王冠賞2020予想/アベニンドリーム軸不動も単穴で面白いのが非北海優駿組の1頭

王冠賞2020の予想を紹介します。(2020年7月23日門別競馬第41回王冠賞サトノクラウン賞3歳オープン/ダート1800m)

門別1800mは、逃げ先行馬が有利なコースバイアスですが、展開次第では、差し馬も好走しており、コースから見れば難しい予想になることが多いです。

また、北海優駿組が好走しており、距離短縮でも同じ外回りコースという背景が、好走馬が出ている理由でしょうか。

今年は、フルゲート14頭ということで、その難しさに拍車をかける形で、穴っぽいところもカバーしながら、手広く馬券を組んで行こうと思います。

王冠賞2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 マイネルスタイル 牡3 56 加藤誓二
2 2 ソイチーノ 騸3 56 宮崎光行
3 3 キックエストレーヤ 牡3 56 松井伸也
3 4 アベニンドリーム 牡3 56 桑村真明
4 5 キーンウィット 牡3 56 岩橋勇二
4 6 ヨハネスボーイ 牡3 56 石川倭
5 7 カツゲキダイオウ 牡3 56 亀井洋司
5 8 レッドカード 牝3 54 井上俊彦
6 9 ライトロング 牡3 56 小野楓馬
6 10 ダンスポケット 牡3 56 五十嵐冬樹
7 11 テンカビト 牡3 56 落合玄太
7 12 クラモン 牡3 56 黒沢愛斗
8 13 グレイトダージー 牡3 56 阿部龍
8 14 コパノリッチマン 牡3 56 服部茂史

王冠賞2020予想

◎本命:単勝

アベニンドリーム

前走北海優駿は、4番手に控えた競馬。最終コーナーから直線に向くころには、抜群の手応えで最後の直線へ。

シンボ、コパノリッチマン、アベニンドリームの3頭併せのような叩き合いから、最後はシンボとの一騎打ちに持ち込み、競り落として優勝。

シンボを目標に出来た分が、最後のコンマ1秒差を生んだとは思いますが、それでも強い内容で、2着シンボがその後のJRA函館2勝クラスを逃げ切って優勝していることなども考慮すれば、軸不動かなと。

今回は、3枠に入ったことで、前走同様に好位先行から、最後の直線で抜け出す競馬をイメージしていますが、前走であれだけ折り合いつけば、ここでも問題無く走れると思います。

王冠賞は、北海優駿以上に自分のペースで楽に競馬が出来るイメージですね。

○対抗

コパノリッチマン

JRAから転厩して、スプリント戦を3連勝と、地方の砂が合ったコパノリッチマン。

前走北海優駿が初重賞レースでしたが、2番手で追走しながら早めに仕掛けて3着に好走と、これまでの競馬から控える競馬で結果を出したことで「折り合い面に不安無し」といった印象が強くなったレースでした。

血統背景から2000mは長いように思えましたが、優勝馬アベニンドリームからコンマ8秒差で、距離短縮の今回なら、時計を縮めても驚かないかなと。

今回、8枠を引いたことで最初に脚を使い、さらに同枠グレイトダージーの出方次第では、外め4番手以下を追走しそうで、そうなると一気に崩れてしまう可能性も。

それでも、前走内容が4着以下を離しているように見えますので、ここでは対抗評価が妥当かなと思います。

▲単穴

キーンウィット

コパノリッチマンがJRA転厩組と地方組の力の差を示したように、キーンウィットもまた、一気に上位組を喰ってしまっても驚かないかなと。

血統背景から距離1800mは問題無いように見えますし、前走内容が強く、それが不良馬場だったとしても、自力の強さは十分にある見立て。

良馬場でどこまで走れるかがひとつのポイントですが、馬場に関係なく走って来れそうなら、アベニンドリームとの叩き合いが見れそうですね。

◎アベニンドリーム
○コパノリッチマン
▲キーンウィット
△レッドカード
×グレイトダージー

馬連◎=○▲△×4点

単勝▲1点

[common_content id=”10677″]

[common_content id=”11015″]

タイトルとURLをコピーしました