プラチナカップ2020予想/控える競馬が出来れば勝ち負け出来そうな1頭を狙う

プラチナカップ2020の予想を紹介します。(2020年7月23日浦和競馬/プラチナカップ3歳以上オープンS3/ダート1400m)

浦和1400mは、逃げ先行、そしてマクリが好走しやすく、特にマクリに関して言えば「浦和1400mやからこそマクって勝ち負けが出来る馬」というのが多い印象で、位置取りで言えば、最終コーナーで4角通過以内が好走しています。

プラチナカップの準重賞込みの過去5年は、逃げ先行馬が活躍しており、特に最終コーナー5番手以内が馬券になりやすい結果。

今年は、器用なレースが出来そうな馬が見当たらず、そうなると好位先行から抜け出せそうな馬を狙うのがベストで、それと騎手のコース相性も予想のロジックになってくると思います。

プラチナカップ2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 エッシャー 騸6 58 張田昂
2 2 ベストマッチョ 騸7 58 森泰斗
3 3 インペリシャブル 牡3 55 矢野貴之
4 4 クインザヒーロー 牡7 56 笹川翼
5 5 コーラルツッキー 牝3 53 山崎誠士
6 6 ダノンレジーナ 牝4 52 左海誠二
6 7 サンマルティン 騸8 58 福原杏
7 8 サクセッサー 牡4 56 石崎駿
7 9 マーガレットスカイ 牝5 54 酒井忍
8 10 バトードラムール 牝5 52 和田譲治
8 11 ワンパーセント 牡7 58 本橋孝太

プラチナカップ2020予想

逃げ馬を中心に考えるのか?先行馬を中心に考えるのか?騎手を、調教師をで、軸馬がガラッと変わって来るメンバー構成に見えますので、個人的には難しい1戦です。

何が何でもハナに拘りたいのはエッシャーで、これが叶わないと苦戦するレースが多いだけに、張田騎手も必死のパッチで行くかなと。

そうなれば、あとは、バトードラムールやマーガレットスカイの外枠勢がそれに追従する形で、内からダノンレジーナやクインザヒーロー、インペリシャブル、ベストマッチョの内枠先行勢も応戦する展開。

ハイペースは必須で、最後までバテない先行馬と、ごっつぁん差し馬が馬券になりそうなイメージですね。

◎本命:単勝

ベストマッチョ

前走浦和スプリントは、スタート五分からテンの速さで逃げる競馬の中、2着に好走。1着がブルドッグボスだったことを考えれば、負けて強しの競馬だった思います。

今回は、2枠を引いたことで「やっぱ逃げるかな?」とも思いましたが、鞍上が森騎手ということもあり、私の中では3番手~5番手ぐらいに控え、最終コーナーを回るころには、先団に取り付いての競馬になると予測。

前走内容を見れば、それが出来そうな競馬だったように見えた言うのもありますし、今回は強力な逃げ馬もいますから、ここはじっくりと構えて、前走のブルドッグボスがやったような競馬をすると思っています。

また、前走で南関競馬にメドがついた感じですから、実績面から見ても、ここは勝ち負け出来ると見ています。

そして最後に騎手。

前走で跨った馬が数頭いる中で、森騎手が選んだのがベストマッチョでという部分がデカイですね。

○対抗:単勝

ダノンレジーナ

2走前青葉特別が1:27.6で優勝。タイムはなかなかのもので、本命でも良いかなと思ったくらいの同馬で。

前走藤右衛門川特別は初の2000mで好走。一気の距離延長でも全く問題なく2着に好走。レース内容から見て、スタミナやパワーも十分な感じに見えます。

ただ、今回は3ハロン距離短縮での競馬。

スピードについて行けるとは思いますが、一気の3ハロン距離短縮という部分が不安になりましたので対抗の評価に。

まあ、それでもスピードもありますし、前走で負けはしたものの、それまでが11連勝で南関でも勝利していますので、揉まれても怯まず、スタートして好位が取れるなら、勝ち負けの存在だと思います。

また、小久保厩舎= 左海誠騎手の乗り替わりで、陣営の本気度も垣間見えるかなといったところです。

◎ベストマッチョ
○ダノンレジーナ
▲クインザヒーロー
△インペリシャブル
×ワンパーセント

単勝◎○2点or馬単◎○⇒▲△×6点

[common_content id=”10677″]

[common_content id=”11015″]

タイトルとURLをコピーしました