桜花賞2020予想や消去法データ推奨馬/該当馬は4頭・好走の鍵を握るのは混合重賞好走馬

桜花賞2020の予想や消去法データ推奨馬を紹介します。(2020年4月12阪神競馬第80回桜花賞G1/3歳オープン牝馬/芝1600m)

桜花賞2020の消去法データ推奨馬は4頭。

過去データ的には、単勝1番人気が5連敗中と言うことで、予想オッズの段階で単勝1番人気に指示されているレシステンシアが馬券になるのかどうか?

さらに前走好走傾向の強いチューリップ賞組の好走はあるのかどうか?特に2着3着の好走が目立つ桜花賞ですから、このあたりも気になるところです。

桜花賞2020の消去法データ推奨馬は4頭は上位人気馬になりそうな4頭ですが、レシステンシアは△連下の評価。

今年は、混合重賞で好走した牝馬が鍵を握っている。そんな消去法データ推奨馬となっています。

桜花賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

桜花賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ナイントゥファイブ 牝3 55.0 松田大 [栗]西園正
1 2 チェーンオブラブ 牝3 55.0 石橋脩 [美]小笠倫
2 3 スマイルカナ 牝3 55.0 柴田大 [美]高橋祥
2 4 サンクテュエール 牝3 55.0 Cルメ [美]藤沢和
3 5 マルターズディオサ 牝3 55.0 田辺裕 [美]手塚貴
3 6 ウーマンズハート 牝3 55.0 藤岡康 [栗]西浦勝
4 7 ヒルノマリブ 牝3 55.0 北村友 [栗]北出成
4 8 リアアメリア 牝3 55.0 川田将 [栗]中内田
5 9 デアリングタクト 牝3 55.0 松山弘 [栗]杉山晴
5 10 フィオリキアリ 牝3 55.0 藤井勘 [栗]清水久
6 11 クラヴァシュドール 牝3 55.0 Mデム [栗]中内田
6 12 インターミッション 牝3 55.0 石川裕 [美]手塚貴
7 13 マジックキャッスル 牝3 55.0 浜中俊 [美]国枝栄
7 14 ミヤマザクラ 牝3 55.0 福永祐 [栗]藤原英
7 15 ヤマカツマーメイド 牝3 55.0 池添謙 [栗]池添兼
8 16 ケープコッド 牝3 55.0 岩田望 [美]高柳瑞
8 17 レシステンシア 牝3 55.0 武豊 [栗]松下武
8 18 エーポス 牝3 55.0 岩田康 [栗]北出成

桜花賞2020消去法データ

  1. 単勝9番人気以下[0-0-2-96]
  2. 単勝50倍以上[0-0-1-82]
  3. キャリア2戦以下[0-0-0-4]
  4. キャリア7戦以上[0-0-0-27]
  5. 前走1200m・2200m[0-0-0-4]
  6. 前走単勝6番人気以下[0-0-2-52]
  7. 前走5着以下[0-0-2-55](チューリップ賞1番人気以外)
  8. 芝1勝馬で重賞連対経験無し[0-0-0-12]
  9. 前走1秒以上の負け[0-0-1-19](チューリップ賞を除く)
  10. 重賞未経験[0-0-0-11](2戦2勝馬を除く)
  11. 前走オープン特別で単勝3番人気以下[0-0-0-13]
  12. 前走フィリーズRで単勝2番人気以下[0-0-0-49]
  13. 前走エルフィンS以外のオープン特別[0-0-0-27]

該当馬

  1. イズジョーノキセキ
  2. インターミッション
  3. ウインマイティー
  4. ウーマンズハート
  5. エーポス
  6. カイトレッド
  7. ギルデッドミラー
  8. ケープコッド
  9. ジェラペッシュ
  10. スマイルカナ
  11. チェーンオブラブ
  12. デアリングタクト
  13. ナイントゥファイブ
  14. ヒルノマリブ
  15. フィオリキアリ
  16. マジックキャッスル
  17. ミヤマザクラ
  18. ヤマカツマーメイド
  19. リアアメリア

桜花賞2020消去法データ推奨馬

桜花賞2020消去法データ推奨馬

  1. クラヴァシュドール
  2. サンクテュエール
  3. マルターズディオサ
  4. レシステンシア

桜花賞2020好走データ

  1. キャリア3戦~5戦が13連対とトップ
  2. 単勝1番人気~3番人気で7勝と上位組優勢。ただし、単勝1番人気が5連敗中
  3. 関東馬[4-1-3-57]で現在2連勝中
  4. シンザン記念3着以内[4-0-0-0]
  5. 前走チューリップ組[5-4-4-15]と好走。4着以下からも[1-2-2-11]と好走
  6. 前走3着以内が[9-8-6-85]と中心
  7. 前走勝ち馬が2着馬にコンマ3秒~5秒差なら[2-1-2-28]
  8. 阪神JF2着馬の前走チューリップ賞で3着以内[2-1-1-1]

桜花賞2020消去法データ推奨馬予想

◎本命:サンクテュエール

生年月日 2017年02月13日 (牝3歳)
調教師 藤沢 和雄(美浦)
馬主 有限会社 キャロットファーム
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 5745万6000円
通算成績 3戦2勝[2-1-0-0]
主な勝鞍 20’日刊スポシンザン記念
兄弟馬 ジークカイザー・ヴェルテアシャフト
系統 サンデーサイレンス系

前走シンザン記念を優勝は、アーモンドアイと同じローテーション。牡馬混合重賞で優勝は、他馬よりかなり強いデータ。

さらに関東馬[4-1-3-57]で現在2連勝中ということや、キャリア3戦~5戦が13連対なども合わせれば、本命馬に相応しい内容。

前走シンザン記念で出遅れたレースとなりましたが、器用に位置取りを確保した点や、勝ちきった内容から見ても初の阪神コースは問題無い形。

今回、休養明け初戦となりますが、馬体重も順調に増え成長が見込め、帰厩後もそつなく中間の調教を消化。期待出来る1頭だと思います。

◯対抗:マルターズディオアサ

生年月日 2017年02月07日 (牝3歳)
調教師 手塚 貴久(美浦)
馬主  藤田 在子
生産者 天羽 禮治
中央獲得賞金 9735万7000円
通算成績 5戦3勝[3-2-0-0]
主な勝鞍 20’チューリップ賞
キズナ
トップオブドーラ
兄弟馬 アルタイル・アナトリア
系統 サンデーサイレンス系

前走チューリップ賞を優勝したことで、世代トップクラスの力と安定感を示せたレースで、それまでの半信半疑だった評価がすっかりと◎になったかなと。

阪神JFとチューリップ賞の相違するレース展開を連続して好走している時点で、桜花賞では、マルターズディオサが一番買いやすい軸馬になると思います。

また、中山1600mを優勝していますので、G前の坂道は得意で、仮にハイペースの展開になったとしても、チューリップ賞同様の走りは見れると思います。

▲単穴:クラヴァシュドール

生年月日 2017年02月01日 (牝3歳)
調教師 中内田 充正(栗東)
馬主 株式会社 山紫水明
生産者 下河辺牧場
中央獲得賞金 5754万4000円
通算成績 4戦1勝[1-2-1-0]
主な勝鞍 19’サラ2歳新馬
ハーツクライ
パスオブドリームズ
兄弟馬 ノースザワールド・ショウナンダズル
系統 サンデーサイレンス系

前走チューリップ賞の予想で本命を付けたクラヴァシュドール。

思っていた通りの展開を好位差す競馬で2着に好走したのは立派で、素質の高さを示す1戦だったと思います。

これで、マルターズディオサ同様にスローペースでもハイペースでも結果を残せましたから桜花賞でも自信を持って乗ることが出来ますし、上がりをしっかりと出せたことはこの先々で大きなプラス材料になると思います。

桜花賞は枠順次第という部分がありますが、大崩はしないかなと。個人的にはオークス・秋華賞向きだと考えていますのでここで勝つようなら三冠もありえる話しだと思っています。

△連下:レシステンシア

生年月日 2017年03月15日 (牝3歳)
調教師 松下 武士(栗東)
馬主 有限会社 キャロットファーム
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 1億1585万2000円
通算成績 4戦3勝[3-0-1-0]
主な勝鞍 19’阪神ジュベナイルF
ダイワメジャー
マラコスタムブラダ
兄弟馬 ミッキーブラック・グラティアス
系統 サンデーサイレンス系

前走チューリップ賞は、断然の人気で3着。

阪神JFはハイペースを飛ばして最後まで脚を伸ばせたレースでしたが、チューリップ賞はスローペースでの展開で、後続馬に差される展開。

1着が阪神JF2着のマルターズディオサだったことを考えれば、スローペースになったことや、レシステンシアの仕上がり具合の関係で差されたと見るのが自然で、本番の桜花賞ではハイペースで行くのかどうかでその結果も変わって来そうかなと。

桜花賞は、脚質の並び次第でペースが変わり、毎年違った展開での競馬が多く、やはりレシステンシアの位置取りとペースが鍵を握るかなと考えています。

[common_content id=”11393″]
タイトルとURLをコピーしました