パラダイスステークス2020予想や過去データ傾向分析/良馬場なら上がり最速でV候補

パラダイスステークス2020の予想や過去データを紹介。過去の傾向から厳選した(人気・枠順・血統・種牡馬・馬体重・前走・脚質・種牡馬)や、展開を予測して予想を組み立てています。

◎2週連続の万馬券的中で21万獲得の無料予想!

◎10月総額【49,621,960円】獲得!

■シリウスSに神戸新聞杯で2週連続の万馬券を的中!

実際に公開された買い目がコチラ↓

■中京11RシリウスS
3連複2-3-15
254倍×500円=127000円獲得
回収率2540%

■中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円獲得
回収率1902%

単勝14人気ロバートソンキー入れてました!

神戸新聞杯とシリウスSの無料予想で計21万円を獲得は本当に稼がしてもらいました。

■東京スポーツ杯2歳ステークス的中!

1着3ダノンザキッド①番人気
2着2タイトルホルダー⑤番人気
3着10ジュンブルースカイ③番人気
3連複21.7倍×500円=1万850円獲得
回収率217%

今週は京都2歳Sとジャパンカップの無料予想を公開!

昨年のジャパンカップもきっちりと的中!

2週連続で万馬券を的中させたここの無料買い目は、闇雲に穴を狙った買い目ではなく、本命3頭+穴2頭といった中配当から高配当まで狙ったバランスの良い買い目です。

今週も厳選された5頭の推奨馬でシリウスSの回収率2540%以上を期待して見てください!

↑上記から競馬学会のHPへ。【無料】フォームから無料メルアド登録のみでジャパンカップの無料買い目が即確認出来ます!

パラダイスステークス2020レース概要

開催日 令和2年/2020年6月28日/日曜日
開催場所 東京競馬場
レース名 ウッドバイン競馬場賞パラダイスステークス
条件 3歳以上オープンハンデ
距離 芝1400m・左回り
本賞金1着 2500万円

パラダイスステークス2020 過去データ傾向分析

同条件のオーロカップ過去9年を参考にしています。

単勝人気別成績

単勝6番人気以内で5勝を挙げていますが、単勝1番人気は[1-3-0-5]とやや苦戦。

単勝7番8番人気も勝鞍を挙げており、人気薄の好走もあるコースです。

単勝オッズ別成績

単勝4倍~6.9倍が好走しており、軸馬としてはこのオッズがベストかなと。回収率を上げるための抱き合わせとして10倍~14.9倍が狙い目で、複勝回収率が100%超え。

全体的にダントツ人気馬の出現が薄く、上位拮抗からの人気薄の好走などがメインのレースです。

枠順別成績

コース形体で考えれば、最初のコーナーまでの距離がそこそこ短いわりに、緩やかな上りになりになるので、テンの入りは速くなく、全体的にもハイペースになりくい。

その分、各馬に十分な余力がある状態で最後の直線へ向くため、上がり3F勝負になりやすいのが、東京芝1400mの特徴。

このあたりを考えれば、スムーズに好位差しが取れる3枠4枠あたりが好走しているのも頷ける話しで、大外を回される8枠に勝鞍が無いのも納得出来る結果だと思います。

脚質別成績

よーいどんの上がり3F競馬になりやすく、上がり33秒前半~中盤が基本。上がり3F1位馬が活躍しており、単回収率770%は、かなりの偏り。

逃げ馬が2勝と勝鞍がついていますが、基本は差し・追い込み馬が好走しています。

馬年齢別成績

前走単勝人気別成績

前走単勝6番人気以下の巻き返しが目立つレースで、前走3番人気以内は、意外と凡走。このあたりが非根幹距離の落とし穴でしょうか。

斤量データ

ハンデ戦らしく、3着内率は横一戦の結果。

興味深いのは、斤量51.5キロ~53キロの単勝3番人気以内が[1-2-2-0]と3着内率100%の結果。上位組でこの斤量なら軽視は禁物ですね。

血統・種牡馬別成績

馬体重データ

パラダイスステークス2020 枠順

引用先:競馬ラボ

パラダイスステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

パラダイスステークス2020 予想

好メンバーが揃った1戦で目移りして仕方がない感じで。

内枠に先行馬が揃い、外に逃げたい馬が入ったことで、最初の直線までに隊列はスムーズに決まりますが、やはりテンの入りは速く、ミドルペースでの競馬を想定。

ピンかパーのグランドロワは押さえるのは当り前の話しも、この先行争いで脚を使うか使わないかで、先行穴馬が残るか残らないか的な予想のポイントになるんだろうなと。

人気中心のアルーシャが1枠を引いたのは痛い感じで、最後の直線で前が開くかどうかが不安なら、不利をあまり受け無さそうな3枠から7枠の差し馬を狙うのがベストでかなと。

ただ、宝塚記念の裏開催で戸崎騎手を確保出来たのは、かなりのプラスですから、スタートして前を取るようであれば、快勝もあり得る。

まあ、難しいレースです。

◎本命:複勝

ストーミーシー

展開的に前は最後の最後で脚が上がる競馬を予測しており、最後は差し・追い込み馬が馬券になるイメージです。

ストーミーシーは、未勝利戦を勝ってからというもの、単勝1番人気に支持されたことがなく、今年は単勝3番人気が最高。

それでも5勝2着6回とそれなりに好走しており、今回のメンバーなら実績は上位。

ストーミーシーの好走条件としては、ミドルペース以上の展開で差す競馬。東京芝なら上がり3F33秒前半を出すことは容易なことかなと。

今年に入ってから、重賞3戦、リステッド1戦で1勝。負けも、勝ち馬からコンマ6以内ですから、7歳になっても衰えしらずの走り。

一昨年のパラダイスSは、4着に好走しており、勝ち馬からコンマ2秒差。上がり最速での結果ですから、やはりこの距離は合う形で、

それがスローペースでのレースでしたから、展開向かずの4着なら立派だったかなと。

今年は、鞍上に田辺騎手で、個人的には、かなり悪い相性ですから、本命を迷いましたが、過去3年の東京芝1400m全クラスの結果が

田辺騎手[16-14-14-76]勝率13.3%、連対率25%、3着内率36.7%。裏開催の中、今回のメンバーで言えば、まだ狙っても良い結果なのかなと、自分で自分に上手く言い聞かせてる感じですね。

このまま良馬場で開催されれば、期待出来る1頭だと思います。

◎ストーミーシー
○ボンセルヴィーソ
▲アルーシャ
△グランドロワ

ワイド◎=○▲△3点

[common_content id=”9807″]

タイトルとURLをコピーしました