レディスプレリュード2020予想や過去データ傾向・地力勝負なら連勝に期待出来る1頭

レディスプレリュード2020予想や過去データ傾向を紹介します。2020年10月8日第11回大井競馬第4日第17回レディスプレリュードJpnII3上牝馬選定馬重賞・ダート1800m

2年前のレディスプレリュード優勝馬プリンシアコメータや、距離短縮に得意の大井コースで巻き返しを狙うマドラスチェックが上位人気になりそうな1戦。

過去9年を見ても、JRA組が9勝と圧勝しており、今年もこの2頭の取り捨てが的中の鍵になるかなと思います。

レディスプレリュード2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 レガロデルソル 牝5 55 西啓太
1 2 サラーブ 牝5 55 御神本訓史
2 3 アンバラージュ 牝4 55 山口勲
2 4 シネマソングス 牝5 55 池添謙一
3 5 チェリーシャクナゲ 牝6 55 的場文男
3 6 サンルイビル 牝5 55 藤本現暉
4 7 クオリティスタート 牝6 55 桑村真明
4 8 ナンヨーオボロヅキ 牝4 55 有年淳
5 9 マルカンセンサー 牝5 55 笹川翼
5 10 マルシュロレーヌ 牝4 55 川田将雅
6 11 アッキー 牝7 55 張田昂
6 12 マドラスチェック 牝4 55 森泰斗
7 13 プリンシアコメータ 牝7 56 岩田康誠
7 14 ゼットパッション 牝4 55 山崎誠士
8 15 レーヌブランシュ 牝3 54 松山弘平
8 16 ナムラメルシー 牝6 55 矢野貴之

レディスプレリュード2020過去データ傾向

過去9年のデータを分析しています。

単勝人気データ

単勝1番人気[4-3-0-2]と好走しており、すべてJRA組となっており、栗東3勝、美浦1勝。

単勝2番人気も好走しており[3-2-1-3]。単勝1番2番人気で[7-5-1-5]と上位2頭が中心の存在です。

全体的には、単勝13番人気が穴をあけるなど、紐荒れの年もありますが、勝ち馬は単勝4番人気まで。3着以内は単勝9番人気以内までが目安かなと思います。

枠順データ

3枠[1-4-1-9]と3着内率40%でトップ。

全体的には、6枠~8枠で6勝を挙げており、外枠有利なコースバイアスとなっています。

1枠4枠[0-0-2-23]と苦戦。

脚質データ

先行馬が6勝と好走しており中心の存在。

追い込み馬が苦戦しており[0-0-2-25]。

全体的には、4角通過3番、4番手が[5-7-0-5]と好走しており、全体的に見ても8番手以内通過が好走。ある程度前の位置取りは必要になってくる結果です。

騎手データ

好走騎手は、岩田康騎手[3-1-0-3]。

苦戦騎手は、森泰騎手[0-0-0-6]、御神訓騎手[0-0-0-4]、 矢野貴騎手[0-0-0-4]。

[common_content id=”17032″]

調教師データ

所属データ

過去9年すべてJRA組が優勝しており、27頭中23頭が3着以内の結果。その中でも栗東[7-5-5-13]と好走しており中心の存在。

地方勢は、大井、園田、笠松、北海道にそれぞれ1頭が3着以内。

年齢データ

5歳が5勝6連対と好走しており中心の存在。7歳[0-0-0-9]と苦戦。

種牡馬データ

前走レースデータ

前走ブリーダーズゴールドカップ組が好走しており[2-1-1-1]勝率40%、連対率60%、3着内率80%。ブリーダーズGCで単勝2番人気以内なら[2-0-0-0]と勝率100%の結果。レーヌブランシュとプリンシアコメータは要チェックでしょうか。

前走ビューチフルドリーマーカップ組の出走頭数が多いわりに[0-0-0-15]と苦戦。

秋桜賞組は[0-1-1-15]とまずまずの成績で、1着だった場合[0-1-1-4]と勝鞍は無いものの好走しています。

今年に限って言えば、前走ブリーダーズGC、秋桜賞組が中心になるかなと思います。

レディスプレリュード2020過去データ傾向まとめ

単勝1番人気[4-3-0-2]好走

単勝1番2番人気で[7-5-1-5]と上位2頭が中心

勝ち馬は単勝4番人気まで

3着以内は単勝9番人気以内までが目安

3枠[1-4-1-9]と3着内率40%でトップ

6枠~8枠で6勝を挙げており外枠有利

1枠4枠[0-0-2-23]と苦戦

先行馬が6勝と好走

追い込み馬が苦戦[0-0-2-25]

4角通過3番、4番手が[5-7-0-5]と好走

岩田康騎手[3-1-0-3]好走

森泰騎手[0-0-0-6]苦戦

御神訓騎手[0-0-0-4]苦戦

矢野貴騎手[0-0-0-4]苦戦

過去9年すべてJRA組が優勝

3着以内27頭中23頭がJRA組

5歳が5勝6連対と好走

7歳[0-0-0-9]と苦戦

前走ブリーダーズGC、秋桜賞組が中心

レディスプレリュード2020予想

当日の馬場状態で展開がガラッと変わる可能性があり、なかなか難しい予想になります。

全体的には先行馬がそこそこ揃ったことに加え、大井ダート1800mなら逃げるであろうマドラスチェックが楽にハナを取れば、あとは先行勢がそれにつづき、やや縦長の展開に。

人気上位のプリンシアコメータは、ダッシュ力がイマイチですが、7枠に入ったことや当日の馬場状態が稍重以上であれば、好位先団が取れるかなと。

逃げたマドラスチェックはそこまでペースを落とすこともなく、淡々としたミドルペースでの競馬。足抜きの良さが加われば、先行勢から厳しいマークも入りそうで。

最終的には、前も後ろも同じ脚色になり、地力勝負の競馬になると予測しています。

◎本命・複勝

プリンシアコメータ

7歳馬ということで、過去データ的には買いづらい1頭ですが、それでも近走内容や過去実績、地力などを考慮すれば、ここは勝ち負け出来る1頭かなと。

前走門別ブリーダーズGCは単勝2番人気で1着。逃げるマドラスチェックのあとを追走しながら、最後の直線で交わし優勝。

軽い馬場から重たい馬場までオールラウンドで走れる脚質は地力の高さが伺え、特に前走はそれが光ったレースだったと思います。

ただし、ダッシュ力の無い同馬ですから、スタートしてからの他馬の出方次第では、好位が取れないレースがあり、不安材料のひとつにはなりますが、

今年のメンバーで脚質を考慮すれば、7枠スタートなら、押してでも好位が取れるかなと。

当日の馬場状態が稍重以上であれば、切れ味勝負になる可能性も、足抜きの良さは全馬同じで、ペースも速くなり、最後の直線が長い大井ですから、結局はスタミナ勝負、地力勝負なる。

そのあたりをすべて考慮すれば、プリンシアコメータは、期待出来る1頭だと思います。

◎プリンシアコメータ
○マドラスチェック
▲マルシュロレーヌ
△レーヌブランシュ
△シネマソングス
×マルカンセンサー

馬連◎=○▲△△×5点

[common_content id=”9807″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました