中央競馬最終予想

洛陽ステークス予想や過去データ/人気の盲点馬を狙う!マイルに戻って巻き返し必至

苦戦傾向の強い8枠に入ったカリビアンゴールドを尻目に、絶好枠である5枠に入ったヴァルディゼールが地力を見せるレースになるのかが予想の注目ポイント。

さらに得意の京都コースで巻き返しなるか?サトノフェイバーと、このあたりが上位人気を占める形。

近年は、上がり3F勝負になることが多く、今年もこのまま良馬場であれば、その傾向通りの競馬にそうですから、各馬の上がり3Fチェックに近走内容などを見ながら予想に入っていきます。

洛陽ステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

洛陽ステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ブラックムーン 牡8 57.0 松山弘 [栗]西浦勝
2 2 サトノフェイバー 牡5 56.0 古川吉 [栗]南井克
3 3 アンコールプリュ 牝5 53.0 藤岡康 [栗]友道康
4 4 キャプテンペリー セ7 54.0 国分恭 [美]岩戸孝
4 5 レインボーフラッグ 牡7 54.0 和田竜 [栗]小崎憲
5 6 ハーレムライン 牝5 53.0 坂井瑠 [美]田中清
5 7 ヴァルディゼール 牡4 56.0 北村友 [栗]渡辺薫
6 8 (外)ストロングタイタン 牡7 57.0 幸英明 [栗]池江泰
6 9 アストラエンブレム セ7 56.0 池添謙 [美]小島茂
7 10 フロンティア 牡5 55.0 Aシュ [栗]中内田
7 11 プロディガルサン 牡7 55.0 国分優 [美]国枝栄
8 12 ファストアプローチ セ5 54.0 木幡育 [美]藤沢和
8 13 カリビアンゴールド 牝6 53.0 川田将 [栗]鮫島一

洛陽ステークス2020予想

個人的には、大好きなメンバー構成で、勝手に重賞レースだと思いながら予想をおこなっています。

特に重要視したいのが京都コース適性。京都マイルの近年は、洛陽Sに関わらず、上がり3F勝負になってきており、34秒台までに走って来ないと馬券になりやすい馬場。

そしてその馬場適性があるディープインパクト産駒が好走しているのも頷ける話しで、サンデーサイレンス系全般にも言える話しです。

また、脚質の並びからスローペースを想定。速くてもミドルペースまでを考えています。そうなると過去データでは、4角10番手以下は馬券になっていない状態ですから、やはり先行抜け出し。これを狙っていきます。

◎本命:複勝

アストラエンブレム

今回、遠征競馬ということや、近3走が案外な走りという理由で人気落ちをしているのなら積極的に狙っていきたい1頭だなと。

関東馬[2-0-0-33]と苦戦傾向も、重賞3着以内の実績があれば走って来ており、アストラエンブレムの場合、重賞3着以内が3回の実績を持っていますので問題無い形。

マイルは[4-2-1-3]と好走しており、京都は[0-0-0-1]とシンザン記念4着でしたが、勝ち馬からコンマ1秒差の僅差にタイム1:34.2秒と上々の内容。

それ以降は、京都マイル他も走っていませんが十分に走れる地力があると考えています。

今回、6枠を引いたことである程度前にはつけると思います。そうなると2列目を追走しながら最後の直線では、スムーズに抜け出す進路は取れるはず。

近年は1800m以上を主戦としてきましたが適正があるのはマイル。マイルになると切れ味が鋭いですから、久々の条件変わりで、好走を期待したいですね。

◎アストラエンブレム
◯ヴァルディゼール
▲カリビアンゴールド
△プロディガルサン
×フロンティア
×ストロングタイタン
×サトノフェイバー
×キャプテンベリー

馬連◎=◯▲△3点
ワイド◎=××××4点

[common_content id=”9804″]

洛陽ステークス2020過去データ傾向分析

  • 単勝1番人気[6-2-0-2]
  • 単勝2番人気[2-1-2-5]
  • 単勝3番人気[1-1-4-4]
  • 単勝4~6番人気[0-3-0-27]
  • 単勝7~9番人気[0-2-2-26]
  • 単勝10~12番人気[0-1-1-24]
  • 単勝13番人気以下[1-0-0-25]

単勝1番人気の3着内率が80%と優秀。逆に単勝7番人気以下は[1-1-1-49]と苦戦傾向。

過去10年、上位3頭が揃って3着以外になったことは無く、荒れても紐荒れの結果ですから上位3頭は軽視出来ない存在です。

  • 4歳[4-2-5-22]
  • 5歳[4-4-2-12]
  • 6歳[1-1-2-23]
  • 7歳[1-1-2-23]
  • 8歳以上[0-1-0-22]

数字で言えば、5歳がトップで3着内率は45.5%。全体で見れば4歳5歳で8勝を挙げており、昨年こそ7歳馬によるワンツーでしたが、基本は4歳5歳が中心です。

逆に8歳以上は、苦戦となっており割引が必要です。ちなみに2014年2着に入ったサワノパンサーは、芝1400mオープンクラスで2着の実績がありました。

  • 関東馬[2-0-0-33]
  • 関西馬[8-10-10-79]

完全に関西馬が有利なレース。関東馬で2勝した馬には、重賞3着以内の実績(阪神JF3着・NZT2着)がありました。

近5年の特に重要なデータ傾向
  1. 4角10番手以下は馬券になっていない状態で、追い込み馬は割引が必要
  2. 前走別では、京都金杯・リゲルSが優秀。また京都金杯でコンマ6秒以上で敗退した馬は苦戦
  3. ディープインパクト産駒が非常に優秀で[2-1-2-4]
  4. 牝馬・セン馬[0-0-0-10]と苦戦
  5. 3着以内15頭中8頭が単勝3番人気以内で着順は不問
  6. 3着以内15頭中12頭が前走1600mに出走
  7. 前走4角8番手以下で大敗した馬の巻き返しが目立つ結果

クイーンカップ2020消去法データ推奨馬や最終予想

[getpost id=”10397″][getpost id=”10413″]

京都記念2020消去法データ推奨馬

[getpost id=”10346″]

フェブラリーS・京都牝馬S・ダイヤモンドS出走予定馬

[getpost id=”10143″][getpost id=”10368″][getpost id=”10390″]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。