日経賞2019予想注目馬!メンバー的に見れば単勝多点買いかなと

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



中山11R日経賞2019の過去10年の成績を参考に特に重要なデータと注目馬の評価を紹介します。

2019/3/23(土) 3回中山1日目
中山11R日経賞(G2)
サラ系4歳上オープン (国)(指) 別定
芝2500m 12頭 15:45発走

天皇賞春を目指すための古馬中距離路線のステップレース「日経賞」。

過去10年の天皇賞春で馬券に絡んでいる頭数は8頭で、勝利数も最多の3勝を挙げている結果から、予想をする側もこのレースは重要な1戦かなと思っています。

今回も過去10年間のデータをもとに日経賞の傾向から特に重要な偏ったデータを紹介しながら注目馬の評価を紹介していきます。

日経賞2019特に重要なデータ

  • サンデーサイレンス系が有利の中、特にハーツクライ産駒が優秀
  • 5枠~8枠が有利
  • 先行~差しが有利
  • 前走G2G1が優秀

 

近年は2枠の好走もありますが基本は中枠から外枠が有利。逃げ馬は、[1-0-0-9]の成績でイマイチ。基本は先行~差し。前走優秀なレースは、有馬記念、AJCC、日経新春杯、ダイヤモンドS、京都記念。オープン、1600万は軽視。

日経賞2019予想の入り方

1番人気の3着内率が50%とG2にしてはやや低い数字で、1番人気2番人気3番人気を合わせた3着内率が40%となっています。

また、4番人気5番人気6番人気を合わせた3着内率が33,3%になっている点を考えると
各人気ラインから1頭ずつの軸馬を選び、買い方は2頭軸がおすすめ

軸1頭で勝負をしたい場合は、上位人気馬3頭から選ぶのがベストかなと思います。

日経賞2019注目馬評価

エタリオウ

生年月日 2015年02月13日(牡4歳)
毛色青鹿毛
調教師友道 康夫(栗東)
馬主株式会社 Gリビエール・レーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金1億4753万8000円
通算成績 9戦1勝[1-6-0-2]
主な勝鞍 17’サラ2歳未勝利
兄弟馬ペレ、ブブールチャチャ
系統サンデーサイレンス系

個人的にこの馬から予想に入ったレースが一度もなく、ここでもどうかなといった感覚はありますが、実績や上昇度から見てもこの馬かなと。

前走菊花賞は1着馬とタイム差なしの2着とスタミナやパワーの要るレースに合う内容を
見せた走り。中山コースは今回が初になりますが今更、コース適性がどうのこうののような馬ではないかなと。

今回の斤量は前走からマイナス2キロでの出走。休養明け初戦からこの斤量差は大きなプラス材料かなと。

日経賞は以外と切れ味勝負になりやすい展開になるため、ここが叩き台だったとしても3着以内は堅いかなと考えています。

レースポイント

単純にエタリオウからメイショウテッコン、ゴーフォザサミット、サクラアンプルールへ馬連、ワイドで流せば的中はするかなと。

逆に単勝は高めを狙う形が合うようなレースになるかなと考えています。単勝多点買いですね。

タイトルとURLをコピーしました