スポンサーリンク

ルメールの騎乗停止は「福永のせい」と言い放った?元大物騎手とは?

この記事は約2分で読めます。

NHKマイルCで4位に入線したグランアレグリアは最後の直線で外側に斜行し、ダノンチェイサーの進路を妨害したため、5着に降着。

累積指導や今回の斜行降着でダービーの騎乗が出来なくなったルメール騎手。

そして、この問題に「ルメールの騎乗停止は福永のせい」と言いたげな発言をした元大物騎手がいたので紹介します。

たぶん、この方だかこそ言える内容だと思いますが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルメール騎手・レース内容と制裁内容

NHKマイルCで4位に入線したグランアレグリアは最後の直線で外側に斜行し、ダノンチェイサーの進路を妨害したため、5着に降着となった。グランアレグリアに騎乗していたC・ルメールは、3月2日にも不注意騎乗による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行ったことを考慮し、5月11日から5月26日まで16日間の騎乗停止となった。

スポンサーリンク

「福永のせい」と言い放った?元大物騎手とは?

かなりやんわりとツイッターで発言をしていますが、言っていることじたいタブー視されるような内容です。

個人的にはかなりウケましたけどねw

ルメールの騎乗停止は降着、累積もあるし妥当。グランアレグリアは初の中3週で気負ってた。あのペースで折り合えんのやから、メンタルの問題。直線は前にいたユーイチが嫌な動きをして、プランどおりの運びになってない分で焦って外を選んでアウト。ワンタイミング待って内に入れるところだったな。

やんわりと話していますが、話を具体的に言えば、福永騎手が壁になり塞ぐことでルメール騎手が焦って斜行したということ。

まあ、実際にこんなことは普通にありますから、このことじたいは、大したことではないですし、福永騎手も「わざと」ではないと思いますので。

ただ、このことをやんわりとでも発言する安藤勝己さんが「やっぱすげ~な」と。

こういったことはあまり言わないですし、思っていても言わないのがコメンテーターor予想家ですからね。

スポンサーリンク

ルメール騎手を潰しにかかったように見えた騎手がもうひとり

で、実は、もうひとり、ルメール騎手を潰しにかかったように見えた騎手がいます。それが◯田騎手。

これ、パトロールビデオをしっかりと見て頂くとわかりますよ♪

まあ、この方も「わざと」ではないでしょうし、あくまでそう見えるかも?という内容ですからね。

まとめ

ルメール騎手の制裁がやっとでたかなと。

これまで幾度となく危険な騎乗をしてきましたから、ここはしばらくほんとうの意味で謹慎でしょうね。

タイトルとURLをコピーしました