ニュージーランドトロフィー2020予想や過去データ傾向/マイル変更で覚醒した牡馬を狙う

ニュージーランドトロフィー2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年4月10日中山競馬第38回ニュージーランドトロフィー3歳オープンG2/芝1600m)

NHKマイルカップトライアルレースということで、大一番を目標に短期放牧明け馬から長期放牧明け馬。叩き2戦目など、多数の路線から権利取りを目指すレース。

人気の中心は、オーロラフラッシュにシーズンズギフト。さらにルフトシュトロームなど、実績馬や素質馬が占める中、短期放牧明け馬が多いここは、状態面で不安があるように思えますので、個人的には穴馬を積極的に狙っていこうかなと。

特に実績がありながら人気の盲点になっている馬、そしてマイルに矛先を変えて来て覚醒した馬に本命・対抗を付けています。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

ニュージーランドトロフィー2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

ニュージーランドトロフィー2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 カフェサンドリヨン 牝3 54.0 内田博 [美]古賀慎
1 2 カリオストロ 牝3 54.0 Lヒュ [栗]加用正
2 3 マイネルグリット 牡3 56.0 国分優 [栗]吉田直
2 4 フルートフルデイズ 牝3 54.0 木幡巧 [栗]浜田多
3 5 ペールエール 牡3 56.0 北村友 [栗]安田隆
3 6 ソングオブザハート 牝3 54.0 川又賢 [栗]寺島良
4 7 ソウルトレイン 牡3 56.0 田辺裕 [栗]西村真
4 8 コウソクスピード 牡3 56.0 丸山元 [美]中舘英
5 9 (外)オーロラフラッシュ 牝3 54.0 Cルメ [美]藤沢和
5 10 ハーモニーマゼラン 牡3 56.0 大野拓 [美]牧光二
6 11 ルフトシュトローム 牡3 56.0 石橋脩 [美]堀宣行
6 12 アブソルティスモ 牡3 56.0 北村宏 [美]藤沢和
7 13 シャチ 牡3 56.0 山田敬 [美]小桧山
7 14 シーズンズギフト 牝3 54.0 津村明 [美]黒岩陽
8 15 グレイトホーン 牡3 56.0 野中悠 [美]根本康
8 16 ウイングレイテスト 牡3 56.0 横山武 [美]青木孝

ニュージーランドトロフィー2020予想

ハイペースになれば4角8番手以下も馬券になりますが、基本的には先行勢が有利。コースバイアス的な部分で考えても先行勢が有利。差し馬でも少し下がった4角5番手以内の好位差しがハマりやすいコースです。

ただし、近5年は4回がミドルペースでおこなわれ、4角8番手以下からの差し馬が好走しており、展開ひとつで着順がガラッと変わるようなレースです。

今年は、強力な逃げ馬が不在ですが、先行勢が揃ったことでミドルペースを想定。

特に内枠~中枠に上位先行勢が偏ったことで、淡々した流れから、最後は差す競馬がハマるかなと。

◎本命:複勝

ソウルトレイン

今回、上位人気馬の中で短期放牧帰りの馬が多く、仕上がりに不安を覚える馬が多いのであれば、マイルに矛先を変え結果を出しているソウルトレインを先物買いしてみようかなと。

未勝利戦こそ芝1800mで優勝していますが血統背景からはマイルがベスト。

前走白梅賞は、スローペースを2番手で折り合いをつけると、最後は上がり3F最速で1着。タイムだけを見れば、平均より少し遅い時計も、内容が上々。

また、2走前千両賞は、スローペースを4角10番手から差す競馬で2着。こちらも上がり最速での2着だったことを考えれば、このマイルで安定した上がりを出せるのは魅力。

今回、4枠を引けたことで、好位先団を追走すると思います。スローペースでの好走が多い中、ミドルペースはどうかという不安も、折り合いには心配がないですから問題無いと考えています。

さらに、中団の競馬になったとしても、インで脚を溜めれますので、あとは弾けるだけ。

放牧明け初戦の大事な1戦になりますが、中間の追い切りもラスト1F11.9でまとめたように走れていますので、期待したい1頭ですね。

◯対抗

ウイングレイテスト

大外枠に入ったことで少し不安もありますが、これまでの実績からしてもチャンスは十分にあるかなと。

前走ファルコンSは、休養明け初戦の中、馬体重マイナス6キロで6着。勝ち馬からコンマ9秒差なら悲観する内容でもなく、道中の行きっぷりも良く最後まで走りきっていましたので重馬場や調整などの部分での負けが大きいかなと。

今回は、仕切り直しの1戦で、中間追い切りも負荷をかけた調教で時計も上々。前走から横山武騎手に乗り替わりになるのも個人的にはプラス。

8枠を引いたことで差す競馬になると思いますが、デイリー杯2歳Sで8枠から差して2着と好走をしていますので、ここは期待したい1頭ですね。

◎ソウルトレイン
◯ウイングレイテスト
▲シーズンズギフト
△ルフトシュトローム
△ハーモニーマゼラン
×オーロラフラッシュ
×カリオストロ
×グレイトホーン

馬連◎◯=◎◯▲△△×××13点

ニュージーランドトロフィー2020過去データ傾向

特に重要なデータを紹介します。

  1. 単勝1番人気[3-2-0-4]とまずまずの成績の中、2勝馬が前走重賞だった場合[2-0-0-1]と好走
  2. 単勝2番人気[3-2-2-2]と単勝1番人気を上回る中、前走オープンクラスが[3-2-1-0]と3着内率100%
  3. 単勝2番人気以内の関西馬が[5-2-1-3]と好走
  4. 牝馬[0-1-2-12]と優勝馬は無し
  5. 前走10着以下[0-0-1-22]と苦戦
  6. 前走G3組[6-2-6-42]と一応の中心
  7. キャリア7戦[0-0-1-13]と連対以上が無し
  8. 2枠~4枠が好走しており、極端な枠順は割引が必要
  9. 前走4角5番手以内の先行馬が好走
  10. 4角5番手以内の先行馬が好走
[common_content id=”11383″]
タイトルとURLをコピーしました