中央競馬最終予想

日経賞/外枠2頭の好位差しが狙い目・重賞連覇か初重賞制覇か

日経賞2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年3月28日中山競馬第68回日経賞G2/4歳以上オープン別定/芝2500m)

予想の入り方としては、前走2400m、2500m組が中心。

上がり勝負でも34秒~35秒と時計がかかりやすい日経賞ですから、スタミナとパワーを裏付ける実績を買いたいと考えています。

今年のメンバーを見る限り、先行しながら最後までバテないタイプと、ナタのような切れ味で差すタイプの2種類に分かれ、本命、対抗以外は、もやは激戦の先行追い比べ勝負になるかなと。

そのあたりを考えれば、紐馬は広めに先行勢を中心に流す形。軸は、外から差す競馬で好走をしてきた2頭に印を打っています。

それでは、日経賞2020の予想や過去データ傾向を紹介していきます。

京都大賞典的中情報!マカヒキ軸から180,510円的中!

京都大賞典は、まさかの9番人気から流してヒートオンビート2人気を軽視。大外なら買い目にいれない!みたいな展開予測で180,510円的中!

スプリンターズSは 、1番人気ダノンスマッシュ買い目にいれず。ダノンスマッシュも外の方。でもマカヒキからはいくとはお見事すぎです!

◎無料予想戦績抜粋◎
鳴尾記念     8901%
阿武隈ステークス 10550%
越後ステークス  4689%
レパードステークス1604%
北九州記念    810%
新潟記念     2838%
キーンランドカップ6535%
※3連複BOX10点500円推奨

新サイト無料予想
6~9月・24レースの検証結果がこちら↓↓
払戻計2,466,100円/収支計+2,346,100円
(無料予想・集計表の画像)

無料情報が有料情報級なんです!
今週は、天皇賞秋の無料買い目を公開!
こちらからご確認ください↓↓
天皇賞秋の無料買い目はこちら↑無料メルアド登録のみで即買い目が確認できます(前日夜に公開)

日経賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

日経賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 サトノクロニクル 牡6 56.0 大野拓 [栗]池江泰
2 2 マイネルカレッツァ 牡8 56.0 丹内祐 [美]加藤士
3 3 ポンデザール 牝5 54.0 石橋脩 [美]堀宣行
3 4 レッドレオン 牡5 56.0 藤岡佑 [栗]角居勝
4 5 ヤマカツライデン 牡8 56.0 勝浦正 [栗]池添兼
4 6 ウインイクシード 牡6 56.0 横山武 [美]鈴木伸
5 7 ソウルスターリング 牝6 54.0 丸山元 [美]藤沢和
5 8 エタリオウ 牡5 56.0 岩田康 [栗]友道康
6 9 ガンコ 牡7 56.0 松田大 [栗]武英智
6 10 モズベッロ 牡4 56.0 池添謙 [栗]森田直
7 11 サンアップルトン 牡4 55.0 柴田善 [美]中野栄
7 12 スティッフェリオ 牡6 57.0 田辺裕 [栗]音無秀
8 13 アイスバブル 牡5 56.0 津村明 [栗]池江泰
8 14 ミッキースワロー 牡6 56.0 横山典 [美]菊沢隆
◎無料予想で勝ちたい人!菊花賞~天皇賞秋おすすめ

昨年から追いかけてますが・・・
クラシック戦線は現在5戦4勝!
そして天皇賞も現在3連勝中です♪
━━━━━━━━━━━━━━
【無料予想】菊花賞2020年
着順3-9-10(1,4,5人気)的中
3連複38.1倍×600円
獲得額:22,860円
回収率:423%
点数上手く絞り高回収率です!
━━━━━━━━━━━━━━
◎実際に無料で配信された買い目

天皇賞も現在3連勝中です!
・天皇賞春2020→67,500円/回収率1350%
・天皇賞秋2020→5,760円/回収率107%
・天皇賞春2021→6,120円/回収率128%

◎実際に無料で配信された買い目

スプリンターズSはお見事でしたね!軸馬選び&穴馬入れ込みが絶妙に上手なので秋のG1戦線…勝ちたい人だけ見てください!
今週は天皇賞秋の無料買い目を公開!
こちらからご確認ください↓↓
天皇賞秋の無料買い目はコチラ↑無料メルアドやyahoo・GoogleなどのSNSなら簡単登録で即菊花賞の無料買い目が確認できます。

日経賞2020予想

これといった馬が不在の日経賞に見えますので、ここは上がり馬を狙って行きたいかなと。

メンバーの脚質傾向や並びからして、スローペースは濃厚で、ハナを切るのがヤマカツライデンならさらにその展開か高くなる形。

そうれば、上がり3F勝負にはなりますが、最後までバテないスタミナと上がり3Fをしっかりと出せるパワー、そして中山コースでの距離実績が必要最低限の好走条件になると考えています。

過去データ的には、前走芝2400m以上が優秀な結果を出しており、その中でも前走1600万クラスが[1-1-0-9]の成績。また、中枠から外枠が好走しており、4角8番手以内の先行~差し馬が狙い目。

今年は、4歳馬にチャンスがあると見ています。

◎本命:複勝

サンアップルトン

前走サンシャインSの走りがなかなかの内容で、外を回りながら差す競馬で2:34.1は、好タイム。上がり3F35.1も上々の上がりで、このメンバーであればあっさりと勝ってもおかしくない内容に見えました。

今回は、7枠11番。スローペースでも先行勢が多い枠順ですから、外めを回り勝負所でスッと動ける位置取りを取れそうなのは、かなりのプラス材料かなと。

スローペースを好位中団を追走しながら3角手前から徐々に進出。4角手前では、6番手の外を差す競馬。これが前走斤量56キロで走れた展開で、今回は斤量マイナス1キロでのレース。

似たような展開をイメージ出来ていますので、斤量が軽くなるここはさらに走りやすいのは言うまでもなく、柴田善臣騎手との相性もずば抜けていますので、昇級初戦で初重賞挑戦、そして初勝利も十分にありえると思います。

◯対抗

モズベッロ

前走日経新春杯は、初重賞を達成したモズベッロ。

好位中団から抜け出す競馬で上がり3F34.5は最速での上がり。京都平坦コースでもこれだけ切れれば、距離延長のここでも十分期待が持て、2走前グレイトフルS4着で、同条件を経験しているのも強み。

サンアップルトン同様に外め枠を引いたのもプラス。

前走から引き続き、池添騎手が手綱を取るのも心強く、スローペースの瞬発力勝負なら重賞連覇も十分にある見立てです。

◎サンアップルトン
◯モズベッロ
▲ミッキースワロー
△レッドレオン
△ポンデザール
×アイスバブル
×ガンコ
×サトノクロニクル

馬連◎=◯▲△△×××7点

[common_content id=”11066″]

日経賞2020過去データ傾向

特に重要なデータを紹介します。

  1. 追い込み[0-1-0-30]
  2. 牝馬[0-0-1-3]
  3. 単勝10番人気以下[1-1-0-39]
  4. 単勝100倍以上[1-0-0-33]
  5. 前走OP特別[0-0-0-9]
  6. 前走2000m以下[0-0-3-24]
  7. 前走中京組[0-0-0-8]
  8. 前走G3組[1-0-1-23]
  9. 単勝1番人気が[2-2-1-4]と好走している中、前年国G1から今年初戦に限れば[2-2-0-2]
  10. 中4週~9週の単勝3番人気・4番人気が好走中
  11. 前走芝2400m組が7連対のトップ
  12. 連対馬18頭中10頭が重賞優勝馬
  13. 前走日経新春杯組が[3-0-0-0]
  14. 前走有馬記念組が[2-3-2-5]

【競馬単複】LINE限定『期待値の高い馬』無料公開中!

サイトや無料メルマガでは、過去データや展開予測での予想を公開していますが、

LINE限定無料公開では、独自指数を朝オッズで照らし合わせた中から、特に期待値の高い馬をLINEで無料公開しています。

10月24日(日)配信内容

東京7R
1ダノンターキッシュ
8ナムラカミカゼ1着900円

阪神9R
6リャスナ
10スーパーウーパー1着800円

阪神11R
3タイトルホルダー1着800円
18オーソクレース

6戦3勝
的中率50%
1200円→2500円
回収率208.3%

基本的に土曜は仕事のため、日曜限定公開になりますが、期待値の高い馬が該当すれば、地方競馬なども公開しています。

友だち追加はこちら↓↓

馬単が良く当たる無料予想・キーランドカップで67200円獲得!

重賞&メイン無料予想~連勝中はココです↓
────────────────────────
直近無料公開買い目結果
セントウルS    8900円
札幌二歳S     14700円
キーンランドカップ67200円
札幌記念      10000円
稲妻ステークス   20200円
函館二歳S     35400円
エプソムカップ   89360円

9/15川崎1R 150200円獲得
8/04大井2R 109500円獲得
7/08川崎3R 276900円
的中率もいいですが 月1馬単跳ねまくります!
─────────────────
中央は重賞もOKですが 土曜からいいんです!
ケフェウスステークス 65600円獲得
最近圧巻は・・難解キーンランドカップ
67200円獲得はガチでした!!
気になる方は前夜無料公開なのでまずは買い目をチェック↓
平日地方厳選公開あり!

今週の無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

↑無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます!
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。