消去法データ推奨馬

オーシャンステークス消去法データ推奨馬・全5項目をクリアしたのは5頭

オーシャン消去法データ推奨馬を紹介します。

オーシャンステークス消去法データ全5項目をクリアしたのは5頭。人気薄も該当しているため、混戦必至の消去法データ推奨馬となっています。

オーシャンステークス2021登録馬

[temp id=69]

オーシャンステークス2021消去法データ

斤量

年齢 着別度数 勝率 連率 複率
7歳以上  0- 1- 1-18 0% 5% 10%
4歳  0- 0- 1- 7 0% 0% 13%
5歳  2- 0- 2-13 12% 12% 24%
6歳  0- 2- 0- 8 0% 20% 20%

━━━━━━━━━━
▼消去条件
━━━━━━━━━━

4歳の関西馬で斤量56kg[0-0-1-7]

7歳以上の関西馬で斤量56kg[0-0-1-18]

━━━━━━━━━━
▼該当馬
━━━━━━━━━━

ビアンフェ
キングハート
ダイメイフジ
ラヴィングアンサー

前走距離

前走距離 着別度数 勝率 連率 複率
1000m 0-0-0-4 0% 0% 0%
1200m 9-6-6-102 7% 12% 17%
1400m 0-4-3-14 0% 19% 33%
1600m 1-0-1-10 8% 8% 17%

━━━━━━━━━━
▼消去条件
━━━━━━━━━━

前走芝1400m[0-4-3-14]

━━━━━━━━━━
▼該当馬
━━━━━━━━━━

アイラブテーラー
カイザーミノル

前走馬体重

前走馬体重 着別度数 勝率 複率
400~419kg 0-0-0-2 0% 0%
420~439kg 0-0-0-4 0% 0%
440~459kg 0-0-0-11 0% 0%
460~479kg 2-1-3-36 5% 14%
480~499kg 4-2-0-39 9% 13%
500~519kg 2-3-4-29 5% 24%
520~539kg 1-3-2-7 8% 46%
540~ 1-1-1-2 20% 60%

━━━━━━━━━━
▼消去条件
━━━━━━━━━━

前走馬体重459kg以内[0-0-0-17]

━━━━━━━━━━
▼該当馬
━━━━━━━━━━

アイラブテーラー
エイティーンガール

前走着差

前走着差 着別度数 勝率 連率 複率
負0.0 0-1-1-1 0% 33% 67%
負0.1~0.2 0-0-1-5 0% 0% 17%
負0.3~0.5 1-2-0-23 4% 12% 12%
負0.6~0.9 1-3-0-16 5% 20% 20%
負1.0~1.9 0-1-2-21 0% 4% 13%
負2.0~2.9 0-0-0-4 0% 0% 0%

━━━━━━━━━━
▼消去条件
━━━━━━━━━━

前走重賞で負け1秒以上[0-1-2-25]

━━━━━━━━━━
▼該当馬
━━━━━━━━━━

アウィルアウェイ
ナリタスターワン
ビアンフェ

前走レース

前走着順 着別度数 勝率 連率 複率
前走1着 0-0-0-0
前走2着 0-1-0-2 0% 33% 33%
前走3着 0-0-0-2 0% 0% 0%
前走4着 0-0-1-2 0% 0% 33%
前走5着 0-2-0-2 0% 50% 50%
前走6~9着 1-0-0-14 7% 7% 7%
前走10着~ 0-0-0-22 0% 0% 0%

━━━━━━━━━━
▼消去条件
━━━━━━━━━━

前走シルクロードSで10着以下[0-0-0-22]

━━━━━━━━━━
▼該当馬
━━━━━━━━━━

エイティーンガール
コントラチェック

消去法データ該当馬

  • ビアンフェ
  • キングハート
  • ダイメイフジ
  • ラヴィングアンサー
  • カイザーミノル
  • エイティーンガール
  • アウィルアウェイ
  • ナリタスターワン
  • ビアンフェ
  • コントラチェック
  • アイラブテーラー

オーシャンステークス2021消去法データ推奨馬

オーシャンステークス2021消去法データ全5項目をクリアしたのは以下の5頭です。

  1. アストラエンブレム
  2. アルピニズム
  3. アンヴァル
  4. カレンモエ
  5. ヴェスターヴァルト

勝ち負け出来そうな5頭になりますが、ここから単勝オッズや枠順などを考慮、最終消去法データ推奨馬予想として2頭まで絞り、無料メルマガで紹介します。

気になる方はぜひ無料メルマガに登録してください。

[temp id=101]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。