ラジオ日本賞2020予想や過去データ傾向・前走好内容!今回も差す競馬がハマる

ラジオ日本賞2020予想や買い目・過去データ傾向を紹介します。

ラジオ日本賞過去10年の結果データ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析。最終予想を紹介します。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

ラジオ日本賞2020出走予定馬

ラジオ日本賞2020予想オッズ

1 ハヤヤッコ 1.6
2 レピアーウィット 6.2
3 ランフォザローゼス 6.8
4 レッドフレイ 12.8
5 ダノンテイオー 15.4
6 バレッティ 16.5
7 フィードバック 18.4
8 マイネルユキツバキ 36.3
9 メイプルブラザー 42.6
10 ローズプリンスダム 50.1
11 ロードアクシス 54.5
12 ラインカリーナ 57.0
13 バスカヴィル 59.4
14 サンデームーティエ 83.2
15 コンカラー 106.6
16 アッシェンプッテル 110.7

ラジオ日本賞2020過去データ傾向分析

単勝人気データ

単勝1番人気が[0-2-3-4]と勝ち星がなく、やや苦戦傾向も、単勝2番人気~4番人気で[7-2-5-13]と中心の存在。

単勝9番人気以下[0-0-0-40]と苦戦。

単勝オッズデータ

単勝5倍~6.9倍[4-1-2-4]と好走しており狙い目。

全体的には、単勝15倍~19.9倍も好走しており、単回収率も100%超え。

単勝30倍以上[0-0-0-44]と苦戦。

枠順データ

6枠7枠で6勝と中心の存在。ただ全体的にどこからでも勝ち負けが出来ている結果です。

8枠は、差し・追い込み馬が好走しており、7枠は先行馬が好走。

脚質データ

逃げ~追い込み馬まで好走。

特に逃げ馬の3着内率が高い中、当日単勝3番人気以内が好走。4番人気以下は[0-0-0-4]と苦戦。

上がり3F勝負になりやすく、勝ち馬8頭が上がり3F3位以内の結果です。

馬体重データ

馬体重460キロ以上が好走しており、539キロまでが中心の存在。

馬体重459キロ以内も好走はしていますが、勝ち星が無し。

年齢データ

7歳以上が[0-1-0-18]で苦戦。

3歳[3-3-3-30]と好走。3着以内9頭中全頭が、当日単勝6番人気以内。

5歳[5-1-4-9]とトップの成績。当日単勝7番人気以内までが好走しています。

騎手データ

調教師データ

生産者データ

前走人気データ

前走着順データ

前走レースデータ

ラジオ日本賞2020予想

フルゲートでこのクラス。さらにダート1800mですから、個人的には荒れる要素が満載ですので、高配当狙いで行きたいのですが、

このレースは、逃げ~追い込み馬まで馬券になっており、展開云々というよりは、地力勝負になりやすい結果かなと思っています。

近走は凡走していても、開催替わりで一発ありそうな馬や、先行力のある馬。このあたりを軸にして馬券を組み立てています。

◎本命・複勝

メイプルブラザー

先行勢がそこそこ揃ったことでミドルペースを想定。そうなれば、中団から競馬をすすめるメイプルブラザーの展開になりそうで。

とにかく7枠は絶好枠で、ここからスタートを切れれば、先に行きたい馬を行かせ、自身は外を通りながら、他馬を見れる位置取りは◎。

前走BSN賞は、単勝6番人気で4着に善戦。勝ち馬からコンマ3秒差なら勝ちに近い結果で、さらに上がり3F最速での競馬でしたから内容も高かったと思います。

今回、コーナーを4回通過するコースで、中山は[0-0-0-2]と苦戦。

それでも、前走内容やこれまでの内容、さらに脚質の並びからして、展開がハマる可能性は十分かなと。

期待したい1頭ですね。

◎メイプルブラザー
○ラインカリーナ
▲ダノンテイオー
△ランフォザローゼス
△レッドフレイ
×ロードアクシス
×レピアーウィット

馬連◎○=◎○▲△△××11点

[common_content id=”9807″] [common_content id=”14780″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました