日経賞2020予想や過去データ傾向/外枠2頭の好位差しが狙い目・重賞連覇か初重賞制覇か

日経賞2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年3月28日中山競馬第68回日経賞G2/4歳以上オープン別定/芝2500m)

予想の入り方としては、前走2400m、2500m組が中心。

上がり勝負でも34秒~35秒と時計がかかりやすい日経賞ですから、スタミナとパワーを裏付ける実績を買いたいと考えています。

今年のメンバーを見る限り、先行しながら最後までバテないタイプと、ナタのような切れ味で差すタイプの2種類に分かれ、本命、対抗以外は、もやは激戦の先行追い比べ勝負になるかなと。

そのあたりを考えれば、紐馬は広めに先行勢を中心に流す形。軸は、外から差す競馬で好走をしてきた2頭に印を打っています。

それでは、日経賞2020の予想や過去データ傾向を紹介していきます。

ロジータ記念的中!回収率200%~800%以上の無料情報

地方競馬無料予想に強いLAP競馬!

ロジータ記念を始め、マイルチャンピオンシップ南部杯や船橋平和賞を的中!

■11月11日ロジータ記念

1着2ルイドフィーネ②番人気
2着11アクアリーブル①番人気
3着9コーラルツッキー⑦番人気

2-11/160円2-9/730円9-11/550円
回収率144%

実際に無料で公開された買い目がコチラ↓

人気薄だった単勝7番人気コーラルツッキーをしっかりと抑えてました!

■マイルチャンピオンシップ南部杯

5頭ワイドボックス(10点)
結果→14-5-2(6,2,7番人気)獲得→2,140円◎

実際に無料で公開された買い目がコチラ↓

■船橋平和賞

10/27船橋11R9,3,8(1,3,4人気)
回収率138%
10/28船橋11R1,8,7(1,2,5人気)
回収率117%

実際に無料で公開された買い目がコチラ↓

<10月無料予想結果>

10月も連戦連勝でした!

<11月直近無料予想結果>

11/18サンタアニタT 回収率100%
11/11ロジータ記念  回収率144%
11/10時雨空特別   回収率272%
11/04楠賞      回収率219%

厳選された5頭の推奨馬は本命3頭+穴2頭だから、回収率300%前後が良く当たるのも人気の秘密!

無料競馬予想は365日公開!

浦和記念の無料予想に期待!

↑無料メルアド登録で即、無料買い目が確認出来ます!

日経賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

日経賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 サトノクロニクル 牡6 56.0 大野拓 [栗]池江泰
2 2 マイネルカレッツァ 牡8 56.0 丹内祐 [美]加藤士
3 3 ポンデザール 牝5 54.0 石橋脩 [美]堀宣行
3 4 レッドレオン 牡5 56.0 藤岡佑 [栗]角居勝
4 5 ヤマカツライデン 牡8 56.0 勝浦正 [栗]池添兼
4 6 ウインイクシード 牡6 56.0 横山武 [美]鈴木伸
5 7 ソウルスターリング 牝6 54.0 丸山元 [美]藤沢和
5 8 エタリオウ 牡5 56.0 岩田康 [栗]友道康
6 9 ガンコ 牡7 56.0 松田大 [栗]武英智
6 10 モズベッロ 牡4 56.0 池添謙 [栗]森田直
7 11 サンアップルトン 牡4 55.0 柴田善 [美]中野栄
7 12 スティッフェリオ 牡6 57.0 田辺裕 [栗]音無秀
8 13 アイスバブル 牡5 56.0 津村明 [栗]池江泰
8 14 ミッキースワロー 牡6 56.0 横山典 [美]菊沢隆

日経賞2020予想

これといった馬が不在の日経賞に見えますので、ここは上がり馬を狙って行きたいかなと。

メンバーの脚質傾向や並びからして、スローペースは濃厚で、ハナを切るのがヤマカツライデンならさらにその展開か高くなる形。

そうれば、上がり3F勝負にはなりますが、最後までバテないスタミナと上がり3Fをしっかりと出せるパワー、そして中山コースでの距離実績が必要最低限の好走条件になると考えています。

過去データ的には、前走芝2400m以上が優秀な結果を出しており、その中でも前走1600万クラスが[1-1-0-9]の成績。また、中枠から外枠が好走しており、4角8番手以内の先行~差し馬が狙い目。

今年は、4歳馬にチャンスがあると見ています。

◎本命:複勝

サンアップルトン

前走サンシャインSの走りがなかなかの内容で、外を回りながら差す競馬で2:34.1は、好タイム。上がり3F35.1も上々の上がりで、このメンバーであればあっさりと勝ってもおかしくない内容に見えました。

今回は、7枠11番。スローペースでも先行勢が多い枠順ですから、外めを回り勝負所でスッと動ける位置取りを取れそうなのは、かなりのプラス材料かなと。

スローペースを好位中団を追走しながら3角手前から徐々に進出。4角手前では、6番手の外を差す競馬。これが前走斤量56キロで走れた展開で、今回は斤量マイナス1キロでのレース。

似たような展開をイメージ出来ていますので、斤量が軽くなるここはさらに走りやすいのは言うまでもなく、柴田善臣騎手との相性もずば抜けていますので、昇級初戦で初重賞挑戦、そして初勝利も十分にありえると思います。

◯対抗

モズベッロ

前走日経新春杯は、初重賞を達成したモズベッロ。

好位中団から抜け出す競馬で上がり3F34.5は最速での上がり。京都平坦コースでもこれだけ切れれば、距離延長のここでも十分期待が持て、2走前グレイトフルS4着で、同条件を経験しているのも強み。

サンアップルトン同様に外め枠を引いたのもプラス。

前走から引き続き、池添騎手が手綱を取るのも心強く、スローペースの瞬発力勝負なら重賞連覇も十分にある見立てです。

◎サンアップルトン
◯モズベッロ
▲ミッキースワロー
△レッドレオン
△ポンデザール
×アイスバブル
×ガンコ
×サトノクロニクル

馬連◎=◯▲△△×××7点

[common_content id=”11066″]

日経賞2020過去データ傾向

特に重要なデータを紹介します。

  1. 追い込み[0-1-0-30]
  2. 牝馬[0-0-1-3]
  3. 単勝10番人気以下[1-1-0-39]
  4. 単勝100倍以上[1-0-0-33]
  5. 前走OP特別[0-0-0-9]
  6. 前走2000m以下[0-0-3-24]
  7. 前走中京組[0-0-0-8]
  8. 前走G3組[1-0-1-23]
  9. 単勝1番人気が[2-2-1-4]と好走している中、前年国G1から今年初戦に限れば[2-2-0-2]
  10. 中4週~9週の単勝3番人気・4番人気が好走中
  11. 前走芝2400m組が7連対のトップ
  12. 連対馬18頭中10頭が重賞優勝馬
  13. 前走日経新春杯組が[3-0-0-0]
  14. 前走有馬記念組が[2-3-2-5]
タイトルとURLをコピーしました