ラジオNIKKEI賞2020の予想や過去データ・展開予測を紹介。過去の傾向から厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)や、展開を予測して予想を組み立てています。

春G1無料予想8戦6勝!さらに無料情報パーフェクト的中達成!

今週の重賞無料情報開放は「神戸新聞杯」です!

8月23日札幌記念回収率144%
8月23日小倉1R回収率203%
8月22日小倉3R回収率127%
8月22日新潟6R回収率210%

堅めの決着でしたが4戦4勝のパーフェクト的中はさすがです!

プラン情報も好調で◎重賞プラン「スターメーカー」情報

春G1無料3連複情報連チャン&3連単情報でさらに爆勝ち。桜花賞あたりからガチ凄い!完全夏荒れ対策モード発動してますね!実は七夕賞の無料3連複情報でもジナンボーは入れてませんでした! 

函館記念→113520円獲得!回収率11828%
七夕賞→667,980円獲得!回収率6958%

■無料情報・春G1シリーズ8戦6勝

◎安田記念5点+4点4800円
→6720円(回収率140%)
◎ダービー9点600円5400円
→14800円(回収率276%)
◎Vマイル13点400円5200円
→11840円(回収率228%)
◎天皇賞10点500円5000円
→67500円(回収率1350%)
◎皐月賞14点400円5600円
→36600円(回収率653%)
◎桜花賞14点400円5600円
→50360円(回収率899%)

たったのワンコインで天皇賞春67500円を獲得。

これと同じ予想が無料で手に入りますからマジで凄いんです。

そして、日曜無料情報は、神戸新聞杯です!

春G1シリーズで8戦6勝の無料情報

その実力を神戸新聞杯の無料情報で試して見てください!

秋競馬はココが確実です!

無料メルアド登録で即買い目が確認出来ます。

ラジオNIKKEI賞2020 過去データ傾向分析

枠順データ

2枠が非常に強い結果を出しており[2-3-3-9]勝率11.8%連対率29.4%3着内率47.1%。単勝1番人気が2枠に入った場合[1-2-1-0]と3着内率100%。単勝3番人気以内までもが[2-2-1-1]とかなり好走しています。

ただし、他枠がまったくダメなことでも無く、全体的には、どこからでも勝ち負けが出来ている結果です。

単勝人気データ

単勝1番人気が[2-3-1-4]連対率50%3着内率60%と、ハンデG3戦としてはまずまずの結果です。

単勝4番人気以下の関西馬が苦戦しており[0-1-3-42]。逆に関東馬は、単勝9番人気[0-2-1-5]と人気薄でも好走。

単勝16番人気までに1頭は好走しており、人気薄も侮れない結果。紐荒れか、大荒れかのどちらかになりやすいレース結果です。

単勝オッズデータ

3歳ハンデG3らしく単勝2.9倍以内が少なく、人気拮抗のレースになりやすい人気オッズ傾向です。

人気拮抗の中でも4.0倍~4.9倍が[4-1-1-1]3着内率85.7%とダントツの結果を出している点は注目したいデータ。

また、単勝49.9倍以内までの3着内率が10%を超えているのも注目すべき人気オッズだと思います。

逆に単勝50倍以上になると[0-0-1-26]と出番がほぼ無い結果と捉えるべきでしょうか。

脚質データ

逃げ馬に勝ち星が無いものの[0-1-3-7]と好走しており、ミドルペース以上で引っ張ったレースでの好走が目立っています。このあたりは、スパイラルカーブと、最後の坂道が関係していると思います。

バタバタになりながらでも、後ろに脚を使わせさえすれば、3着以内に入りやすいといった所でしょうか。

基本は先行~差しの9勝で抜け出す競馬か、ゴール150m手前の坂道で前を差し切る競馬がハマっている感じですね。

所属データ

斤量データ

実績を評価された斤量57キロ組が[0-0-0-5]と苦戦していますが、上位人気組がこの斤量で走っていたのは2頭のみですから、少し弱いデータかなと。

全体的には斤量54キロ、55キロが中心で8勝。56キロも勝鞍はありますが勝率11.1%ではやや不満の成績。

逆に軽ハンデ馬が有利かと思えばそうでもなく、52キロ以下は[0-0-0-21]と苦戦。

足立祐二
ハンデ重賞で斤量54キロが好走してるのは強いデータで、近4年連続で4頭が連対中。その4頭すべてが、それまでに単勝3番人気以内で連勝経験がありました。これはかなり強いデータですね(ニヤリ)

間隔データ

中2週以内は[0-0-0-9]と苦戦。

中5週~9週が[8-9-6-71]と好走しており中心の存在。

中10週以上もイマイチで[0-1-1-23]の結果。

性別データ

  • 牡馬・セン馬[10-9-10-104]
  • 牝馬[0-1-0-16]

牝馬が苦戦しており、過去10年で単勝3番人気以内は1頭もなし。

血統データ

サンデーサイレンス系が10勝とダントツの結果で、その中でもディープインパクト産駒が[4-1-1-8]と好成績。

逆にダイワメジャー産駒が[0-1-0-15]と苦戦。

足立祐二
ダイワメジャー産駒が苦戦していますが、福島コースを考えれば、マイル適正の強い種牡馬は苦戦すると見てもいいでしょうね。

馬体重データ

500キロ~519キロが苦戦している以外は、どこからでも勝ち負けが出来る感じ。

騎手データ

過去10年で3着以内1回以上の騎手

調教師データ

過去10年で3着以内1回以上の調教師

生産者データ

過去10年で3着以内1回以上の生産者

生月データ

前走距離データ

前走1600m以上なら、まずまず好走している結果も、同じ非根幹距離の2200mが苦戦しているが以外だなと。

前走1600m組の単勝6番人気以下が[0-1-5-25]。複勝回収率182%は、少し意識をしても良いデータかなと思います。

前走クラスデータ

前走G3組、リステッド組が[0-0-0-9]と苦戦。数字が一番良いのは、前走オープン特別組で[3-4-2-21]。

前走レースデータ

前走単勝人気データ

前走単勝10番人気以下の巻き返しも可能。

個人的におもろいなと思ったのは、前走単勝1番人気の3着内率が30%台ということ。「これでは、そりゃあ荒れるよな」といった感じ。本来なら前走G1大敗馬の巻き返しを狙うだけで良かったレースも、今年は該当馬無し。うん。今年は、むずいわ(笑)

前走場所データ

前走阪神組が[0-0-2-14]と苦戦。全体的に数字が良いのは東京組。

ラジオNIKKEI賞2020 予想オッズ

引用先:ネット競馬

【無料情報】過去5年、買い続けるだけで回収率144.2%の安定性

神戸新聞杯の予想はココの指数が良いに決まっています!

何がそんなに良いのか?
それは、上位6位までの馬が、

  • 1着に入る確率(単勝)約80%~90%
  • 3着以内に1頭が入る確率(複勝)約90%~100%
  • 3着以内に2頭が入る確率(ワイド)約70~80%

分かりやすく言えば、18頭立てのレースだろうと
わずか6頭で予想をすることが可能になります。

たとえば、過去5年の神戸新聞杯の指数は、

19年指数1→2→4位
18年指数2→3→5位
17年指数1→3→2位
16年指数1→5→3位
15年指数6→1→5位

上位6位までの3連複ボックスは5戦5勝で回収率は123.8%
上位5位までの3連複ボックスは5戦4勝で回収率144.2%

ただ単純に上位5位~6位を参考にするだけで、これだけのプラス収支です。

そして、無料指数は以下のように無料公開されます↓

堅い傾向の神戸新聞杯ですが、これまでの指数を見れば、人気薄が上位6位に入っていますので人気サイドの2頭が入ったとしても、回収率の底上げも見込めるのがここの指数です。

たとえば、NHKマイル9人気ラウダシオン指数6位推奨1着!9.10人気を指数5,6位に推奨してくると熱かったりします!

神戸新聞杯は、今年も無料公開との事!

他2会場24レースも無料公開ですから、激アツの無料指数で当たる馬券を堪能してください!

今週は確実にココです!まずは精度確認してみてください。

ラジオNIKKEI賞2020 登録馬

ラジオNIKKEI賞2020 予想

最終予想は、足立祐二が発行する無料メルマガで紹介します。

今週の予想記事は、

  • 水曜日:穴馬推奨・オレの勘
  • 木曜日:過去データ傾向推奨馬
  • 金曜日:展開予測
  • 土曜日:最終予想

夜21時の配信を予定しています。

ちなみに宝塚記念の◎本命予想は、クロノジェネシス1着でした。

無料メルマガの参考記事として、宝塚記念の水曜日から土曜日までに配信した予想記事を公開しますので、気に入って頂ければ、この機会にぜひ、無料メルマガに登録をして見てください。

宝塚記念2020「穴馬推奨・オレの勘」

チロルチョコを大人買いして
中学生っぽい子に「チッ」っとかって言われた

こんばんは。足立です。

ええ、はっきりと聞こえましたので
その子にニヤッと笑ってやりましたw

だって、ミルクチロルチョコ好きなんだもーん。

さあ、

今週は宝塚記念ということで
色々とこのメルマガで
予想を紹介していこうと思います。

ラインナップは、

  1. 木曜日:過去データ傾向からの推奨馬
  2. 金曜日:展開予測
  3. 土曜日:最終予想

夜21時から順次配信していきますので
チェックして見てください。

これまでこういった形をしてこなかったのですが
たまには「やって見よう!」ということで
やってみますw

一応、サイトでも予想や消去法データ推奨馬を
紹介していますが
最終予想は、この無料メルマガで公開します。

で、

宝塚記念の最終予想に先駆けて
今日は、穴馬を炙って見たいと思います。

題して「穴馬推奨・オレの勘」

過去10年、単勝13番人気以下が馬券になっておらず、

人気薄で3着以内に入ったのは
単勝8番人気~12番人気までの8頭。

そして、この人気薄が好走する時は、

  1. 単勝1番人気が2倍以下で2番人気との差が3倍以上
  2. 単勝3番人気以内が10倍以下で3強状態
  3. 単勝上位10倍以下が5頭以上の場合

この3種類にだいたいわかれます。

今年は(2)に該当しそうで、
その中でも個人的に
サートゥルナーリアは少し買いたくない存在。

あっ、これも勘ですw

そして、

スティッフェリオ
カデナ
トーセンカンビーナ
モズベッロ

このあたりが穴っぽいところ。

「穴馬推奨・オレの勘」

スティッフェリオ

当日単勝オッズになれば、スティッフェリオは
そこそこの人気になりそうですが狙える穴馬で。

血統背景は文句なく
父ステイゴールド産駒が好走している点。

前走天皇賞春2着に好走していますが
そもそもが中距離タイプで
非根幹距離も問題無し。

その前走天皇賞春組が6連対と
好走しているのもプラス。

阪神コースは芝2000mで2勝ですが
坂道のあるコースで勝鞍があるのは
プラス。

スティッフェリオは5枠6枠が非常に弱く、
[0-0-0-7]の成績。

その他は、ほぼどこからでも馬券になっており、

宝塚記念過去10年の枠順データなら

  • 単勝4番人気以下で1枠[1-0-3-8]
  • 単勝4番人気以下で8枠[3-0-1-10]

この枠に入れば、勝ち負けすら狙えてしまう。

穴馬の最大の条件としては、
G2中距離で連対以上の実績が必要で
それが無いと穴馬でも好走しにくいのが現状の結果。

この点を踏まえても
スティッフェリオは十分に狙うべき穴馬の存在です。

まあ、でも、
前走天皇賞春で2着に好走したのは
余計でしたね(苦笑)

ということで、本日はここまでです。

また、明日の夜9時にメールしますね。

それでは!

足立祐二

@トーセンカンビーナも匂います・・・オレの勘w

宝塚記念2020過去データ傾向推奨馬

こんばんは。足立です。

昨日は、「穴馬推奨・オレの勘」ということで
スティッフェリオを紹介しました。

けっこう、色々と感想や意見を頂いていて
意外とウケが良いのでこの続きもやってみます(笑)

今日は木曜日ですから
過去データ傾向からの推奨馬を紹介します。

明日以降は

  • 金曜日:展開予測
  • 土曜日:最終予想

という感じで紹介しますね。

本日と同じく夜の9時ごろの配信です。

それでは、過去データ傾向からの推奨馬を
紹介していきます。

昨日のメルマガでは、

「穴馬の最大の条件としては、
G2中距離で連対以上の実績が必要で
それが無いと穴馬でも好走しにくいのが現状の結果。」

とお伝えしました。

これをもう少し詳しくお話をすると、

  • 2018年1着ミッキースワロー7番人気
  • 3着ノーブルマーズ12番人気
  • 2016年1着マリアライト8番人気
  • 2015年2着デニムアンドルビー10番人気
  • 3着ショウナンパンドラ11番人気
  • 2014年2着カレンミロティック9番人気
  • 3着ヴィルシーナ8番人気
  • 2010年1着ナカヤマフェスタ8番人気

以上8頭。

そして、

ミッキースワロー
→日経新春杯1着

ノーブルマーズ
→目黒記念2着

マリアライト
→エリザベス女王杯1着

デニムアンドルビー
→ローズS1着

ショウナンパンドラ
→秋華賞1着

カレンミロティック
→金鯱賞1着

ヴィルシーナ
→エリザベス女王杯2着

ナカヤマフェスタ
→セントライト記念1着

見て頂くと、
G2以上で連対以上の結果を出しており、

穴馬でも
中距離G2以上の連対が無い場合は、
買いづらい穴馬になります。

ここまでが
昨日の「穴馬推奨・オレの勘」の
詳細説明になります。

で、

ここから、基本であるG2以上で連対以上の
経験を持っている馬をピックアップすると、

トーセンカンビーナ
ペルシアンナイト
グローリーヴェイズ
サートゥルナーリア
ワグネリアン
レッドジェニアル
アドマイヤアルバ
メイショウテンゲン
ラッキーライラック
モズベッロ
ダンビュライト
スティッフェリオ
クロノジェネシス
カデナ
ブラストワンピース

以上の15頭。

簡単に言えば、この15頭から
勝ち馬が出る可能性が高い。

さらにここから個人的主観による
過去データ傾向を参考にすると、

  1. 5歳馬[6-5-5-32]3着内率33.3%単複回収率117.1%
  2. ノーザンファーム生産馬で5歳馬[5-3-3-16]
  3. 4歳皐月賞馬[2-1-0-0]
  4. 単勝1番人気の4歳は[1-2-1-0]と3着内率100%
  5. 単勝2.9倍以下の4歳馬[1-2-1-0]と3着内率100%
  6. 先行馬[6-4-3-26]
  7. 栗東所属馬で単勝3番人気以内[4-4-4-12]3着内率50%
  8. ステイゴールド産駒[4-0-0-12]
  9. 単勝4番人気以下のディープインパクト産駒[1-2-3-13]

この過去データが強いかなと。

他にもややこい過去データはありますが
絡み2つ以内のデータは以上になります。

ここから、個人的な勘と
過去データから推奨馬を挙げると
以下の6頭です。

トーセンカンビーナ
グローリーヴェイズ
サートゥルナーリア
ラッキーライラック
スティッフェリオ
ブラストワンピース

この6頭から
枠順と脚質の並びを見て
展開を予測しての最終予想は
土曜日の夜に公開。

そして、明日金曜日は、
非常に大事な展開予測を紹介します。

ということで、

過去データ推奨馬はいかがでしたか?

個人的には、
サートゥルナーリアも
ラッキーライラックも

1着は無いと思っていますので、
その他馬を本命にしたいなと思っているんですが

最後に少しだけ、
アンケートを取らせてもらおうかなと。

今回の過去データ推奨馬の記事が良かったよ!という方は

「良かったよ!」にクリックしてください。

良かったよ!→http://em-tr270.com/L92525/b1/11521
(私のサイトに飛びます)

ええ、完全に一択なんで、
良くなかった方は、スルーしておいてくださいw

ということで、
本日は以上になります。

また、明日の同じ時間にメールしますね。

いつもありがとうございます。

足立祐二

宝塚記念最終予想と厳選単複推奨馬4鞍

こんばんは!

足立です。

まずはじめに

■厳選単複推奨馬

複勝

阪神4R13番ヴェルテックス

函館4R8番アイルビーメジャー

函館6R13番タイセイメガロス

函館11R13番ダンツゴウユウ

詳細説明は、割愛します。

■宝塚記念2020最終予想

明日、日曜日は宝塚記念ということで

本日の内容は、

宝塚記念2020最終予想を紹介します。

これまで色々と
紹介してきた宝塚記念の穴馬や展開、
過去データ推奨馬ですが、

結局のところ、

「時計のかかるコースで
最大のパフォーマンスが出来る先行馬はどいつだ?」

ということで。

関西は、今夜未明から雨が振り
明け方にピークを迎え、
午後15時ごろには、雨は完全に止まっている予報。

このあたりから考えても
差し馬が馬券になるのは3着までが
良いところで

結局は、先行抜け出しで
バタバタになりながらでも
抜け出す競馬が有利になるのかなと。

そして肝心の本命は◎クロノジェネシス。

かなり悩んでいた1頭で
当初の予定では、連下止まりでしたが
8枠に入ったことで

スムーズに好位先行が取れ、
他馬が苦しむ最後の坂道さえも味方につけれそうかなと。

そう思わせてくれたレースが秋華賞で、
放牧明け初戦の馬体重20キロ増で1着。

これにはさすがにビビったと言うか
「これで勝つんだ」
といった印象が強く、

さらに4角5番手から抜け出して
2着馬に2馬身つけての優勝。

結局、その2着馬カレンブーケドールのその後は、
ジャパンカップ2着、
京都記念2着と
古馬混合重賞で好走をしています。

そして、一番の衝撃だった京都記念。

このレースも2着馬にカレンブーケドールでしたが、
こちらも休養明け初戦で
重馬場を先行して優勝。

上がり3F35.8の最速での優勝ですから
タフなコースは本当に強いなと。

で、クロノジェネシスは、
タイプ的に瞬発力勝負型でもなく、
息の長い脚を使うタイプでもない、

言って見れば、

何でもこなせるタイプの馬で
そのレースに合わせた脚質、上がりを使える
むちゃくちゃ器用な馬です。

あえて、どちらのタイプなのかを
決めるとすれば、
息の長い切れ味型。

そんな器用な馬が
7枠を引き、
6枠のラッキーライラックを見ながら、
競馬が出来るのはプラス材料で、

スタートさえ五分で
行けるなら2番手を追走しながら、

最後の直線では、
2着馬を引き離すレースになっていると思います。

この馬、相当に強い馬ですよ。

◎クロノジェネシス
○サートゥルナーリア
▲スティッフェリオ
1△ブラストワンピース
2△ラッキーライラック
×トーセンカンビーナ
×グローリーヴェイズ

馬連◎=○▲△△××6点

対抗○サートゥルナーリアは瞬発力勝負型では無く

息の長い切れ味型で
今回の条件は得意なはず。

ただし、強い勝ち方や
好走をする時もあれば
コロッと負ける時もあり
安定感と言う部分では
クロノジェネシスより下かなと。

で、

本来であれば、

◎=○▲1△の馬連3点が本線で
残りは、3連系での印。

このあたりは、参考程度にお願いしますね。

最後にラッキーライラックについてですが、

どちらかと言えば瞬発力勝負型で
今回のレースには向いていないと思っています。

ただ、稀に「そんなことを度返しした強さを見せる馬」ってのがいます。

これまでのラッキーライラックの戦績を見れば、
ここまで成長をし、古馬G1を取るとは思っていなかったのが
率直な感想で、

それがここに来てこの強さですから
稀に見る絶対的軸馬の可能性もあります。

まあ、それでも自分の予想を信じて
切っても良かったのですが・・・・。

ということで
宝塚記念の予想はこれでお終いです。

とにかく、宝塚記念を楽しみたいですね。

それでは、また、メールします。

いつもありがとうございます。

足立祐二

関連キーワード
おすすめの記事