プリンシパルステークス2020予想や過去データ/皐月賞をパスして大一番を狙うサトノフウジン

プリンシパルステークス2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年5月9日東京競馬3歳オープン芝2000m)

メンバーを見渡す限り、意外とマイル~1800mまでが一番合っていそうな上位人気馬が多く、若干荒れるような気がしてならないプリンシパルステークス2020。

例えば、ビターエンダーもそのイメージが強く残る、これまでのレース内容で、芝2000mになるとどうもスパッと切れる脚が鈍るようなレースが多く、京成杯はジリジリと伸び、皐月賞は直線で早々に後退。

父オルフェーヴルですから、距離は問題無いはずですが、近走内容を見る限りでは、少し買い辛いかなと。

逆に距離が合いそうなのがポタジェ。時計のかかる京都2000mや中山1800mで上がり3F2位以内を出して好走していますので、広い東京でワンターンなら、チャンスは十分にあると思います。

予想の入り方としては、芝1800m以上の勝鞍がある馬で、5番手~7番手くらいから先行抜け出しやちょい差しで上がって来れそうな馬を狙って見ようと思います。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

プリンシパルステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

プリンシパルステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ビターエンダー 牡3 56.0 津村明 [美]相沢郁
2 2 ポタジェ 牡3 56.0 武豊 [栗]友道康
3 3 ディアセオリー 牡3 56.0 大野拓 [美]高木登
4 4 マイネルブラシウス 牡3 56.0 横山武 [美]尾関知
5 5 ウシュバテソーロ 牡3 56.0 江田照 [美]高木登
6 6 サトノフウジン 牡3 56.0 Dレー [美]堀宣行
6 7 スレプトン 牡3 56.0 Cルメ [美]大和田
7 8 メイショウサンガ 牡3 56.0 横山典 [栗]千田輝
7 9 (外)アメリカンフェイス 牡3 56.0 吉田豊 [美]戸田博
8 10 アリストテレス 牡3 56.0 福永祐 [栗]音無秀
8 11 スマートクラージュ 牡3 56.0 藤井勘 [栗]池江泰

プリンシパルステークス2020予想

◎本命:複勝

サトノフウジン

前走フリージア賞を優勝したあと、皐月賞への出走も視野に入っていましたが、馬体回復を優先させるために回避。

今回は、馬体回復に努め、中間の乗り込み量を増やした甲斐もあり、馬体は充実していますから、陣営の意気込みも伝わって来るかなと。

前走フリージア賞は、直線を鋭く伸びて1着。上がり3F36.3と時計を要した結果も、道中が淡々とした流れの中から抜け出す競馬でしたので問題なく、新馬戦で後方から上がり3F33秒台を出すなど、切れ味は十分にある形。

血統的にレースを消化しながら競馬を覚えるタイプで、今回の11頭立ては、手頃な頭数。ある程度流れる展開を折り合い面に不安の無い同馬ですから、仕掛ければ前走同様にスッと反応して加速する。

そんなイメージが強いサトノフウジンです。

期待したいですね。

◯対抗

ポタジェ

半姉ルージュバックはオークス2着馬で重賞4勝馬と、実績馬を姉に持つポタジェが冬場を充電期間としたことで、いよいよ本格化始動となるプリンシパルステークス。

陣営的には、ここでサクッと優勝でもしてダービーへ向かいたいのは間違いない腹積もりだとは思います。その証拠に中間もビシビシと追っており、順調そのものですからね。

前走黄菊賞は、スローペースを折り合いに専念しながら4角4番手の競馬。最後は、1着シンプルゲームの早めのマクリ競馬にスッパ抜かれたような内容でしたが、それでも上がり3F最速での2着。

最後は良く追い詰めていますので上々の競馬だったと思います。

今回は鞍上に武豊騎手が騎乗。たぶん、出たなりの位置取りを取ると思いますが、無理して前には行かず、終いを伸ばす競馬。

サトノフウジンとは位置取りの関係で対抗としていますが、最後の直線で切れるのはポタジェだと思っていますので4角通過6番手以内なら、勝ち負け十分だと考えています。

◎サトノフウジン
◯ポタジェ
▲アリストテレス
△スレプトン
×マイネルブラシウス
×スマートクラージュ

馬連◎◯=◎◯▲△××9点

[common_content id=”10677″]

プリンシパルステークス2020過去データ傾向

特に重要な過去データ傾向を紹介します。

  1. 前走芝1600m以下は苦戦傾向。芝1800m以上が中心
  2. 逃げ先行馬が苦戦しており、4角4番手以下が中心
  3. 前走中山1勝クラスが優秀な成績
  4. 牝馬は苦戦しており牡馬優勢のレース
  5. 関東馬中心の中、関西馬で単勝1番人気~3番人気の先行馬は苦戦傾向
  6. ディープインパクト産駒が優秀
  7. 3着内率は、1枠2枠が優秀も、勝数で言えば、3枠~8枠が中心
  8. 単勝10番人気以下は苦戦しており[0-0-1-62]
  9. 単勝1番人気[7-1-0-2]と連対率80%、3着内率80%の好成績
  10. 馬体重500キロ以上が苦戦
  11. 近5年の勝ち馬全頭に芝1800m以上での勝鞍か、芝1800m以上重賞3着以内の実績
[common_content id=”11383″]
タイトルとURLをコピーしました