン 4.7
4 サトノワルキューレ 7.1
5 レッドアステル 8.9
6 ミスマンマミーア 19.4
7 リープフラウミルヒ 26.0
8 サラス 26.5
9 ティグラーシャ 36.5
10 パルティアーモ 43.0
11 シングフォーユー 68.4
12 コンダクトレス 68.4
13 フィリアプーラ 72.5
[temp id=8]

新潟牝馬ステークス2020過去データ傾向分析

新設レースということで、3勝、オープンクラスの過去10年を参考にしています。

枠順データ

5枠が極端に苦戦しており[0-0-1-13]。ただ、単勝1番2番人気が入っていませんので鵜呑みに出来ない部分もありますが、単勝3番人気以下は苦戦しています。

4枠[5-0-1-7]と好走しており中心の存在。単勝1番人気が入れば[2-0-0-0]。逃げ馬なら[2-0-0-0]で先行馬も[3-0-0-2]と好走。逆に差し~追い込みは[0-0-1-5]と苦戦しています。

全体的には、5枠以外なら、どこからでも勝ち負け出来ている結果です。

脚質データ

逃げ先行馬が活躍しており、その中でも上がり3F勝負になりやすい点。

芝2200mでも内回りコースになり、最後の直線も外回りに比べて大幅に距離短縮。コーナーを4回通過するなど、前にとっては息の入りやすいコースのため、

最後まで脚を温存しながら、最後の直線で切れる脚が出せるといったところでしょうか。

逃げ馬なら上がり3F2位以内[3-0-0-0]勝率100%。先行馬の上がり3F3位以内なら[3-2-2-0]3着内率100%。

単勝人気データ

単勝1番人気[5-2-1-3]勝率45.5%3着内率72.7%と好走。

全体的には、単勝3番人気以内が強いコースですが、紐荒れにも注意したい結果です。

馬体重データ

騎手データ

蛯名、ミルコ、石橋騎手が好走しており、騎乗馬がいれば要チェックでしょうか。

調教師データ

 

[temp id=11]

過去データ傾向分析まとめ

5枠[0-0-1-13]苦戦

4枠[5-0-1-7]と好走

逃げ先行馬が活躍

意外と差し馬がやや苦戦[2-1-5-24]

上がり3F勝負になりやすい

馬体重480kg~499kg[7-10-12]と中心

単勝1番人気[5-2-1-3]勝率45.5%

蛯名、ミルコ、石橋騎手が好走

全体的には5枠以外なら○

新潟牝馬ステークス2020予想

勝手なイメージとして、重賞戦線でそこそこ走れてい古馬牝馬が、オープン特別に格が下がったことで好走出来るというのは、少し違うような気がして。

このあたりは、データを取っていないので、完全な妄想にはなりますが、基本的に夏の自己条件を勝って上がって来た昇級初戦を狙うほうが、芝2200mにおいてはハマりそうかなと。

メンバーの脚質は、差し追い込みが揃ったように見えますので、ある程度前での競馬が出来るか、3角手前から上がって行けるような器用な馬、上がり3Fもしっかりと出せる馬。このあたりが狙い目。

これは過去データでもその傾向となっていますので、信頼性は高いと思います。

◎本命・複勝

パルティアーモ

飛び級での新潟牝馬ステークスになりますが、新潟芝2000m以上が得意で折り合い面も心配がいらず、スローペースを上手く走れる脚質は、このメンバーでも積極的に狙っていきたい1頭ですね。

前走弥彦特別は、単勝1番人気で1着。4角10番手から慌てず騒がずの直線だけの競馬で上がり3F最速で優勝。

強い競馬だったと思います。

今回は、内回り芝2200mですから、ある程度前の位置から追い出す必要がありますので、どうかな?と思いましたが、未勝利戦で4角手前から上がっていけたように器用な脚質も持ち合わせている同馬ですから問題ないかなと。

メンバーは強くなりますが、新潟巧者ぶりを推したい1頭ですね。

○対抗

ロサグラウカ

パルティアーモが3角手前から上がって行かない競馬になれば、ロサグラウカの前が頼りになるかなと。

前走札幌日経OPは、後方からの競馬になりましたが、先行脚質が主流で、3勝のうちすべてが逃げ先行での勝数。

新潟コースは初になりますが、内回り2000m以上は得意で、非根幹距離も問題無いと思います。不安材料があるなら左回りがどうか?ですが、

このあたりは、先手を取れば気分良くスムーズに競馬が出来ると思いますので、こちらも問題ないかなと。

出来ればハナを取ってペースを作る走りをしてほしい1頭ですね。

◎パルティアーモ
○ロサグラウカ
▲エスポワール
△ティグラーシャ
△コンダクトレス
×ウラヌスチャーム

馬連◎○=◎○▲△△×9点

[temp id=17] [temp id=12] [temp id=13]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。