予想データ解析

【中山11RレインボーS2018予想注目馬】中心は3歳ではなく4歳の再上がり馬

9月15日(土)中山11Rレインボーステークス2018の予想注目馬と推奨馬を紹介します。この時期の1600万クラスになると何が勝ってもおかしくない馬が揃いますね。降級初戦を終えた馬の2戦目の馬や、自己条件上がりの馬。各陣営の本気度も見抜いていかないといけない時期とクラスです。


レインボーステークス2018 登録馬

アウトライアーズ57.0
アッフィラート 55.0
エリモジパング 57.0
ギブアンドテイク57.0
サトノグラン 57.0
シャルドネゴールド54.0
ショウナンマルシェ57.0
デルマサリーチャン55.0
トレクァルティスタ57.0
ドレッドノータス57.0
レッドローゼス57.0
ワールドレーヴ57.0

レインボーステークス2018 予想オッズ

シャルドネゴールド1.9
レッドローゼス 3.7
ドレッドノータス5.6
アウトライアーズ5.8
サトノグラン11.0
アッフィラート28.9
ギブアンドテイク30.8
トレクァルティスタ58.2
ワールドレーヴ 81.4
ショウナンマルシェ85.2
エリモジパング 89.4
デルマサリーチャン261.7

ローズSやセントライト記念の注目馬

あわせて読みたい
【セントライト記念2018注目馬】なんか腹立つけど強いわレイエンダセントライト記念2018の予想注目馬レイエンダの分析や評価を中心とした記事になります。個人的にこういった遅咲きの素質馬が参戦するレースは...
あわせて読みたい
【ローズS2018予想注目馬】オークス組の再戦馬と自己条件馬の刺客!ローズステークス2018の予想注目馬や登録馬、予想オッズに推奨馬などを中心とした記事になります。今年もオークス組の参戦と夏の上がり馬の参...

レインボーステークス2018 展望&コース解析

この時期の1600万下クラスになると、本気で次を目指している陣営と、そうではない陣営を見抜くのも予想のロジックとして取り入れておかないといけないかなと。1着を狙う陣営に限定すると、例えば、過去10年の1着馬の年齢が、[4歳6勝][5歳2勝][6歳1勝][7歳1勝]と年齢が上がるほど、勝率が下がる傾向にありますが、これが2着、3着になると、

1着[4歳6勝][5歳2勝][6歳1勝][7歳1勝]

2着[4歳4回][5歳4回][6歳2回][7歳0回]

3着[4歳2回][5歳4回][6歳2回][7歳1回]

2着、3着になると数字が上がっているのがわかると思います。年齢と共に力の衰えはあると思いますが、それにしても数字がハッキリと出すぎていると思うんですよね。

単勝で狙うなら、4、5歳が中心で、複勝になると4歳5歳6歳まで広げないといけない。逆に「2着3着には何が来てもおかしくないよ」というのは容易に想像がついたと思います。これはあくまでもサイトの中の人の考えですので『アレ』なんですが、複勝で狙うなら、4歳勢から予想を立てていくのがベストかなと思っています。

1600万クラスでおこなわれる中山2000m芝は、逃げ、先行馬が有利で、差し馬は最悪でも4角8番手以内につけていないと厳しいコースです。追い込み馬の一気強襲は決まりにくく、狙いにくい脚質です。野芝開催ですから、スタミナやタフさに加えて、スピードのある馬が活躍します。とくに3コーナーから速くなりだす仕掛けポイントでは、そのスピードの差が明暗を分けるポイントで、ここでギアを上げきれない馬は脱落していきます。

今回のメンバーの脚質を見る限りではハナを主張する馬が見当たらず、先行でも押し出されるようにハナに立つようなテンの入りならスローペースが濃厚かなと。よほどの逃げ覚醒馬が現れない限り、スローペース。そうなると先行して脚の切れる馬が中心かなと考えています。

スポンサーリンク

レインボステークス2018  注目馬

シャルドネゴールド

まず始めに斤量54キロがプラス材料。この上ないプラス。過去10年、3歳馬の3着内率が『0』であっても軽視が出来ない。中山2000m芝は2歳葉牡丹賞で2分1秒4の2着。1600万でも十分に勝負になるタイムで、相手なりに走っていたことを考えれば、1600万下のここはあっさりと勝ってもおかしくない存在。

レッドローゼス

これまでの中山2000m芝の走破タイムを見る限りでは、1600万クラス卒業していてもおかしくないタイムです。詰めが甘いのでしょうか?なかなか勝ちきれないでいますが、血統背景的に、そろそろ開花してもいいころでは?と密かに思っています。今年に入って2000mを4戦していますが[2-1-1-0]と3着内率100%となっています。また7月~9月の成績が[1-2-2-0]とこちらも3着内率100%で、9月中山開催での成績は2戦3着内率100%とこちらも抜群に良い数字です。軸馬としては魅力的な1頭ですね。

アウトライアーズ

試金石の1戦だった前走松島特別を上がり最速で1着。稍重でのレースで、タイム比較が出来にくいですが、重賞クラスで走ってきた分、ここでは力が1枚上だったということでしょうか。もともと中山でも1着があるように、このコースじたいは得意なコース。良馬場でも十分にやれる素質は秘めていると思います。2000m以上でこその馬かなと。

その他

ギブアンドテイクとサトノグランの2頭。いきなり確変に入るような馬で好走データが掴みにくい馬ですが、今年に入ってから2頭共に調子がよく、スピードが要する馬場なら出番があってもいいかなと思える2頭ですね。

スポンサーリンク

ランキングアップへのお願い

現在、最強競馬ブログランキングと人気競馬ブログランキングに参加しており、推奨馬や予想馬をご覧いただく場合は下記の各ランキングをクリックしていただくと推奨馬や予想馬が確認出来るようになっています。馬名は各ランキングのサイトタイトル近くに掲載しています。

競馬人気ブログランキングへ

最強競馬ブログランキングへ

また、1日1回の応援クリックもお願いしております。ランキングが上がると記事を更新する際の励みになります。

よろしくお願い致します。