桜花賞2019トライアルレース各評価まとめ/高評価はコントラチェック


桜花賞2019トライアルやステップレースであるクイーンカップやチューリップ賞、アネモネステークスやフィリーズレビュー、フラワーカップの各レース評価やレベルの高かったレー、レベルの高い馬を紹介します。

最後にはトライアルレース全体の馬評価順位を紹介しています。

2019/4/7(日) 2回阪神6日目
桜花賞(G1)芝1600m
オープン(国) 牝 (指) 定量

桜花賞2019クイーンカップ組評価

1着クロノジェネシス
2着ビーチサンバ
3着ジョディー

1:34.2は平均ペースも少頭数で行われたレースだったことを考えれば平均以上の内容だったかなと。レースじたいは完全に上がり勝負となる前4F48.4秒/後4Fは45.8秒。

ビーチサンバが上がり3F32.9は過去10年を参考にしてもかなり速い上がり。他2頭の上がりを見ても33秒台で上がって来ている時点でレベルの高いレースだったことが伺えますね。

上位3頭の気になるコメント

1着クロノジェネシス
ビーチサンバを意識しながら運びましたが、馬の後ろに入れると折り合ってリズム良く走れていました

2着ビーチサンバ
道中リラックスして長く脚を使ってくれました。まだ課題があるなかこれからいろいろ修正して、大舞台に臨んでいきたいです

3着ジョディー
ハナに立ってからは息を入れられましたし上手く単騎で逃げられました。

桜花賞2019チューリップ賞組評価

1着ダノンファンタジー
2着シゲルピンクダイヤ
3着ノーブルスコア

1:34.1はやや物足りない時計。平均と言えば平均タイムですが、全体的なレースを見ても
イマイチの内容。ただ、1着ダノンファンタジーが必死になって走っていなかった点を加味すれば合格点でしょうか

ラップは前4F47.8/後4F46.3の平均ペース。最後は上がり勝負というよりはスタミナの要するレースだっただけに桜花賞のレース内容によっては上位馬が苦戦する可能性もあるようなレースでした。

上位3頭の気になるコメント

1着ダノンファンタジー
調教で不安な所が大丈夫だったので収穫もあり、このまま無事に本番へ向かいたいです

2着シゲルピンクダイヤ
久々でテンションが高かったのですが、よく頑張ってくれました。

3着ノーブルスコア
マイナス12キロもそんなに細くは感じませんでしたし、少しテンションが高かったくらいです。

桜花賞2019アネモネステークス組評価

1着ルガールカルム
2着レッドアステル

1.34.4は時計的に優秀。特に1着馬ルガールカルムは完勝。なおかつ余裕残しのレースだった。また2着レッドアステルも好戦。2頭共に良い内容のレース。

ラップは前4F46.3秒/後4F48.1秒とハイペースのレース。ハイペースを先行して抜け出したルガールカルムはやはり強かったと言えるペース。

ただし、アネモネSで1分34秒台だったのは5回、そのうち桜花賞で上位に入線した馬がいない結果をどう扱うかが鍵。

上位3頭の気になるコメント

1着ルガールカルム
今回は次に繋がるように自分からポジションを取って競馬を作りました。良いリズムで走れていましたし、最後も良い切れ味でした。着差以上に余裕がありました

2着レッドアステル
テンションの高いところがありましたが、レースでは落ち着いていました。良いフットワークで走るので、できれば綺麗な馬場で走らせてあげたかったです。それでも良い位置で競馬ができましたし、これから更に良くなると思います

桜花賞2019フィリーズレビュー組評価

1着ノーワン
2着プールヴィル
3着ジュランビル

印象に残っているのはノーワン騎乗の坂井瑠星のイン強襲。一歩間違えれば事故になってもおかしくない騎乗でしたが執念の追い込みで1着。これには秋山真一騎手も驚いたと思います。

レースタイム1:22.0は稍重だったことを考えれば好タイム。ラップは前3F34.9秒/後3F35.2秒の平均。ミドルペースだった場合のレース評価が実は難しいのですが3着ジュランビルが一番強い競馬をしたかなと。

大外を先行しながら最後まで伸びていましたから負けて強しの内容。2着プールヴィルも同等の評価。

上位3頭の気になるコメント

1着ノーワン
枠が決まった時にこういう競馬になると思いました。折り合いに問題はありませんから、距離も大丈夫です

2着プールヴィル
体が大きくない馬ですから、この後、体が減らないように頑張ってもらいたいです

3着ジュランビル
外枠だったので、外々を回らされる感じになりましたが、頑張ってくれています。上位の中では一番強いレースをしたのではないかと思わせるくらいでした

桜花賞2019フラワーカップ組評価

1着コントラチェック
2着エールヴォア
3着ランブリングアレー

個人的には一番難しいレースでした。1:47.4は優秀な時計。なかなか1:48を切ることが出来ないコースでこのタイムですから驚異的なタイム。

また1:48を切った馬が3頭もいることから相当内容のあるレースで、これまでのトライアル、ステップレースの中では一番レベルの高いレースだったと言えます。

上位3頭の気になるコメント

1着コントラチェック
スタートが速かったですしスピードもあったので楽に行けました。スピードがあって、最後に更にギアが上がる点がこの馬の強さですね

2着エールヴォア
今日は展開が向きませんでした。折り合いに気を付けて乗りましたが、思ったより位置取りが後ろになってしまいました

3着ランブリングアレー
コーナーごとに外にモタれたりいろいろ細かいところでもったいない点はありましたが、よく頑張ってくれました

桜花賞2019トライアル各レース評価馬順位

1位コントラチェック
2位エールヴォア
3位ランブリングアレー
4位クロノジェネシス
5位ビーチサンバ
6位ルガールカルム
7位レッドアステル
8位ダノンファンタジー
9位ジュランビル
10位プールヴィル
11位ノーワン
12位シゲルピンクダイヤ
13位ノーブルスコア

レース内容はもちろんでしたがコントラチェックは本当に強かった。コメントにあるように「最後に更にギアが上がる点がこの馬の強さ」と。桜花賞でこの脚が使えるとかなりプラスで優勝も見えてくるような武器。体調と枠順さえ良ければ優勝候補ですね。

あと、アネモネSの2頭も好内容。特にルガールカルムのレース内容は完勝。余裕残しで4角を回って来てからの抜け出しは阪神1600mに向いていそうな脚質。桜花賞でも期待が持てる走りでした。

全体的に見ると、ダノンファンタジーの1強と考えていると痛い目を見そうなトライアルレース。

個人的にはダノンファンタジーからではなく、コントラチェック、ルガールカルム、プールヴィル、シゲルピンクダイヤから複勝推奨馬を決めようと考えています。

桜花賞には出走しないことが決まっているコントラチェックですが、あえて1位指名にしています。強い馬が出走出来ないのは辛いですね。

今年は荒れる可能性があります。また桜花賞のデータはこちらにまとめてあります。
参考:桜花賞2019予想!重要なポイントは前走3着以内の単勝2番人気以内

タイトルとURLをコピーしました