日経賞2020の予想や消去法データ推奨馬を紹介します。(2020年3月28日中山競馬第68回日経賞G2/4歳以上オープン別定/芝2500m)

今年は、前走有馬記念組が不出走で、G1組もいないメンバーでの1戦。

中心になるのは前走芝2400m組で、その中でも日経新春杯組が消去法データでも好走データも予想のポイントに。

また、単勝1番人気が[2-2-1-4]と好走をしていますが、それは前走秋の国内G1からの臨戦馬でしたから、今年は該当馬は無し。

このあたりも含めれば、今年の日経賞は大混戦模様必至かなと考えています。

それでは、日経賞2020の予想や消去法データ推奨馬7頭を紹介していきます。

8月は土日毎週どちらか的中!好調の無料情報
回収率1000%超え連発の無料情報

8/23小倉8R:316.4倍
→回収率1758%
8/16札幌6R:40.3倍
→回収率1008%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

■これまでの無料情報的中・回収率
8/23小倉08R 1758%
8/15新潟04R 353%
8/16札幌06R 1008%
8/08札幌03R 713%
8/01札幌09R 335%
7/26新潟09R 183%
7/25新潟08R 515%
7/19新潟09R 822%
7/05函館10R 628%
6/28東京06R 1160%
6/27阪神10R 123%
6/21東京06R 302%
6/20阪神05R 868%
6/13函館07R 1267%
6/06阪神06R 680%
5/30東京08R 333%
5/31東京04R 138%

今週の重賞無料情報はオールカマーです!

土曜日は九十九里特別を公開中です!←きっちりと3連複13.4倍を的中!

ここの無料予想は本当に良く当たります。

3連複4点~10点以内が中心の予想で8月は的中ラッシュ。本日も九十九里特別を的中していますので本当に安定感抜群!頼りになる無料買い目です。

良く当たる無料情報。試す価値は十分にあります。

無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。

日経賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 サトノクロニクル 牡6 56.0 大野拓 [栗]池江泰
2 2 マイネルカレッツァ 牡8 56.0 丹内祐 [美]加藤士
3 3 ポンデザール 牝5 54.0 石橋脩 [美]堀宣行
3 4 レッドレオン 牡5 56.0 藤岡佑 [栗]角居勝
4 5 ヤマカツライデン 牡8 56.0 勝浦正 [栗]池添兼
4 6 ウインイクシード 牡6 56.0 横山武 [美]鈴木伸
5 7 ソウルスターリング 牝6 54.0 丸山元 [美]藤沢和
5 8 エタリオウ 牡5 56.0 岩田康 [栗]友道康
6 9 ガンコ 牡7 56.0 松田大 [栗]武英智
6 10 モズベッロ 牡4 56.0 池添謙 [栗]森田直
7 11 サンアップルトン 牡4 55.0 柴田善 [美]中野栄
7 12 スティッフェリオ 牡6 57.0 田辺裕 [栗]音無秀
8 13 アイスバブル 牡5 56.0 津村明 [栗]池江泰
8 14 ミッキースワロー 牡6 56.0 横山典 [美]菊沢隆

日経賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

春G1無料予想8戦6勝!さらに無料情報パーフェクト的中達成!

今週の重賞無料情報開放は「神戸新聞杯」です!

8月23日札幌記念回収率144%
8月23日小倉1R回収率203%
8月22日小倉3R回収率127%
8月22日新潟6R回収率210%

堅めの決着でしたが4戦4勝のパーフェクト的中はさすがです!

プラン情報も好調で◎重賞プラン「スターメーカー」情報

春G1無料3連複情報連チャン&3連単情報でさらに爆勝ち。桜花賞あたりからガチ凄い!完全夏荒れ対策モード発動してますね!実は七夕賞の無料3連複情報でもジナンボーは入れてませんでした! 

函館記念→113520円獲得!回収率11828%
七夕賞→667,980円獲得!回収率6958%

■無料情報・春G1シリーズ8戦6勝

◎安田記念5点+4点4800円
→6720円(回収率140%)
◎ダービー9点600円5400円
→14800円(回収率276%)
◎Vマイル13点400円5200円
→11840円(回収率228%)
◎天皇賞10点500円5000円
→67500円(回収率1350%)
◎皐月賞14点400円5600円
→36600円(回収率653%)
◎桜花賞14点400円5600円
→50360円(回収率899%)

たったのワンコインで天皇賞春67500円を獲得。

これと同じ予想が無料で手に入りますからマジで凄いんです。

そして、日曜無料情報は、神戸新聞杯です!

春G1シリーズで8戦6勝の無料情報

その実力を神戸新聞杯の無料情報で試して見てください!

秋競馬はココが確実です!

無料メルアド登録で即買い目が確認出来ます。

日経賞2020消去法データ

  1. 追い込み[0-1-0-30]
  2. 牝馬[0-0-1-3]
  3. 単勝10番人気以下[1-1-0-39]
  4. 単勝100倍以上[1-0-0-33]
  5. 前走OP特別[0-0-0-9]
  6. 前走2000m以下[0-0-3-24]
  7. 前走中京組[0-0-0-8]
  8. 前走G3組[1-0-1-23]

該当馬

  1. クレッシェンドラヴ
  2. ポンデザール
  3. ソウルスターリング
  4. ガンコ
  5. ヤマカツライデン
  6. マイネルカレッツァ
  7. アイスバブル
  8. ウインイクシード

日経賞2020消去法データ推奨馬予想

日経賞2020消去法データ推奨馬

  1. エタリオウ
  2. サトノクロニクル
  3. サンアップルトン
  4. スティッフェリオ
  5. ミッキースワロー
  6. モズベッロ
  7. レッドレオン

日経賞2020好走データ

  1. 単勝1番人気が[2-2-1-4]と好走している中、前年国G1から今年初戦に限れば[2-2-0-2]
  2. 中4週~9週の単勝3番人気・4番人気が好走中
  3. 前走芝2400m組が7連対のトップ
  4. 連対馬18頭中10頭が重賞優勝馬
  5. 前走日経新春杯組が[3-0-0-0]
  6. 前走有馬記念組が[2-3-2-5]

全体的に強力な好走データが不在の中、強いて挙げれば上記6点かなといった感じで、そこまで消去法データ推奨馬7頭に有利不利は無い形。

それでも前走有馬記念組や日経新春杯組は、同距離ということで中心視するデータ。

今年の単勝1番人気は、予想オッズ上、ミッキースワローに。前走AJCC組という点で印を下げる要因に。今年に限っては、単勝3番・4番人気あたりが軸候補になるかなと予測しています。

◎本命

モズベッロ

生年月日 2016年04月07日 (牡4歳)
調教師 森田 直行(栗東)
馬主 株式会社 キャピタル・システム
生産者 村田牧場
中央獲得賞金 1億0367万0000円
通算成績 11戦4勝[4-2-0-5]
主な勝鞍 20'日経新春杯
兄弟馬 ヒルノアトラーニ・トキノソマリ
系統 サンデーサイレンス系

前走日経新春杯で一気の重賞初制覇を成し遂げ、日経賞でも上位人気の一角。

前走日経新春杯組が[3-0-0-0]と好走しており、2走前グレイトフルステークスをタイム2:35.7の4着。勝ち馬からコンマ1秒差ですから差が無い競馬。中山コースは得意に入るコースかなと。

ただ、スタート次第では、後方競馬になりますので、このあたりがどうでるのか?

◯対抗

レッドレオン

生年月日 2015年01月30日 (牡5歳)
毛色 青鹿毛
調教師 角居 勝彦(栗東)
馬主 株式会社 東京ホースレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 8166万6000円
通算成績 8戦4勝[4-1-1-2]
主な勝鞍 19'比叡ステークス
兄弟馬 レッドアステル
系統 サンデーサイレンス系

モズベッロ同様に上がり馬での挑戦だった日経新春杯を2着に好走。

重賞挑戦はきさらぎ賞以来ですが、距離が伸びた2400mは相性が良く、先行しながら最後までしぶとく伸びた脚質は、なかなかのもの。

好走データ的には、前走芝2400m組が7連対のトップというくらいですが、当日単勝オッズでは、5番人気以内には入ると思っていますので、そのあたりを含めた対抗です。

▲単穴

ミッキースワロー

生年月日 2014年02月26日 (牡6歳)
調教師 菊沢 隆徳(美浦)
馬主  野田 みづき
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 2億5179万4000円
通算成績 18戦4勝[4-3-2-9]
主な勝鞍 17'朝日セントライト記念
兄弟馬 トーセンクッキー・フリウラーノ
系統 サンデーサイレンス系

重賞ウイナーが好走している点に加え、中山巧者という部分での▲単穴に。

これまで中山コースは、[2-2-0-2]と好走しており、今回のメンバー中であれば上位は明らか。

それでも、2400m以上での3着以内がなく、距離への適正が不安な面も。そのあたりを解消出来れば、勝ち負けをしても良い実績馬と言った感じです

△連下

サンアップルトン

生年月日 2016年04月25日 (牡4歳)
調教師 中野 栄治(美浦)
馬主 株式会社 加藤ステーブル
生産者 株式会社 ケイズ
中央獲得賞金 6474万3000円
通算成績 10戦4勝[4-2-1-3]
主な勝鞍 20'サンシャインS
兄弟馬 サンメイコン・サンペンドルトン
系統 サンデーサイレンス系

前走サンシャインステークスを好タイムで優勝をしたサンアップルトン。

これでオープン入りを果たしましたが、前走内容が特筆もので。

結果的にスローペースの上がり3F勝負になり、35.1で差す競馬。今回のメンバーの中で、中山コースで上がりが切れる馬が見当たらない中、サンアップルトンの末脚は十分に対応出来る脚質だと思います。

おすすめの記事