新潟ジャンプステークス2020消去法データ推奨馬/今年も単勝6番人気以下穴馬の出番

新潟ジャンプステークス2020消去法データ推奨馬を紹介。新潟ジャンプステークス過去10年の結果データ傾向から厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から分析。1着になりそうな条件を持つ馬を紹介します。

新潟ジャンプステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

新潟ジャンプステークス2020出走予定馬

新潟ジャンプステークス2020消去法データ

単勝9番人気以下[0-0-0-50]

  • マスラオ
  • エアカーディナル
  • ウインリベロ
  • ファイアプルーフ
  • スマートボムシェル
  • ミュートエアー

単勝100倍以上[0-0-0-21]

  • エアカーディナル
  • ウインリベロ
  • ファイアプルーフ
  • スマートボムシェル
  • ミュートエアー

6歳以上+関東馬[0-2-3-37]

  • ノワールギャルソン
  • ミュートエアー

前走4着以下[0-3-6-46]

  • アズマタックン
  • ウインリベロ
  • エアカーディナル
  • ケイティクレバー
  • スマートボムシェル
  • ハルキストン
  • ファイアプルーフ
  • プラチナアッシュ
  • ミュートエアー
  • メドウラーク

前走単勝10番人気以下[0-0-0-16]

  • ミュートエアー

前走馬体重439キロ以下・520キロ~529キロ以内[0-0-1-13]

  • ウインリベロ

新潟ジャンプステークス2020消去法データ推奨馬

  • フォイヤーヴェルク
  • ブラックワンダー

残ったのは以上の2頭です。

今年は、メンバーの実績面や前走内容を見てもわかるように、かなり混戦模様で、その中でもフォイヤーヴェルクとブラックワンダーは「そこまで強く推せる馬では無い」というのが本音。

実際の新潟ジャンプステークス2020消去法データには、フォイヤーヴェルクとブラックワンダーの2頭も該当しており、本来であれば、今年は該当馬無しという結果でしたが、

新潟ジャンプステークス2020消去法データ該当馬を残すとなると、消去法データ該当数が一番少ない馬を残す。そうなるとフォイヤーヴェルクとブラックワンダーが残った形になっています。

個人的には、荒れるレースになるかなと思っていますし、なんだかモヤッとした感じで終わるの嫌なので、少しだけ見方を変えて、新潟ジャンプステークス2020穴馬の条件を紹介します。

新潟ジャンプステークス2020穴馬の条件

過去10年で単勝10倍以上の3着以内が13頭おり、すべて単勝91倍以内だったこと。

この13頭+単勝91倍以内から、強めの過去データを抜き取ると以下の通りになります。

  • クラスに関係無く、新潟2850m以上で3着以内の実績
  • 4歳5歳7歳
  • 前走G3組

該当馬:アズマタックン

前走東京ジャンプは、久々の競馬で勝ち馬からコンマ8秒差の8着とまずまずの内容で、昨年の新潟ジャンプで3着に好走し、一昨年の新潟ジャンプも4着と2年連続で掲示板に載るなど新潟実績は問題無し。

今回、久々に熊沢騎手が手綱を取ることで、オープン2勝目を収めた先行脚質で今回も行く可能性があり、そうなると展開的に分が悪くなるイメージもありますが、

これまで通りの控える競馬であれば、逃げ先行馬の揃った今年は、展開の利で出番がありそうかなといった感じです。

障害戦3勝の内、2勝が熊沢騎手ですから、展開どうこうの前に陣営の本気度も伺えるかなという見方も出来ますので、このあたりは騎手次第いなりますね。

穴馬としては、面白い1頭だと思います。

[common_content id=”10677″]

[common_content id=”9807″]

タイトルとURLをコピーしました