オークランドRCT2020予想や過去データ傾向/得意の距離で連勝を期待!

オークランドRCT2020予想や過去データ傾向を紹介します。2020年7月19日(日曜)阪神競馬/オークランドレーシングクラブトロフィー/3歳以上3勝クラス/芝1400m

オークランドRCT枠順

オークランドRCT予想オッズ

引用先:ネット競馬

オークランドRCT2020予想

18日土曜日の芝1400mは2鞍おこなわれ、先行~差しが好走しており、逃げ馬が3着に残れるかどうかといった展開での競馬。

オークランドRCT2020、メンバーの脚質の並びを確認すると、先行勢が揃ったことでミドルペース以上を想定しており、ハイペースまである感じかなと。

そうなれば、中団やや前に付けながら、最後の直線でスムーズに外を抜けだすことが出来そうな馬を狙いつつ、先行~差し馬勢を紐に据えようと思います。

◎本命:複勝

メイショウチタン

ハイペースまでを想定していますので、中団から後方待機策が馬券になりやすいイメージになりそうですが、阪神芝1400mに限れば、中団から後ろは意外と脚を使わされる競馬になるかなと。

そうなれば、中団より前で競馬をしながら、ハイペースでも最後は抜け出すことが出来る脚質の持ち主、メイショウチタンを軸に据えるのがしっくりとくる感じです。

前走舞子特別は、自己条件に戻っての1戦の中、2番手で競馬を進めると、そのまま抜け出して1着。これで阪神芝1400mを3勝ですから、よほどコース適性が高い結果。

今回は、6枠スタートですから、ある程度前の位置取りの競馬がスムーズに出来そうで、前が飛ばす競馬を見ながら最後の直線では抜け出す競馬がハマるイメージです。

阪神未勝利戦ではレコードタイムで優勝するなど、地力なら上位クラスは間違いなく、前走から松山騎手がそのまま騎乗ということですから、ここは期待できる1頭だと思います。

陣営のテンションの高さも特筆ものですしね。自信がある見たいですからね。

◎メイショウチタン
○ガゼボ
▲ラテュロス
△シェパードボーイ
△シセイヒテン
×タイキサターン
×タガノスカイハイ

馬連◎=○▲△△××6点

オークランドRCT・2020・過去5年データ傾向

過去データからある程度の優位性を確認しながら予想を組み立てる者にとっては、今週は何かとキツイなと思いながらも、同条件に近い過去5年のデータをざっくりと参考にすると、

枠順データ

勝率で言えば、3枠8枠が苦戦しており、全体的には、2枠4枠6枠の偶数枠が好走しています。

脚質データ

先行馬[4-3-2-23]3着内率28.1%とトップの成績も、全体的には追い込み馬も好走しており、脚質に関してはそこまで意識することもないかなといった感じです。

また、上がり3Fも、切れることに越したことは無い結果ですが、こちらもそこまで気にする必要もない感じです。

馬体重

馬体重439キロ以下[0-0-0-6]と苦戦しており、馬体重440キロ~499キロが中心。意外と大型馬も好走しており、馬体重520キロ以上[1-0-1-3]。単回収率600%超えですから、該当馬がいれば、狙って見るのもありですね。

前走距離データ

前走芝1400mが中心にはなりますが、1600m、1200mも好走しています。

[common_content id=”9806″]

[common_content id=”10677″]
タイトルとURLをコピーしました