中央競馬最終予想

オパールステークス2019予想や過去データ/展開待ちも京都でこそ狙いたい馬とは?

過去5年単勝2点買いを均等で買い続けた結果、的中率50%を越え、回収率111%を超えた方法がこちら単勝2点・的中率56.8%・回収率111%超えの馬券術

オパールステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月14日月曜日/京都競馬場/11R夕刊フジ杯オパールステークス2019/3歳上オープンハンデリステッド/芝1,200m)

個人的な予測としては、良馬場になる予定でしたが、関西では雨が降っており最悪の場合、重馬場以上での開催になりそうです。

そうなるとパワーのの要る馬場に変貌し、瞬発力より持続力が問われる戦いになりますから、このあたりも予想に取り入れないといけませんね。

同条件は今年で4回目となり、別定戦を含めた過去9年の結果は荒れやすい結果。今年も出走メンバーを見る限り、一筋縄ではいかないかなと考えています。

2020年無料予想実績No.1サイト!

2020年無料予想プラス169,490円の獲得!
昨年の有馬記念&ホープフルSダブル的中に加え2021年中山金杯で183倍的中です!


■有馬記念73.7倍×400円
[払戻金]29,480円[回収率]526.4%
11番人気サラキアをしっかりと入れて高配的中!

■ホープフルS19.0倍×400円
[払戻金]7,600円[回収率]158.3%
ダノンザキッドを軸に堅め決着でもプラス収支!


◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額:277,890円
◎収支額:169,490円
最高値は天皇賞春7万弱獲得/回収率1350%
的確でありながら高配当が見込めます。

■先週の無料買い目結果
NHKマイルカップ3連複34.5倍×300円=10,350円獲得!
無料買い目画像がこちら↓

今週は、ヴィクトリアマイルの無料買い目を公開。

少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの無料買い目です。

こちらからご確認ください↓↓

↑上記フォームより【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認できます。

オパールステークス2019予想

引用先:ネット競馬

オパールステークス2019予想

過去には3連単10万馬券を筆頭に非常に荒れやすいレースで、過去9年の単勝1番人気の連対率は33.3%と低い数字。近5年でこそ60%まで上がってきましたが基本は飛びやすい、荒れやすいレースです。

脚質の並びを見ると、先行勢が揃いましたからミドルペース以上を想定。

前走北九州記念、キーンランドカップ組が優秀な成績を加味しながら、単勝2点買い予想を紹介しようと思います。

◎本命:単勝

ミラアイトーン

前走北九州記念は、古馬になってから初の重賞挑戦に加え、3ヶ月ぶりの実践。それでも勝ち馬からコンマ3秒差の5着と健闘していますから地力の高さを示した形。

これまでミドルペースやハイペースを中心に結果を出して来ている中、良馬場に回復するであろう馬場なら差し届く展開になるかなと。また、叩いた上積みも見込め、京都コースは[2-0-0-0]と相性の良いコース。

2走前鞍馬Sでは、1:07:6のタイムで1着。平均的なタイムも、上がり3F33秒台で差し切っているあたりはよほど京都コースに合う脚質。

ただ、不安点も。多頭数の3枠6番ですから競馬がしやすい枠には入りましたが内回りコースですから前が詰まる可能性も。

そのあたりを考慮して2頭目は外差しを決めてくれそうな牝馬を狙います。

カラクレナイ

少し外枠すぎたかなと思いながらも、展開がハマるならこの馬かなと。

前走北九州記念は先行抜け出しを計りましたがダイメイプリンセスのコンマ4秒差の7着。着順以上に負けていない秒差ですから善戦した走りではなかったかなと。

4走前鞍馬Sはミラアイトーンのコンマ1秒差の2着。上がり3Fは33秒で同タイムですから位置取りの差での着順。

基本は1400mを得意としているだけにここでの好走はプラス材料。

今回、大外枠を引いたことでごちゃつく内~中を気にすることなく外を差してこれる枠順は、都合がいいかなと。

展開待ちの部分はありますが、ハマって外差しならこの馬。

[ad] [insert page=’2019-1014′ display=’content’]

オパールステークスコース解説

向正面の直線半ばがスタート地点。最初のコーナーまでの距離はおよそ320mで、上り坂が続くため他場の1200mほど前傾にはなりにくい。坂を上り切ると4コーナーからは平坦。直線も短いため逃げ・先行馬が有利となっている。

また、内回りで3~4コーナーの角度が急なため、頭数にかかわらず内枠有利。インコースに入った先行馬から入るのがセオリーだろう。引用先:競馬ラボ

オープンクラスになると逃げ・先行・追い込み馬が優秀な結果となっており、展開次第で脚質傾向が極端に変わるわかりやすいコース形態。

ハイペースになれば、前が止まり追い込み勢が有利になり、ミドルペースまでなら4角4角番手以内の逃げ、先行馬に有利な展開となることが多いです。

[ad]

オパールステークス過去データ傾向

過去5年の結果を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[2-1-1-1]
  2. 単勝2番人気[0-0-1-4]
  3. 関東馬[0-0-1-10]
  4. 関西馬[5-5-5-50]
  5. 牡馬[3-4-2-36]
  6. 牝馬[2-1-2-24]
  7. 逃げ[2-0-1-2]
  8. 先行[1-1-2-14]
  9. 差し[2-4-2-19]
  10. 追い込み[0-0-1-25]
  11. 3歳[1-1-1-5]
  12. 4歳[2-1-1-14]
  13. 5歳[1-0-2-13]
  14. 6歳[1-3-1-18]
  15. 7歳以上[0-0-1-10]
  • ミスプロ系が非常に優秀
  • 上位人気組が不振。3着以内候補としては、単勝4、5、6番人気あたりが中心
  • 前走重賞組[4-5-4-39]と大半を占める結果。特にセントウルS、キーンランドC、北九州記念が優秀
  • 着順に関係なく、前走4角7番手以下が優秀
  • 前走1200mが優秀
  • 人気に関係なく斤量54、55キロが優秀
  • 酒井学騎手が穴をあけやすい騎手でチェックが必要
[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。