日経新春杯2019予想!栗東所属馬が断然有利ならこの2頭が狙い目

日経新春杯2019の予想を紹介します。毎年、この日経新春杯だけは獲りたい一心で予想をしているくらい注目をしているレースです。今年は、混戦模様が想定され、1600万クラスの上がり馬からG1で好走している馬など、全体のレベルがどうこうよりも、各馬の能力、実績が横一線に見え、予想をする側としては、楽しみな1戦かなと思っています。今回はいつも以上にデータにも力を入れ、データ推奨馬も紹介していますので、ぜひ、参考にして見てください。

日経新春杯2019コース解説

京都平坦、外周りコース2400m芝。最初のコーナーまでの距離が長いため、隊列は決まりやすいです。また、位置取り争いもそこまで激しくないのがスタートしてからの特徴。息の入りやすいコースで、逃げ馬が逃げ切ってしまうコース形態ですが、ペースが上がる3コーナー手前で置いて行かれると、差し馬でも、なかなか差し届かないです。全体的にはゆったりと流れながら、勝負どころから急に早くなる、上がり競馬のコースです。

平均タイム:2.24.8

日経新春杯2019単勝予想オッズ

1グローリーヴェイズ2.7
2メイショウテッコン3.6
3ムイトオブリガード4.3
4アフリカンゴールド7.7
5ルックトゥワイス13.5
6ガンコ17.5
7ウインテンダネス18.1
8ノーブルマーズ18.7
9シュペルミエール31.3
10ロードヴァンドール38.8
11アイトーン81.8
12ミライヘノツバサ98.9
13サラス 140.3
14ダッシングブレイズ191.3
15エーティーサンダー387.7
16ケントオー491.1
17マサハヤドリーム526.1

日経新春杯2019外厩馬一覧

今走外厩馬(予想オッズ順)

1グローリーヴェイズ:ノーザンF天栄
2メイショウテッコン:宇治田原優駿S
3ムイトオブリガード:ノーザンFしがらき
4アフリカンゴールド:ミッドウェイF
5ルックトゥワイス
6ガンコ:ヴィゴラス
7ウインテンダネス:宇治田原優駿S
8ノーブルマーズ
9シュペルミエール
10ロードヴァンドール
11アイトーン:吉田ステーブル
12ミライヘノツバサ:阿見TC
13サラス
14ダッシングブレイズ:ノーザンFしがらき
15エーティーサンダー:グリーンF甲南
16ケントオー:宇治田原優駿S
17マサハヤドリーム:グリーンウッド

日経新春杯2019重要なデータ(過去10年)

  1. 前走上がり最速馬が有利
  2. 馬券の中心は上位4番人気まで
  3. 内枠が有利
  4. 先行~差し有利
  5. 7歳以上の3着内は[0]で4歳が優秀
  6. 栗東所属馬が優秀
  7. ノーザンファーム生産馬[6-3-2-17]
  8. 57.57.5キロ以上は不振、55,56キロが中心
  9. 前走G1組が優秀

前走上がり最速馬が有利
該当馬
ムイトオブリガード
ルックトゥワイス

馬券の中心は上位4番人気まで
予想単勝オッズ
1グローリーヴェイズ2.7
2メイショウテッコン3.6
3ムイトオブリガード4.3
4アフリカンゴールド7.7
5ルックトゥワイス13.5

内枠が有利
3着内率でトップは4枠、そこから1枠2枠へと内に行くほど有利な状況。

先行~差し有利
先行3着内率25%、差し3着内率29%。逃げ馬の3着内率が最も良く30%。

7歳以上の3着内は[0]で4歳が優秀
4歳馬がダントツの[6-5-2-20]3着内率39%。7歳以上は、[0-0-0-47] 明け4歳を狙うのがベスト
該当馬
アイトーン
アフリカンゴールド
グローリーヴェイズ
サラス
メイショウテッコン

栗東所属馬が優秀
栗東[10-10-8-93]美浦[0-0-2-18]とその差は歴然。
馬券は関西馬中心で。
美浦所属馬
グローリーヴェイズ
シュペルミエール
ミライヘノツバサ

ノーザンファーム生産馬[6-3-2-17]
3年連続で馬券に絡んでいるノーザンF生産馬。今年はムイトオブリガード。

57.57.5キロ以上は不振、55.56キロが中心
57.57.5キロ[0-0-0-10]と不振。55.56[4-8-3-31]と好調。
該当馬
ウインテンダネス
グローリーヴェイズ
ケントオー
シュペルミエール
ダッシングブレイズ
ノーブルマーズ
マサハヤドリーム
ミライヘノツバサ
ムイトオブリガード
メイショウテッコン
ルックトゥワイス
ロードヴァンドール

前走との斤量差では、2~2.5キロ減の馬が好走
該当馬
グローリーヴェイズ
サラス
シュペルミエール
ルックトゥワイス

前走G1組が優秀
該当馬
アイトーン
アフリカンゴールド
ウインテンダネス
ガンコ
ノーブルマーズ
メイショウテッコン

まとめ

特に重要なデータとして上げたいのが、前走上がり最速、前走との斤量差では、2~2.5キロ減、栗東所属馬が優秀ですね。これらを中心に考えられるデータ推奨馬は以下の2頭になります。

データ一推奨馬

ムイトオブリガード

生年月日 2014年04月13日(牡5歳)
毛色鹿毛
調教師角田 晃一(栗東)
馬主市川義美ホールディングス 株式会社
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金9610万1000円
通算成績 16戦5勝[5-4-1-6] 主な勝鞍 18’六社ステークス
兄弟馬ジャズファンク、オールオブナイト
系統Mr. Prospector系

ルックトゥワイス

生年月日 2013年04月02日(牡6歳)
毛色鹿毛
調教師藤原 英昭(栗東)
馬主飯塚 知一
生産者/産地追分ファーム/安平町
中央獲得賞金1億0894万8000円
通算成績 15戦5勝[5-6-1-3] 主な勝鞍 18’グレイトフルS
兄弟馬ミッキーパンプキン、インプレザリオ
系統サンデーサイレンス系

日経新春杯2019推奨馬

グローリーヴェイズ

生年月日2015年03月02日(牡4歳)
毛色黒鹿毛
調教師尾関 知人(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者/産地レイクヴィラファーム/洞爺湖町
中央獲得賞金6467万6000円
通算成績 6戦2勝[2-2-0-2] 主な勝鞍 18’佐渡ステークス
兄弟馬カヌメラビーチ
系統サンデーサイレンス系

前走菊花賞は上がり最速で5着と地力のあるところを見せてくれた走りでした。京都平坦は、きさらぎ賞、京都新聞杯で好走をしていますからコースは大丈夫ですね。
単純に距離の問題で、2400m以上がこの馬の適正距離と判断出来るならここは好勝負必須でしょうか。
ただ、美浦所属馬の成績がイマイチ。
輸送の問題もあって、きさらぎ賞、京都新聞杯を勝てなかったという味方も出来るだけあって当日の馬体重等は、要チェックでしょう。
血統背景は、1600mまでが主流ですから、ここで真価が問われる1戦なのは間違いないですね。オッズ的にも、前走の走りを見る限りでも、人気になっておかしくない1頭ですが色々と不安要素もあるだけに軸馬にしがたいのも本音です。

ムイトオブリガード

生年月日 2014年04月13日(牡5歳)
毛色鹿毛
調教師角田 晃一(栗東)
馬主市川義美ホールディングス 株式会社
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金9610万1000円
通算成績 16戦5勝[5-4-1-6] 主な勝鞍 18’六社ステークス
兄弟馬 ジャズファンク、オールオブナイト
系統Mr. Prospector系

データの中ではトップクラスに推奨される同馬。
前走は、2回目の重賞挑戦で2着と好走。
足元の弱さからダートで走っていましたが、4歳からは芝路線へ。
上がり勝負にはめっぽう強く、
昨年7レース中、最速上がりが5回と、切れ味には定評があります。
1600万クラスを勝利して次戦の重賞で単勝1番人気で2着は、
やはり実力のある証拠。
京都平坦でこそ、その切れ味が活かされる、そんな展開になりそうです。

ルックトゥワイス

生年月日 2013年04月02日(牡6歳)
毛色鹿毛
調教師藤原 英昭(栗東)
馬主飯塚 知一
生産者/産地追分ファーム/安平町
中央獲得賞金1億0894万8000円
通算成績 15戦5勝[5-6-1-3] 主な勝鞍 18’グレイトフルS
兄弟馬ミッキーパンプキン、インプレザリオ
系統サンデーサイレンス系

1600万クラスをなかなか勝ちきれないでいた同馬ですが
前走グレイトフルSを先行抜け出しで1着。
脚質は先行~差しと幅が広く、どの脚質からでも上がりが出せるのは魅力。
京都は初コースになりますが、スローペースで実績が集約されていますから
ここでも展開は合うと思います。
これまで1秒以上で負けたのが2回。
重賞でも相手なりに走ってこれても不思議ではないですね。

今週開催レース予想&結果

1月12日(土)
中山9R成田特別
中山10R初春ステークス複勝2着300円
中山11Rフェアリーステークス複勝1着230円
京都9R白梅賞複勝1着160円
京都10R北大路特別複勝1着330円
京都11R羅生門ステークス単勝1着220円

1月13日(日)
中山11RニューイヤーS複勝2着210円
京都10R新春ステークス
京都11R日経新春杯複勝3着190円

1月14日(月)
中山11R京成杯
京都11R淀短距離S

その他レース、現在作成中

タイトルとURLをコピーしました