厳選単複予想

洛陽ステークス2019予想!前走の不利を考慮すればグァンチャーレ


洛陽ステークス2019の予想を紹介します。

2019/2/9(土) 2回京都5日目
京都11R洛陽ステークス
サラ系4歳上オープン (国)[指] 別定
芝1600m 12頭 15:35発走
本賞金2500万1000万630万380万250万

本日の全レースから厳選!推奨軸馬はこちら⇒2019年2月9日(土)推奨軸馬

今年の洛陽SはG3並のメンバーが揃ったような1戦。人気の中心は、東京新聞杯を回避してここに参戦グァンチャーレ。マイルCS4着カツジやエプソムC3着グリュイエールなどでしょうか。基本的に洛陽Sは上位決着しやすく、人気薄の活躍は目立っていませんが、人気薄が絡む時は必ず逃げ馬が絡んでいます。

この辺も視野にいれながら馬券を組み立てています。

それでは、予想単勝オッズですね。

 

1カツジ2.8
2グァンチャーレ2.9
3グリュイエール5.1
4アサクサゲンキ5.9
5キョウヘイ6.3
6アイトーン14.5
7アドマイヤリアル36.0
8ジョーストリクトリ72.4
9コウエイタケル128.9
10ツーエムマイスター153.4
11ユキノアイオロス170.0
12シベリアンスパーブ249.8

洛陽ステークス2019予想上位人気2頭の評価

カツジ
データで行くとカツジが推奨馬になります。
G2勝ちがあり実績では最上位も、近走がイマイチ。マイルCS4着はありますが展開が向いた形の4着かなと。2歳や3歳前半は先行力がありましたが、最近は後方からの競馬。
洛陽Sの主流はスローペースも今回はミドルペース以上を想定していますので差し切り勝ちもありえるかなと。また、新馬戦以来のOP特別に加え、ひと叩きされた上積みがあるだけに最後方でなければ、馬券になってもおかしくない存在。

グァンチャーレ
東京新聞杯を回避して得意の洛陽Sに。
先行力があり、スローからミドルまでなら安定した走り。カツジ同様にひと叩きされた分、上積みがあり、枠順も最高の枠。切れる脚がない分、先行押し切りが得意の同馬。今回は平均ペース以上を想定していますので、得意の材料は揃った形ですね。

洛陽ステークス2019複勝推奨馬

グァンチャーレ

心の中ではアイトーンの初1600mが気になる傍ら、本命はグァンチャーレ前走京都金杯は、内ラチ沿い3番手で追走。直線に向くと手応え十分に追い出し、かと思われた直後に前が壁になって一旦ブレーキ。再度立て直すも2回目のブレーキと、不完全燃焼の競馬。最高の位置取りからの競馬だったため惜しい内容。パクスアメリカーナとは位置取りの差。ロスさえなければ勝ち負けはあったようなレースだったと思います。

今回も似たような位置取りになる可能性があり、アイトーンや、ツーエムマイスター、アドマイヤリアルらが引っ張ってくれる展開になると思いますので展開も向くはず。前走が休養明け初戦だったことを考えると上々の動き。2走ボケも考えられますが、前走の走りが出来れば、ここでは勝ち負けかなと考えています。池添騎手に変更になるのもプラス材料。

今週の重賞&特別レース予想まとめ

クイーンC2019最終予想
京都記念2019予想
こぶし賞2019予想
共同通信杯2019予想
壇之浦特別2019予想
あすなろ賞2019予想

スポンサーリンク