萩ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/小柄でもナタの切れ味ヴィースバーデン

萩ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/9R萩ステークス2019/2歳オープンリスデッド/芝1,800m)

昨年の優勝馬は天皇賞秋に出走するサートゥルナーリアや、一昨年はG1馬タイムフライヤーなど2年連続でG1ホースを出している荻S。

出走するメンバーの特徴としては、素質馬や良血馬のゆったりとしたローテーションから確実に自己条件を勝ち、春のクラシックに備える。そういった意味合いでのレース参戦がメインになってきています。

今年は、ヴェルトライゼンデが満を持して出走。

少頭数でのレースですから単純に力が即着順に影響しそうでヴェルトライゼンデの勝ち負けは堅いかなと。

ここは単勝以外で狙ってみようと思います。

萩ステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

萩ステークス2019予想

基本は、前走阪神、京都組を狙うのがベスト。外回りコースを経験しているのとしていないのとではこの時期の2歳にとって雲仙の差があるかなと。

上がり勝負は目に見えていますが道中の折り合いひとつで素質馬も良血馬も本来の力を出しきれない場合が多いですから、狙うのは前走前走阪神、京都組。

展開は、スローペース。全馬が折り合いに専念するためで最終的に直線勝負。

◎本命:単勝

ヴィースバーデン

ディープインパクト産駒ですがそれでも狙っていきたいなと。

前走新馬戦は、阪神1800mを先行して上がり3F33.8は、なかなかの切れ味で、阪神1800mで33秒台で上がれる時点でスタミナもスピードも相当なもの。

それを牝馬410キロ台のヴィースバーデンがやってのけたから本当に驚きましたね。

今回は、強い牡馬が相手ですが、阪神1800mでの1勝はかなりのアドバンテージで、折り合い面を心配しないで済むのもプラス。

斤量54キロもヴィースバーデンにとっては願ってもない斤量。

ヴェルトライゼンデの少し後ろでレースを進めると思いますが最後は持ち前のナタの切れ味で差し切る競馬を期待したいですね。

<<参考印>>
◎ヴィースバーデン
◯シリアスフール
▲ヴェルトライゼンデ
△ギルデッドミラー

10月26日東京競馬予想/京都競馬予想/新潟競馬予想/天皇賞秋2019予想

東京競馬

アルテミスステークス2019予想オッズや過去データ/不発の無い上がり最速が狙い目
アルテミスステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/東京競馬場/11R第8回アルテミスステークス2019/2歳オープン牝馬G3/芝1,600m)上がり勝負必至なら素直に上がり最速馬を狙う
天皇賞秋2019予想オッズや枠順!過去データ傾向や展開予測/揺らぐ絶対王者の足下
天皇賞秋2019の予想を中心に枠順や予想オッズ・天皇賞秋過去データ傾向、天皇賞秋共同会見での騎手コメントを紹介します。(2019年10月27日(日曜)/東京競馬場/第160回天皇賞秋3歳以上オープン/芝2,000mG1)重賞4勝以上が近年優勝馬の最低条件

京都競馬

萩ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/小柄でもナタの切れ味ヴィースバーデン
萩ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/9R萩ステークス2019/2歳オープンリスデッド/芝1,800m)昨年の優勝馬は天皇賞秋に出走するサートゥルナーリアや、一昨年はG1馬タイムフライヤーなど2年連続でG1ホースを出している萩S。
古都ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/持ちタイム優秀差す競馬がハマる
古都ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/10R古都ステークス/3歳上1600万下/芝2,400m)京都芝2400m外回りコースは、少頭数になればなるほど逃げ先行馬が活躍出来る展開になりやすく、馬場が緩むとその傾向がさらに加速します。
スワンステークス2019予想オッズや過去データ傾向/重賞優勝経験がすべての鍵
スワンステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/11R毎日放送賞ステークス2019/3歳上オープンG2/芝1,400m)重賞1着経験が絶対条件!狙い目は6歳牡馬と4歳牡馬

新潟競馬

柏崎特別2019予想オッズや過去データ傾向分析/少頭数でこそ逃げ馬が狙い目!
柏崎特別2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/新潟競馬場/11R柏崎特別2019/3歳1000万下/芝1,600m)スローペースなら前も後ろも同じ脚色!狙うなら逃げ馬!

萩ステークスコース解説

向正面直線を延長した2コーナー奥のポケットからのスタート。3コーナーまでの直線距離が約900mと長い特殊なコース形態。向正面で逃げ・先行馬が飛ばすと、馬群がかなり縦長になる。

3コーナーの坂の上りでペースが落ちるが、下りでペースがまた速くなり、そのままの勢いで直線へ。急→緩→急と、起伏のあるラップになることが多いのが特徴。

2つしかコーナーがなく、直線が平坦ということもあって、全体時計は他の競馬場より速くなる。各馬の上がり差がつきにくいため直線だけで差し切るのは難しく、差し・追い込み馬はペースが緩んだところで前との差を詰めておく必要がある。

外回りということもあって差し馬優勢ではあるが、追い込み一手の馬もまた苦しいということ。

1番人気の複勝率は7割強もあり、人気馬を素直に信頼して良いだろう。ヒモで買えるのも6番人気までで、7番人気以下はガクッと数値が落ちる。無理な穴狙いは避けるべき。引用先:競馬ラボ

萩ステークス過去データ傾向分析

過去5年の結果を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[2-3-0-0]
  2. 単勝2番人気[0-1-1-3]
  3. 単勝3番人気[2-0-1-2]
  4. 単勝4番人気[0-0-2-3]
  5. 単勝5番人気[1-0-1-3]
  6. 単勝6番人気[0-1-0-5]
  7. 単勝7番人気[0-0-0-5]
  8. 関東馬[0-0-1-2]
  9. 関西馬[5-5-4-17]
  10. 牡馬[5-5-5-17]
  11. 牝馬[0-0-0-2]
  12. 逃げ[0-0-1-4]
  13. 先行[4-3-3-8]
  14. 差し[0-2-1-0]
  15. 追い込み[1-0-0-7]
  • サンデーサイレンス系、特にハーツクライ産駒が優秀
  • 単勝1番人気が[2-3-0-0]と過去5年は連対率100%
  • 前走阪神、京都組が優秀
  • 前走単勝2番人気以内で1着馬が中心
  • 前走新馬戦、未勝利戦が優秀
  • 前走1600mか1800mが優秀
  • 前走4角4番手以内が優秀

ポイントとしては、上がり勝負になりやすいのはほぼ確定的の中、ディープインパクト産駒が不振。

どちらかと言えばスパッと切れる脚よりナタのような持続可能な切れ味が優秀でハーツクライやステイゴールドなどが優秀。

非根幹距離に阪神の坂道がすべての理由かなと思いますので、血統面は重視したいデータですね。

タイトルとURLをコピーしました