のじぎく賞2020予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年5月14日園田競馬第58回のじぎく賞3歳牝馬登録馬/ダート1700m)

過去4年の脚質傾向を見るだけでも非常に面白いコースなんだなと思ったように、逃げ・先行・マクリと多種な脚質が馬券になっています。

園田1700mと言えば、スタミナとスピードの両方が問われるコースで、どちらかが良くて、どちらかが悪いとった逃げ先行馬には、厳しいコース。

そのあたりも関係してマクリが決まったりしますので、各馬の力関係はもちろんのこと、距離適性は必須のコースです。

今年の人気中心は、ステラモナーク。

現在、重賞4勝を含め5連勝と勢いがあり、前走菊水賞は、地元同世代を圧巻の内容で封印する走り。さらに2走前若草賞は、南関の遠征牝馬をちぎっていますので、ここも素直にステラモナークが軸で問題無いかなと。

問題があるとすれば、2番手以下で、ここは混戦。

まずは、脚質の並びや距離適性などから予想に入っていこうと思います。

8月は土日毎週どちらか的中!好調の無料情報
やりました!支笏湖特別で無料情報がまた当たり
━━━━━━━━━━
◎8月30日(日)支笏湖特別
3連複1-2-6/28.2倍
1点500円/5000円投資
1万4100円獲得
回収率282%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

◆高配当連発の無料情報
8/23小倉8R:316.4倍
→回収率1758%
8/16札幌6R:40.3倍
→回収率1008%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

■これまでの無料情報的中・回収率
8/23小倉08R 1758%
8/15新潟04R 353%
8/16札幌06R 1008%
8/08札幌03R 713%
8/01札幌09R 335%
7/26新潟09R 183%
7/25新潟08R 515%
7/19新潟09R 822%
7/05函館10R 628%
6/28東京06R 1160%
6/27阪神10R 123%
6/21東京06R 302%
6/20阪神05R 868%
6/13函館07R 1267%
6/06阪神06R 680%
5/30東京08R 333%
5/31東京04R 138%

今週の無料情報は【オールカマー】です!

ここの無料予想は本当に良く当たります。

8月は毎週土日のどちらかは的中。5月からの無料情報の回収率平均が500%を越えていますので、レース選定や軸馬選定、穴馬選定までが上手いのは確かです。

もちろん「競馬に絶対的中する!」といった予想は無いのですが、その絶対に限りなく近づいていると感じる買い目になっていますので、無料情報が公開されると、本当に心踊るというか、小躍りするというか。

良く当たる無料情報。試す価値は十分にあります。

無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。


のじぎく賞2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 テーオーブルベリー 牝3 54 川原正一
2 2 キクノウィング 牝3 54 広瀬航
3 3 ヤマジュンサルサ 牝3 54 吉村智洋
4 4 ユウキラフェール 牝3 54 杉浦健太
5 5 ステラモナーク 牝3 54 下原理
5 6 ジェネラルエリア 牝3 54 加藤聡一
6 7 カトゥール 牝3 54 中田貴士
6 8 マルマルマル 牝3 54 田村直也
7 9 ドバイキャンドル 牝3 54 松木大地
7 10 バブルガムダンサー 牝3 54 笹田知宏
8 11 ルナクレア 牝3 54 田中学
8 12 キクノナナ 牝3 54 大山真吾

のじぎく賞2020予想

◎本命:単勝

ステラモナーク

ここで勝てば、グランダムジャパン3歳シーズンのポイントで暫定トップで最終戦を迎え、残すは関東オークスのみ。

ステラモナークの良さは何と言っても「テンの速さ」かなと。前走菊水賞は、スタートも良く馬なりでハナに立つと、そのまま淡々としたペースで逃げ。

ペースが速くなる3角手前から早々と後続馬はバタバタとなりだし、ステラモナークとの差を縮めることすら出来ない競馬で最後の直線へ。

最後は引き離す競馬で1着。

今回も同型馬の存在が少なく、単騎逃げは濃厚。菊水賞のタイムが稍重で1:50.9。ステラモナークを捕らえる馬はいないんじゃないでしょうか。

ただし、ステラモナークのような「後続馬に脚を使わす逃げ馬」がペースを落とすような走りになると、わかりやすいところで、中央競馬のチューリップ賞レシステンシアのような結果にもなりかねないので、テーオーブルベリーの出方が一番のポイントになるでしょうか。

○対抗

ジェネラルエリア

実績で言えば、対抗には、テーオーブルベリーなんですが、ダート1700mと言う部分にステラモナークと併走、もしくは、番手追走してどこまで持つのか?というのを考慮すれば、

ここは少し対抗にしづらいのは確かで、そうなると脚質と距離実績からジェネラルエリアが狙い目で。

前走東海クイーンカップや2走前スプリングカップは先行しながら食らいつく競馬で、今回も展開的には一番競馬がやりやすいタイプかなと。

前走の力関係で言えば、恵まれたような感じはありますが、5枠に入ったことで、スタートさえ五分なら、前が飛ばす少し後ろを追走しながら、ステラモナークの4馬身以内で3着には入るかなといったイメージ。

好位の横2列目を進み、最後は前がバテたのを交わして3着以内イン。そんな感じですね。

◎ステラモナーク
○ジェネラルエリア
▲ユウキラフェール
△テーオーブルベリー

馬単◎→○▲△3点
ワイド◎=○1点

他にも気になる馬はいますが、ここは点数を絞らないといけないレースかなと。

難しいのは確かですが、3着候補に入れるなら、バブルガムダンサー、ヤマジュンサルサ、ルナクレアあたりでしょうか。

関連キーワード
おすすめの記事