大阪杯2020出走予定馬や予想オッズ・注目評価/先行勢が多い中割って入るのは強力な差し馬

大阪杯2020の出走予定馬や予想オッズ・注目評価を紹介します。(2020年4月5日阪神競馬第64回大阪杯G1/4歳以上/国際/指定/オープン/定量/芝2000m)

今年は、昨年以上に強い牝馬2頭、クロノジェネシスにラッキーライラックの出走予定に加え、昨年の同レース3着ワグネリアンにグランプリホースのブラストワンピース、前走中山記念で圧勝をしたダノンキングリーなどが出走を予定しています。

阪神芝2000mと言えば、スピードにパワーが必要なコースで、切れ味だけではない部分も問われる1戦。

また、単勝1番人気・2番人気が強いレースですが、その反面、単勝4番人気以下も好走をしていますので、今年も全馬にチャンスがあるようなレースになるかなと考えています。

それでは、大阪杯2000の出走予定馬や注目馬評価を紹介します。

マイルCS的中!◎3連複無料情報で18万獲得!

11/21~23日の無料予想は3戦2勝。1万7740円獲得!楽勝でプラスです!

■無料公開マイルCS/回収率179%

桜花賞、安田記念、ヴィクトリアマイル的中からのマイルCSも!
無料予想でここまでG1当てるとは、お見事!

■マイルチャンピオンシップ無料買い目画像

■11/22マイルチャンピオンシップ
1着4グランアレグリア①番人気
2着8インディチャンプ③番人気
3着7アドマイヤマーズ⑤番人気
3連複16.1倍×600円=9660円獲得
回収率177.8%

単勝5番人気アドマイヤマーズを2頭目に入れての的中はお見事です。

■無料公開/姫路S/回収率168.3%

■11/23姫路ステークス
3連複20.2倍×400円=8080円獲得
回収率168.3%

2020年は、皐月賞、東京優駿、菊花賞、天皇賞春秋107%~1350%で無料公開予想的中!

■安田記念、日本ダービー無料買い目

◎安田記念/6720円/回収率140%
◎ダービー/14800円/回収率276%
◎Vマイル /11840円/回収率228%
◎天皇賞 /67500円/回収率1350%
◎皐月賞 /36600円/回収率653%
◎桜花賞 /50360円/回収率899%

■天皇賞秋・菊花賞の無料買い目

◎菊花賞3連複9点600円
32.1倍×600円=22860円獲得!回収率423%

◎3連複と同時公開のワイド無料予想も熱い!
基本は平場レースですが時にはカシオペアSなどメインレース無料公開もあります!

今週は、ジャパンカップと京都2歳ステークスの予想を無料公開!

変則3日間開催の3連複無料予想は3戦2勝。1万7740円獲得。しっかりとプラス収支で終了です。

先週のマイルCS・姫路Sできっちりと的中・利益を出したホライズンの無料予想は、的確でありながら高配当が見込めます。

ジャパンカップで稼ぐならココの無料予想が1番頼りになります!

↑上記フォームから【限定無料登録】より無料メルアド登録(yahooメール・GメールなどSNSアカウント簡単登録)で無料買い目が即確認出来ます!

大阪杯2020出走予定馬

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
カデナ 牡6 57.0 鮫島克 中竹和
クレッシェンドラヴ 牡6 57.0 林徹
クロノジェネシス 牝4 55.0 北村友 斉藤崇
サトノソルタス 牡5 57.0 藤岡康 堀宣行
ジナンボー 牡5 57.0 藤岡佑 堀宣行
ステイフーリッシュ 牡5 57.0 矢作芳
ダノンキングリー 牡4 57.0 萩原清
ブラストワンピース 牡5 57.0 川田将 大竹正
マカヒキ 牡7 57.0 友道康
ラッキーライラック 牝5 55.0 Mデム 松永幹
レッドジェニアル 牡4 57.0 酒井学 高橋義
ロードマイウェイ 牡4 57.0 武豊 杉山晴
ワグネリアン 牡5 57.0 福永祐 友道康
ヴェロックス(回避) 牡4 57.0 浜中俊 中内田

大阪杯2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

大阪杯2020出走予定注目馬

ダノンキングリー

生年月日 2016年03月25日 (牡4歳)
調教師 萩原 清(美浦)
馬主 株式会社 ダノックス
生産者 三嶋牧場
中央獲得賞金 3億2044万2000円
通算成績 8戦5勝[5-1-1-1]
主な勝鞍 20’中山記念
兄弟馬 ダノングッド/ミッキーグッドネス
系統 サンデーサイレンス系

まず、前走中山記念は完勝の内容。ミドルペースを終始3番手で追走しながら最後の直線では堂々の抜け出し。

同じ位置取りにいたラッキーライラックを一瞬のスピードで先に前に行ったあたりは、その強さは桁違いだったかなと。結果的に上がり3Fがラッキーライラックと同じ34.2でも、その内容の違いは明らかでした。

個人的には、2走前のマイルCSであっさりと負けてしまったのが頭から離れず、中山記念は、そこまで走るとは思っていなかったのですが、これでダノンキングリーは、中距離では安定して走ることが再確認出来た。そんなレースだったと思います。

今回は、初の阪神コースですが、平坦コースよりもゴール前に坂道があるコースの方が良さそうですからダノンキングリーにとっては追い風になるのは間違いないかなと。

あとは、最終追い切りがどうかだけでしょうね。期待出来ると思います。

ラッキーライラック

生年月日 2015年04月03日 (牝5歳)
調教師 松永 幹夫(栗東)
馬主 有限会社 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 4億2791万9000円
通算成績 14戦5勝[5-4-2-3]
主な勝鞍 19’エリザベス女王杯
兄弟馬 ラルク/ライル
系統 サンデーサイレンス系

これまでの戦績を確認すれば、非常に安定した強さを持っているラッキーライラックで、14戦してすべて1秒以内にまとめており、オークス・秋華賞を除けば、コンマ3秒以内での決着。

今思えば、非根幹距離に強いタイプだったかなと。

古馬牡馬混合重賞は、中山記念×2のレース実績のみで、国内古馬混合G1は今回が初。

基本的には、先行脚質で結果を出して来ましたが、エリザベス女王杯のように差す競馬も出来ますから、初の古馬G1戦線でも枠順次第では結果を出せるはずで。

また、スローペースからハイペースで結果を出していますが、タイプ的にミドルペースまでが好走条件。

今年の大阪杯は、ミドルペースまでを想定していますので、3枠4枠5枠を引ければ、非常に楽しみな1頭になると思います。

クロノジェネシス

生年月日 2016年03月06日 (牝4歳)
調教師 斉藤 崇史(栗東)
馬主 有限会社 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 3億2313万4000円
通算成績 9戦5勝[5-1-2-1]
主な勝鞍 19’秋華賞
兄弟馬 ノームコア/ハピネスダンサー
系統 Red God系

前走京都記念を単勝1番人気で1着という結果を個人的には驚きで見ていたのですが。

血統背景がマイラー色が強いですから、非根幹距離の芝2200mを優勝出来るとは思っていなかっただけに、さらに重馬場というコースの影響も加味すれば、危ない人気馬と思っていたので、この好走は想定外。

秋華賞1着・オークス3着・エリザベス女王杯5着と中距離戦線を好走して来ていますので、走ってもおかしくはなかったのですが、それはクラシック戦線、同世代の中のレースでしたからね。

それが、ハイペースを上がり最速での優勝ですから、文句のつけようがない結果でした。

今回初の古馬G1になりますが、ミドルペースまでなら好走出来るタイプですので、ここは期待出来る反面、同型馬が多く出走してきそうですので、そのあたりの兼ね合いがどうか。

最終的には枠順の差で勝ち負け、掲示板までが決まるかなと考えています。

ブラストワンピース

生年月日 2015年04月02日 (牡5歳)
調教師 大竹 正博(美浦)
馬主 有限会社 シルクレーシング
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 5億7235万6000円
通算成績 12戦7勝[7-0-0-5]
主な勝鞍 18’有馬記念
兄弟馬 ホウオウピースフル/ヴィクトリアピース
系統 Danzig系

昨年の大阪杯は6着に敗退。勝ち馬アルアインからコンマ3秒差であれば悲観する内容ではなかったのですが、それ以降の戦績を見れば、重めの馬場が合っているタイプに見え、高速馬場とまでいかなくとも、ある程度流れる競馬は不得意に見えます。

その後の戦績は、札幌記念1着、AJCC1着とG2を2勝していますが、どれも上がりのかかるパワーコースで、切れ味も必要になる大阪杯では分が悪いかなと。

有馬記念からAJCCを優勝したことで、その傾向がさらに強くなりましたので、今回は、苦戦する可能性が高いと見ています。

レッドジェニアル

生年月日 2016年04月05日 (牡4歳)
調教師 高橋 義忠(栗東)
馬主 株式会社 東京ホースレーシング
生産者/産地 社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金 7240万8000円
通算成績 9戦2勝[2-0-2-5]
主な勝鞍 19’京都新聞杯
兄弟馬 ノワールギャルソン/ピンクアゲート
系統 Mr. Prospector系

今年の大阪杯は先行勢が多いという観点から言えば、レッドジェニアルの1発があってもおかしくないかなと。

これまでの9戦すべてが芝2000m以上で、その中で上がり3F3位以内が7レース。ほぼ毎回安定した切れ味を出している点は、他馬にない魅力を感じています。

前走日経新春杯は、単勝1番人気で7着に敗退。勝ち馬からコンマ8秒差は負けすぎた感じもありますが、それでも先行勢に有利な展開だったことを考えれば、そこまで悲観する内容では無かったと思います。

阪神コースは芝2400mを2鞍出走しており、ともに掲示板止まりですが、距離2000mになれば、ためも利く距離となり、さらに展開が向きやすいメンバー構成ですから、スタートしてから控える競馬を決めているならば、面白い1頭になると考えています。

ワグネリアン

生年月日 2015年02月10日 (牡5歳)
調教師 友道 康夫(栗東)
馬主 金子真人ホールディングス 株式会社
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 4億9273万7000円
通算成績 11戦5勝[5-1-2-3]
主な勝鞍 18’東京優駿
兄弟馬 テンダリーヴォイス/カントル
系統 サンデーサイレンス系

レッドジェニアルと同等に、脚質的に一番おもしろいのがこのワグネリアン。

昨年の大阪杯は3着に好走。その後の重賞戦線でも善戦しており、前走ジャパカップは3着に好走。

これまでの戦績から中距離がベストで差す競馬がこの馬の一番の持ち味を発揮しやすい脚質。これまで極端な枠順で好走をして来ており、今年も3枠以内か7枠8枠に入れば、おのずと結果はついてくる。

そんなイメージが大きいですね。

今回は休養明けからぶっつけ本番となりますが、鉄砲は利くタイプ。素直に期待したい1頭です。

[common_content id=”9739″]
タイトルとURLをコピーしました