スポンサーリンク

【新潟記念2018予想注目データ解析】買いたくなるセダブリランテス

この記事は約4分で読めます。

2018年9月2日(日)に新潟競馬でおこなわれるG3新潟記念2018の予想注目データ解析を中心に紹介します。新潟記念は、本来の新潟2000m芝コースの傾向とは異なる結果となっています。特に脚質の傾向が新潟記念特有の先行脚質有利となるレースになっていることから、先行勢の揃った今回は波乱になる可能性もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新潟記念2018予想注目データ解析 コース解説

スタートしてからの直線が長いため、テンの入りは速くなることが少なく、スムーズな位置取りになることが多いです。基本的に先行馬が有利で差し馬の馬券に絡むことがありますが、過去10年を見ても先行馬が有利な新潟2000mとしては特異な傾向となっています。

新潟記念2018予想注目データ解析 登録馬

(参考:keibalab.j)

新潟記念2018予想注目データ解析 予想オッズ

1ブラストワンピース   1.9
2セダブリランテス    3.9
3グリュイエール     4.3
4メートルダール     9.3
5ストーンウェア     23.8
6マイネルハニー     26.7
7エンジニア       27.1
8レアリスタ       35.7
9マイネルミラノ     43.9
10メドウラーク      50.4
11ショウナンバッハ    83.2
12スズカディープ     87.2
13ベアインマインド    134.0
14コパノマリーン     152.6

新潟記念2018予想注目データ解析

枠順

3枠の成績が優秀[2-3-3-11]

3着内率までなら42%と言う成績。ただ、全体的に見ると、枠順の有利不利はなく、全馬が力を出し切れる枠順かなと思います。

脚質

先行馬が有利[4-4-3-23]

先行馬が有利ですが、2000m以上を走れるスタミナと荒れた馬場適性が重要になってきます。単純に先行馬だけでは押しきれない重賞。

単勝1番人気が飛ぶケースとしては『差し、追い込み脚質』の馬が多いのも特徴。

人気データ

単勝1番人気が[1-2-0-7]と不振。

好調なのが5番人気以下の下位人気馬。特に5番人気から10番人気を合わせて8勝をしていることから上位人気馬2頭は疑ってかかるほうがいいかもしれません。

単勝1番人気で連対した馬の特徴として、前走2着以上で枠順は6枠より外の枠順。過去10年を切り取ってのデータですが、過去5年で見れば、単勝1番人気の成績は[1-2-0-2]と優秀な成績

この辺をどう扱うかですね。

年齢

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-0-60.0%0.0%
4歳2-2-2-188.3%25.0%
5歳4-4-5-427.3%23.6%
6歳1-2-2-382.3%11.6%
7歳3-2-1-2111.1%22.2%
8歳上0-0-0-120.0%0.0%

3歳の3着内率が『0』と極端に不振。8歳以上も馬券になっておらず、4歳、5歳を中心に馬券を組み立てるのがベストかなと思います。

馬体重

馬体重で成績が良いのが520キロ以上で[2-0-1-6]。単純にブラストワンピースとセダブリランテスに有利なデータですね。

斤量

斤量は軽斤量馬よりもハンデを見込まれた馬の好走が目立ちます。斤量は54キロ~57キロが馬券圏内で、中でも55キロ[3-1-5-21]が狙い目でしょうか。

まとめ

ハンデ重賞に秋に向けての重要な一戦、また、夏の上がり馬にここが大目標の古馬など、色々な思惑が交差する新潟記念です。

過去10年を見ても人気薄が好走しているように今年も荒れる要素はあります。ただ、単純に人気薄を狙う前にブラストワンピースとセダブリランテスが飛ぶかどうか?この辺を思案してからがベストかなと思っています。

個人的には、セダブリランテスは良い勝負をすると考えています。

【新潟記念2018予想注目馬分析評価】危ない人気馬ブラストワンピース
2018年9月2日(日)に新潟競馬でおこなわれるG3新潟記念2018の予想注目馬の分析や評価を中心に紹介していきます。夏の新潟開催も最終週となり、翌週から中山・阪神開催が控えます。毎年秋に向けてクラシックや古馬G1に向けて勢いをつけたい馬た...
【新潟記念2018予想注目馬分析評価】骨折明け初戦セダブリランテス
2018年9月2日(日)に新潟競馬でおこなわれるG3新潟記念2018の予想注目馬の分析や評価を中心に紹介していきます。中山金杯を単勝1番人気で1着となったセダブリランテス。勢いづくかと思われた矢先に骨折が判明。休養明け初戦を新潟2000mか...
タイトルとURLをコピーしました