ポルックスステークス2019予想!最後に勝つのはのは上がり最速馬

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポルックスステークス2019の予想を紹介します。同コース、同距離で、前日におこなわれた招福ステークスは、前のみの決着となりスタミナが問われる中山コースとしては、珍しい組み合わせ。ポルックスステークスの過去5年を見ても、4角4番手以内だけで決まった年は一度だけです。

招福ステークス同様、ポルックスステークスのメンバーの脚質は、そこまで逃げを意識した馬は無く、ペースもミドルペースまでが濃厚かなと。そうなると招福ステークスのような展開になる可能性が高いですが。

単勝1番人気テーオーエナジーは先行脚質で2番手を追走しながら抜け出す競馬が得意。前走も2番手から抜け出して快勝。走破タイムも非常に優秀。岩田騎手がこの馬のために中山競馬に来ているみたいですから、期待度も高い馬になりますね。ポルックスSの脚質の並びを見る限り、今回も2番手、3番手あたりはスムーズに取れる枠順で、ここでも十分に勝ち負け出来る枠順と脚質の並び。

単勝2番人気アルクトス。1800mでは勝ち星が無いものの、前走錦秋Sでは、スローペースを演じて、2着以下を完封する走りも、2走前は、重賞初挑戦でコンマ8秒差の5着と、距離の部分が不安な1頭。スタート次第ではハナに行く可能性もあり、ペースを握れば、スローペースに落とすでしょう。逃げ残れる可能性もありますが、距離が不安ですから、2番手以下の目標になり、最後の直線で失速する可能性が大きいかなと考えています。

予想

複勝1番ホーリーブレイズ

今回は招福S同様に前の競馬だと思いますが、前に行く馬で馬券的に旨味のある馬がいないなら、ホーリーブレイズ。最内に入ったことで迷いもありましたが、上がり勝負ならこの馬かなと。ペースがミドルペースまでを想定なら、最後の直線で差し込んで来れると。ここ4戦はすべて上がり最速。中山コースは初めてですが、阪神コースでも走れていますから問題ないはず。前を意識しすぎた競馬になるなら、この馬の出番。2枠3枠が先行勢ですから、上手くインに潜り込んで脚を溜めて、最後の直線で抜け出す。

シンザン記念の予想はこちらです⇒シンザン記念2019予想!前走大敗も逃げ馬が覚醒する京都平坦コース

タイトルとURLをコピーしました