新潟記念2019最終予想!追い切りや過去データから狙うべき馬は新潟コース[3-0-1-0]

2019年9月1日新潟記念2019予想!最終追い切りや過去データから評価の高い馬を中心に展開や新潟記念2019のコースバイアスなども含めた最終予想になります。

人気の中心はレイエンダ。最終追い切り[53.8/38.6/24.7/12.1]と仕上げて来た馬体を見ると、また、考え込んでしまいますが、それでも今回は買いづらいデータがあり、枠順も、脚質の並びから考えると、これも買いづらい。

それならば、上がり馬で切れ味鋭いあの馬を狙ってみようと思います。

今年の予想は、やや、穴よりになりますね。

新潟記念2019最終予想!

ブラックスピネルが逃げるなら、サトノキングダムやダイワキャグニージナンボーあたりが先行集団。

ペースは5Fを59秒台の平均的な流れ。やや縦長の展開で4角から後方馬が差を詰め、直線に向いての叩き合い。

前でも後ろからでも馬券になりやすい展開なだけに、最後は決めて勝負になるかなと考えています。

本命◎

アクート

アクート自身、1枠の成績がイマイチなので、若干、後ずさりしましたが、やはり新潟コースは[3-0-1-0]で前走の佐渡Sでは上がり最速で好時計勝ち(過去10年新潟記念で言えば最速タイム)で
斤量54㎏は『魅力の塊』。

今回は1枠を引いたことで、最後の直線にかけると思いますが上手く内に潜って、4角10番手以内を通過してほしいですね。

最終追い切りは美浦坂路稍重(54.5/39.1/25.3/12.9)併せやや強めと、好状態をキープしています。

強い馬や、新潟でこそ走って来そうな馬もいますが、ここは最後の直線で「はい。きた~!」と言えるレースを期待したいですね。

↓アクートのさらに詳しいデータや血統背景はこちらです

新潟記念2019アクートの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
2019年9月1(日)新潟競馬 2回12日目新潟記念2019芝2,000mに出走予定のアクートの予想を中心に追い切りや血統、アクートの過去データ、新潟記念の過去10年のデータ傾向分析を紹介します。長い1600万クラスを勝ち上がり、晴れて重賞挑戦に挑むアクート。

対抗◯

フランツ

これまでのレース内容から見ると、コーナーが4つあるコースが苦手なのかなと。それを考えると、1800m戦や、東京コースでの勝率が良いのは納得出来ます。

今回の新潟記念は、久々のオープンクラスで重賞となりますが、コーナーが2つしかなく、広々としたコースですから十分に能力が発揮出来ると思います。

前走むらさき賞が圧巻の走りで、先行馬有利の中、ただ1頭だけ差して1着。その上がり3Fが33.1。

ここに来て、馬体が能力に近づいてきたかなといった印象を受けました。

脚質の並びから見た枠順は申し分なく、たぶん、この枠なら7、8番手以内を追走しそうで、最後は、戸崎騎手ですから、馬場の真ん中を差し来るかなと。

これまでの鬱憤をここで晴らしてほしいですね。

↓フランツのさらに詳しいデータや血統背景はこちらです

新潟記念2019フランツの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
2019年9月1(日)新潟競馬 2回12日目新潟記念2019芝2,000mに出走予定のフランツの予想を中心に追い切りや血統、フランツの過去データ、新潟記念の過去10年のデータ傾向分析、予想オッズを紹介します。骨折休養で長期に渡って戦線離脱。それでも休養明け初戦の春日特別は上がり最速で1着。その後も2戦でオープンクラスへ帰り咲いたフランツ。

単穴▲

カデナ

ディープインパクト産駒で、ここまで復活の兆しを見せた馬も珍しく、今回の新潟コースが合う可能性が一番高いかなと。

また、秋の大一番を目指すのか?そてともサマー2000シリーズで優勝を狙うのか?

このあたりで、評価が変わってくるカデナですが、東京左回りの百日草特別で上り3F33.4で2着に入っているように、新潟コースのような、広々とした直線の長いコースは合う可能性が非常に高いです。

また、近走3戦で、2000mがベスト距離であることが認識出来たレースで、前走のような平坦コースでも上がりが使えのは、好材料。

最終追い切りは、栗東坂路重(53.8/38.2/25.0 /12.7)一杯に追う。

荒れた馬場の時間帯でこの時計ですから、状態は良さそうです。

気持ちの中では、フランツより上で、まとめて差し切ってしまいそうなイメージが残っていましたので単穴の評価としています。

↓カデナのさらに詳しいデータや血統背景はこちらです

新潟記念2019カデナの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
2019年9月1(日)新潟競馬 2回12日目新潟記念2019芝2,000mに出走予定のカデナの予想を中心に追い切りや血統、カデナの過去データ、新潟記念の過去10年のデータ傾向分析を紹介します。2歳3歳は、京都2歳Sを優勝、弥生賞を優勝とその強さを見せていたカデナですが、クラシック戦線は惨敗。古馬になってからも、惨敗が続き、迎えた5歳。

連下★

カヴァル

前走マレーシアCは、スローペースを上がり最速で1着。

タイムは2:00.8と稍重なら上々のタイムも、2着3着が逃げ先行馬だったことを考えると、強い競馬だったかなと。

今回、似たような脚質で似たような上がり3Fを持った馬が数頭出走しますので、どこまで渡り合えるか?また、この3連勝がルメール、ルメール、福永騎手と来て、関東所属騎手ですから、データ的に見ても、不安はありますね。

過去データは関西所属騎手が有利で、初重賞挑戦で関東所属騎手ですから。

それでも3連勝は並の馬では達成出来ない結果で、個人的に描いていた中枠に入ってくれましたので連下で。

↓カヴァルのさらに詳しいデータや血統背景はこちらです

新潟記念2019カヴァルの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
2019年9月1(日)新潟競馬 2回12日目新潟記念2019芝2,000mに出走予定のカヴァルの予想を中心に追い切りや血統、カヴァルの過去データ、新潟記念の過去10年のデータ傾向分析、予想オッズを紹介します。明け4歳の500万から一気の3連勝でオープンへ。昇級初戦が初重賞挑戦になり、益々期待がかかるカヴァルですが、3連勝を飾った騎手が今回は他の馬。

穴☆

センテリュオ

初牡馬重賞に初の左回りなど、色々と課題があり、マイナスになりかねない材料ですが、中間の調教が良く、やはり、このセンテリュオは放牧明けが一番走る。

栗東坂路良(54.9/39.4/12.0)併せ一杯。

これくらいなら牡馬相手でもいい勝負が出来るかなと色気を感じてきています(笑)

前走マーメイドSはミドルペースで上がり3F35.2の4着。展開が向かなかったにせよ、上位2頭との斤量差が3キロもありましたので、良く追い込んでいると思います。

広い東京で軸足が変えれるなら、意外とハマる可能性もあります。

最終追い切りは栗東坂路重(52.9/38.5/25.0/12.3)単走馬なり。

馬場が悪い時間帯の走りでこの時計なら期待が持てますね。

↓センテリュオのさらに詳しいデータや血統背景はこちらです

新潟記念2019センテリュオの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
2019年9月1(日)新潟競馬 2回12日目新潟記念2019芝2,000mに出走予定のセンテリュオの予想を中心に追い切りや血統、センテリュオの過去データ、新潟記念の過去10年のデータ傾向分析、予想オッズを紹介します。新潟記念の過去10年は、牝馬の3着以内が無し。それほど、スタミナもパワーもスピードもいるタフなコース。
新潟記念2019最終予想!追い切りや過去データから狙うべき馬は新潟コース[3-0-1-0]
2019年9月1日新潟記念2019予想!最終追い切りや過去データから評価の高い馬を中心に展開や新潟記念2019のコースバイアスなども含めた最終予想になります。人気の中心はレイエンダ。最終追い切り[53.8/38.6/24.7/12.1]と仕上げて来た馬体を見ると、また、考え込んでしまいますが、それでも今回は買いづらいデータがあり、枠順も、脚質の並びから考えると、これも買いづらい。
弥彦特別2019予想オッズと過去データ傾向・追い切り!好走馬のポイントは施行月の変更
2019年9月1日(日)新潟競馬2回12日目:弥彦特別2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。ペース次第で結果が変わるというよりは、上位人気馬の脚質でその傾向が変わるといった、珍しい傾向がある弥彦特別。
岩室温泉特別2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙える軸馬とは?
2019年9月1日(日)新潟競馬2回12日目:岩室温泉特別2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。長い最後の直線があったとしても、逃げ先行馬が活躍しており、岩室温泉特別2019も例外ではないかなと考えています。
すずらん賞 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙えるのはこの馬だ!
2019年9月1日(日)札幌競馬2回6日目すずらん賞2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。この時期の2歳限定スプリント戦は、招待馬(地方所属馬)の出走もあり、上位人気馬の信頼度が高め。
丹頂ステークス 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!
丹頂ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。出走メンバーがミライヘノツバサやドレッドノータス、チェスナットコートにマイハートビートと、G3級のメンバーが揃った丹頂ステークス2019。

的中しやすくさせるには信頼出来る情報を参考にするのが有効的です

私の予想は、展開理論が土台で、その他に最近取り入れた調教、そして、信頼出来る競馬情報。この3つで予想をおこなっていますが、正直、的中出来るなら、理論はなんでも良いと思っています。

サイン競馬や指数競馬、コンピに有料予想、有料サイト。的中出来れば、本当に何でも良いって思っています。

ただ、有料予想に有料サイトは「本当に的中出来るの?」という不安や、ネットのみのやりとりですから、信ぴょう性、信用性がまったく無いのも事実です。

悪徳有料予想サイトは、的中の改ざんや、自演口コミなどを平気でやっていますので、とてもじゃないですが信用して、その情報を買い、馬券を買うことはできないですよね?

わたしなんて、2回も痛い目に遭っていますから(苦笑)

また、有料予想の料金も1ヶ月数万円はザラです。

1ヶ月に数万円の情報料を払って、買い目点数が60点とか、120点とか、本当にめまいがします。

ただでさえ高い情報料を支払っているのに、その情報で馬券を買うのに1レース1万以上とかって、わたしには考えられません。

けど、買うんですよね。

何の根拠も信用もないその有料情報の指定してきた馬番の馬券を買う。

そしてハズレる。

しかし、数万円ものお金を出している情報だからと言って、勝手に信じ込んで、買う。

負ける⇒買う⇒負ける⇒たまに的中⇒買う⇒負ける⇒さらに優良の情報があるといってメールが来る。

もう、悲惨です。

また、コンピ指数が特にそうですが「コンピ指数を使った◯◯競馬商材」も良く売られています。

中には優良な競馬商材もありますが、そのほとんどが「過去の結果を当てはめたものばかりの数字合わせ」で、根拠となるロジックの部分が不透明です。

ですから、コンピ競馬商材を購入してから数ヶ月経つと、これまでの結果がウソみたいに、当たらない、的中しないといった最悪の結果になります。

そして、そんな理論の不透明なコンピ競馬商材が数万で平気で売られています

ぶっちゃけ、誰でもコンピ指数で回収率100%超える競馬商材は作れます。過去のコンピ指数とレース結果を照らし合わせ、半年単位で回収率100%を超える「コンピ指数の組み合わせ」を探すだけでいいんですから。

あなたは騙されていませんか?大丈夫ですか?

これまでの話しをまとめると、

  1. 有料予想サイト、有料予想⇒悪徳サイトの乱立で信用性がまったくない
  2. コンピ指数を使った競馬商材は「まったく使えない過去の数字合わせ」

こうやって考えると、競馬で勝つためには、信用出来る競馬情報が絶対条件になってきます。

本当に大切なことなので、もう一度、言いますね。

競馬で勝つためには、信用出来る競馬情報が絶対条件になってきます

 

信用出来る競馬情報を集めるなら、迷わず競馬専門誌である「週間ギャロップ」をおすすめします。

ありとあらゆる競馬の信用出来る情報を教えてくれる、競馬業界NO.1の競馬雑誌です。

これが、ネット上で、スマホでパソコンで、読みたい時に読め、さらに読み放題月額380円(税抜)で見れるんですよね。

もちろん、わたしも購買しています^^

なぜ週間ギャロップが良いのか?その理由は?

競馬で最短で勝つには「正確な情報と、その情報量」が最低条件になってきます。

特に私が予想をする上で重要視している週間ギャロップのコンテンツが、

  1. 調教
  2. 過去のデータ
  3. 血統背景の説明

調教

これは、関屋記念2019に出走したソーグリッタリングの1週間前の調教内容です。

見て頂くとわかるように、赤線上のラップ、明らかに状態が良い調教ラップを刻んでいます。

当サイトの関屋記念の本命はソーグリッタリング3着でした。

このように、1周間前の追い切りが正確に確認することが出来ます。

過去のデータ

少し見づらくて申し訳ないですが、この過去データ。

とにかく事細かく過去のデータを掲載しています。また、データを掘り下げるといったこともしており、さらに信憑性が上がっています。

血統背景の説明

ここまで具体的に予想に即活かせる血統背景が書かれているのは、週間ギャロップぐらいでしょうか。

また、馬場適性や距離適性を◎◯▲で表わしていますので、参考にするのも楽で簡単ですよね。

 

 

この週間ギャロップは、楽天マガジンで読むことが出来ます

初月は無料で、週間ギャロップの他にも、約200種類の雑誌が読み放題です。

楽天ポイントも使えますし、楽天ポイントも貯まります。

スマホでもパソコンでも読み放題!

新潟記念2019過去10年データ傾向分析

  1. 父サンデーサイレンス系が有利。特にディープインパクト産駒
  2. 母父ノーザンダンサー系が優秀
  3. 5枠から順に内枠が優秀
  4. 先行or差しが優秀
  5. 前走4角4番手以下が優秀。特に9番手まで
  6. 4歳5歳が優秀
  7. 関西所属騎手が優秀
  8. ノーザンファーム生産馬が強い
  9. 斤量55キロ~57キロが中心
  10. 前走4番人気以内が優秀

とにかく関西所属騎手が優秀で、馬は関西でも関東でもOK。関西所属騎手は要チェックですね。

現在の予定騎手で言えば、ルメール、岩田、松若、北村友、デムーロ。

前走4角4番手以下~9番手以下が強いですが、そこまで上がり勝負に拘ることもないのが特徴。上がり関係なく前走の位置取りは重要。

斤量55キロ~57キロが優秀で、ある程度見込まれた実績馬が優秀です。

軸は4歳5歳が優秀で、荒れる傾向が強いのが7歳以上。

新潟記念2019コース解説

2000mの外回りコースは古馬(3歳以上混合)のレースで使用され、内回り芝1400mと同じ地点からのスタート。3コーナーまでの距離は948mと非常に長く、3~4コーナーはスパイラルカーブでやや急な下り坂。日本最長を誇る659mの直線はほぼフラットとなっている。

道中のラップは1800mと似ていて最初の1ハロンをゆっくり入ってその後ペースが上がり、中盤でペースが緩んで、最後の直線は瞬発力勝負。そうなると逃げ馬や力のない先行馬は苦しく、瞬発力に秀でた差し馬が有利となる。引用先:競馬ラボ

スパイラルカーブを採用しているため、マクリが使いにくいので、後方馬は必然と直線だけの競馬になりやすいです。

そのため、上がりを持っていない差し、追い込み馬は馬券になりにくい反面、上がりを持っている馬は、馬券になりやすいです。

タイトルとURLをコピーしました