スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪杯2019予想ブラストワンピースが1着にならない理由が強力やで

この記事は約2分で読めます。


大阪杯2019の最終予想を紹介します。

2019/3/31(日) 2回阪神4日目
阪神11R大阪杯 (G1)芝2000m
オープン(国)(指) 定量

大阪杯に出走する有馬記念優勝馬ブラストワンピース。現在単勝1番人気となっていますが、個人的には危険な人気馬という考えです。理由は色々とありますが、簡単に言えば「ブラストワンピースより上の馬がいる」ということです。

阪神1800m毎日杯で1着と阪神コースは合う印象のあるブラストワンピースですが、阪神2000mは1800mとは全く違うコース形態でコースバイアスが変わってきます。ですので、ブラストワンピースの1着はまず無いと判断しています。

その他の理由も強力で詳しくはこちらを参考にしてください大阪杯2019予想考察1着馬に共通する5つの絶対条件クリア馬は1頭のみ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪杯2019予想

2番ワグネリアン

データ的に見ても、脚質の並びから判断してもワグネリアンで良いかなと。久しぶりの影響があるにしても外厩帰りですから、そこまで悲観する内容でもなく、故障させなければ4歳世代では間違いなくトップに君臨していたような馬。

今回2枠を引いたことで「不利になる材料が有利に変わる」かなと考えています。

血統背景も申し分なく、切れ味勝負ならワグネリアンが走ってくる可能性が大きいかなと。期待したい1頭です。

8番サングレーザー

天皇賞秋2着馬。それだけで狙う価値が十分にある中、上がり3F1位での2着は、今回のメンバーの中では相当なプラス材料。

基本的には前走海外遠征組は狙いたくないのが本音ですがサングレーザーに限っては中距離路線なら必ず走ってくる期待感が持てる馬ですからここでも十分狙いたいなと。

騎手の乗り替わりもプラス。

◎2番ワグネリアン
◯8番サングレーザー
▲11番ペルシアンナイト
△12番ステルヴィオ
×7番ブラストワンピース
×10番ステイフーリッシュ

複勝推奨馬◎2番ワグネリアン

馬連2頭軸◎◯=▲△××

穴で10番ステイフーリッシュ。データではワグネリアンと同等の評価。

タイトルとURLをコピーしました