中央競馬最終予想

大阪城ステークス予想/騎手変更に内枠・完全に走れる材料が揃った内枠馬を狙う

豪華なメンバーとなった感が否めないのはなぜなのか?その答えが「サトノの3頭出しか!」と思いながら、そのあたりに人気が集中してくれれば、面白いレースになりそうだなと。

阪神芝1800mは上がり勝負になりやすい反面、ペースによってタイムが極端に変わって来るコース。

特にオープンクラスになるとその傾向は歴然で、上がり勝負だからといって「切れる脚」ばかり追いかけるとなかなか取れない悲惨な予想になってしまいがちです。もちろん、経験談です。

今年は、サトノアーサーが人気の中心になりそうですが、個人的には、ここで走れる材料が完全に揃った内枠馬を狙っていきたいと思います。

大阪城ステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

大阪城ステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 フランツ 牡5 55.0 池添謙
1 2 (外)タニノフランケル 牡5 55.0 岩田康
2 3 レッドガラン 牡5 55.0 北村友
2 4 グローブシアター 牡6 55.0 浜中俊
3 5 センテリュオ 牝5 54.0 川田将
3 6 ジェシー 牡5 54.0 藤岡佑
4 7 プロディガルサン 牡7 55.0 国分優
4 8 ブラックムーン 牡8 57.0 松山弘
5 9 バイオスパーク 牡5 54.0 和田竜
5 10 エアアンセム 牡9 57.0 松田大
6 11 マイネルサーパス 牡4 56.0 丹内祐
6 12 サトノフェイバー 牡5 56.0 古川吉
7 13 サイモンラムセス 牡10 52.0 団野大
7 14 サトノアーサー 牡6 57.0 Aシュ
8 15 サトノワルキューレ 牝5 54.0 幸英明
8 16 ナイトオブナイツ 牡7 56.0 福永祐

大阪城ステークス2020予想

極端なスローペースになれば、上がり3F33秒台の決着となり、ミドルペース以上になると上がり3F34秒以上かかるコースも、基本的には「上がり3F勝負」に変わりがないレースです。

そんな切れ味勝負ですから、サンデーサイレンス系が優秀な成績を収めているのには納得が行く結果となっており、さらにディープインパクト産駒が優秀なのも頷ける話しです。

今年のディープインパクト産駒は全部で5頭出走しており、中でもサトノアーサーが人気の中心。実績も十分ですから、軸には最適だと思いますが、個人的には他の馬を軸に狙ってみたいかなと。

それにシュタルケ騎手との個人的な相性も悪いですからね。

展開は、ミドルペース以内を想定。強力な逃げ馬が不在の中、行く気になればといった馬が多いので、そこまで速くならない見立て。

最後の直線で、中~外差しが出来そうな馬を狙っていきます。

◎本命:複勝

レッドガラン

2年連続1着となっている2枠に入ったことで、そこまで大きく控える競馬はしないかなと。

2走前逆瀬川ステークスが1着。タイム1:44.8は、かなりの好タイムでしたが、その時の脚質が好位中団で、4角6番手から抜け出す競馬。

今回、逆瀬川Sの鞍上だった北村友騎手に乗り替わりになったことで、この時の走りが再現される可能性は高く、陣営もそれを見越しての大阪城ステークスかなと妄想をしているのですが。

前走白富士Sは、昇級初戦に休養明け初戦だったことを考えれば、良く走っており、仮に叩いてここが目標だったとすれば、いよいよ狙うには材料が揃いましたから、期待は十分。

これまで芝1800mは[3-0-0-1]と得意にしており、このメンバーであれば、遜色無い自力はあると見ていますので、ここが買いどころですね。

◎レッドガラン
◯マイネルサーパス
▲サトノアーサー
△フランツ
△センテリュオ
×サトノフェイバー
×サトノワルキューレ

馬連◎◯=◎◯▲△△××11点

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。