オータムリーフステークス2019予想オッズや過去データ・展開予想

オータムリーフステークス2019の予想や予想オッズ・過去データ傾向を紹介します。(2019年11月24日/京都競馬ダート1200m/3歳上オープン)

過去3年単勝1番人気[2-1-0-0]すべての数字が100%と好走も、このクラスの短距離ダートは中穴決着が多い番組ですからどこまで信頼出来るかは未知数。

今年は、前走好内容のテーオージーニアスや前走大敗も支持を集めているヴァニラスカイが上位人気。

この2頭の内、予想オッズはヴァニラスカイが単勝1番人気ですがヴァニラスカイは先行。短距離でも逃げ先行馬が苦戦しているレースですからこのあたりがどうか?

ただ今年は、スローペースもありえる脚質の並びとなっていますから難しい予想になります。

オータムリーフステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

オータムリーフステークス2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 クイーンズテソーロ 牝4 55.0 大野 拓弥
1 2 エポック 牡6 57.0 秋山 真一郎
2 3 ヒロブレイブ 牡6 57.0 鮫島 克駿
2 4 ワンダーサジェス 牝6 55.0 荻野 極
3 5 ヴァニラアイス 牝3 53.0 幸 英明
3 6 シャインヴィットゥ 牡5 57.0 菱田 裕二
4 7 バイラ 牡4 56.0 和田 竜二
4 8 スズカコーズライン 牡5 57.0 三浦 皇成
5 9 ハングリーベン 牡5 56.0 坂井 瑠星
× 5 10 コウエイエンブレム 牡6 57.0 松山 弘平
6 11 テーオージーニアス 牡4 57.0 川須 栄彦
6 12 ブラックジョー 騸6 57.0 藤井 勘一郎
7 13 ヌーディーカラー 牡4 57.0 西村 淳也
× 7 14 メイショウワダイコ 牡7 57.0 池添 謙一
8 15 ベック 牡8 57.0 吉田 隼人
8 16 モズワッショイ 牝6 55.0 藤岡 康太

展開予測

これといった逃げ不在に付け加え先行勢も少ないことから速くなってもミドルペースまでを想定。

まず、スズカコーズラインやスタート次第では、メイショウワダイコも逃げる構え。それでもテンの入りはそこまで速くなく淡々とした流れ。

先行勢には、ヴァニラスカイやクイーンズテソーロ、ハングリーベンらが追走。他、多馬が差し~追い込みとなり、先頭から後方まで10馬身~12馬身程度の一団で進む形。

3コーナー過ぎから徐々にペースが上がり、下り坂でスピードがさらに上がる。

4角を過ぎるころには、馬群がさらに凝縮するも逃げ先行馬のスピードがなかなか落ちない中、最後の直線へ。

オータムリーフステークス2019予想

本命◎:複勝

ハングリーベン

何が来てもおかしくないメンバーの中なら、展開的に恵まれそうなハングリーベンを狙ってみます。

前走室町Sは3着。勝ち馬からコンマ8秒差でも持ちタイムを縮める好走でオープンクラスにメドを立てれたのは大きかったかなと。

オータムリーフSは、全体的にガツガツとしたレースになりにくい脚質の並び。

スタートして横2列目の好位をスムーズに取れそうな5枠は丁度良い枠順で、ペースが上がらない今回は好位追走から抜け出す競馬が出来る。そんなイメージが強いです。

またデータ的に前走4回京都1200mダートで好走した場合、今走でも期待が持てる結果となっていますから追い風も十分。

オッズ的にも旨味があるハングリーベンかなと考えています。

オータムリーフステークスコース解析

向正面の2コーナー入り口からスタートし、3コーナーまでの距離は410m。1F通過後から緩やかな上りが3コーナー手前まで続く。

激しい先行争いが3コーナー過ぎまで続くことがあるが、坂の下りで勢いが付き、直線も平坦ゆえに前がなかなか止まらない。4コーナーで先行馬が後続を突き放してしまえば行った行ったになりやすい。

ダートの短距離戦はクラスが上がるほど前の流れが厳しくなり、差し馬の台頭が増えてくるのだが、このコースは若干差し馬の比率が上がるくらいで前に行く馬が圧倒的に有利となっている。引用先:競馬ラボ

オータムリーフステークス過去3年は、逃げ先行馬が苦戦傾向にあり、3コーナー2番手以内の馬は全頭が着外という結果。

オープンクラスに加え頭数が揃ったことが要因だと思います。先行勢は割引が必要かなと。

逆に4角10番手以下の差し馬が好走しており、このあたりは予想に取り入れたいところです。

オータムリーフステークス過去データ傾向

過去3年の結果を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[2-1-0-0]
  2. 単勝2番人気[1-0-0-2]
  3. 単勝3番人気[0-0-0-3]
  4. 3歳[1-0-0-5]
  5. 4歳[1-2-1-1]
  6. 5歳[1-0-1-8]
  7. 6歳[0-0-1-11]
  8. 7歳以上[0-1-0-11]
  9. 牡馬[2-2-1-29]
  10. 牝馬[0-1-1-6]
  11. 4角10番手以下の差し馬が優秀
  12. 前走4角7番手以下が優秀
  13. 前走1200m、1400mが中心

ジャパンカップ2019最終予想や消去法データ推奨馬・血統分析

ジャパンカップ2019予想オッズや過去データ/展開予想なら断然5歳牡馬が狙い目
ジャパンカップ2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向、展開予想などを紹介していきます。(2019年11月24日東京競馬場/第39回ジャパンカップ3歳以上オープンG1芝2400m)脚質の並びから最高の枠に入った5歳牡馬。昨年のリベンジ
ジャパンカップ2019消去法データ推奨馬/今年も3歳4歳優勢の消去法結果
ジャパンカップ2019の消去法データ推奨馬を紹介します(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)今年も昨年同様に3歳4歳馬が優勢の消去法データ。そこに古馬が3着の椅子を狙うが今年も牝馬が活躍
ジャパンカップ2019血統分析/近年はタフなコース・長距離もこなす血統が優勢
ジャパンカップ2019出走各馬の血統分析やジャパンカップに最も適している血統背景馬を紹介します。(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)スピードやスタミナ、持久性やパワーといった総合的な材料すべてが必要とされる東京芝2400m。過去5年の結果を見てもそれは顕著に現れており、近4年ではラスト1ハロンが12秒台とかなりタフな馬場となっていることがわかります。

京阪杯2019最終予想や消去法データ推奨馬

京阪杯2019消去法データ推奨馬/G1で2着が光る結果も面白いのがライトオンキュー
京阪杯2019の消去法データ推奨馬を予想して紹介していきます。(2019年11月24日京都競馬場/第64回京阪杯3歳以上オープンG3芝1200m)過去10年の連対馬20頭の内、重賞優勝経験のあった馬は3頭という結果。この結果と比例するように単勝1番人気が[2-2-0-6]勝率20%連対率40%3着内率40%と苦戦。変わって4番人気~12番人気で6勝を挙げるなど荒れたレースになりやすいのが京阪杯です。今年も荒れるレースになるのかどうか?消去法データでそのあたりを探ってみたいと思います。
京阪杯2019予想や過去データ/最高の枠順に絶好の展開!最後は赤い帽子が突き抜ける
京阪杯2019の予想や過去データ・展開予想を紹介していきます。(2019年11月24日京都競馬場/第64回京阪杯3歳以上オープンG3芝1200m)前走は大きな距離ロスだった内容でもあの強い2頭からコンマ2秒差。この枠なら十分に勝ち負け
タイトルとURLをコピーしました