リリーカップ2019予想!過去データやコースバイアスで有利な馬は?

2019年8月29日第10回門別競馬第6日リリーカップ2019予想(ラブリーデイ賞)ダ1,200m(外) の予想を中心に過去データ傾向分析やコースバイアスなどを紹介していきます。

門別1200mはワンターンですから、行ったもん勝ちに見えそうなコースっぽいですが、意外と逃げ馬の勝率は20%台と低め。

リリーカップの過去5年の成績を確認しても、4角2番以下が馬券になりやすく、逃げ馬は良くて3着。2015年のような4角1番手3頭が横一戦で馬券になったこともありますが、それは特異なレース。

基本は先行~差しを狙うのがベスト。

とりあえずは、過去データを見ながら予想に入っていきます。



馬券が買える!レースが観れる!
地方競馬を楽しむならオッズパーク

リリーカップ2019予想(ラブリーデイ賞)過去データ傾向分析

過去5年のデータを参考にしています。

  1. 単勝1番人気[1-0-1-3]
  2. 単勝2番人気[0-2-2-1]
  3. 単勝3番人気[1-0-1-3]
  4. 中枠から外枠が有利もそこまで神経質になることもないかなと
  5. 馬連、馬単は単勝6番人気までが一応の目安
  6. 4角2番手以下~6番手以内が狙い目
  7. 馬体重426キロ以上が優秀
  8. 角川厩舎がエグいくらいの好走率
  9. 前走フルールカップ単勝4番人気以内で5着以内
  10. 前走OP単勝1番人気で2着以内

特に重要なデータから説明しますね。前走フルールカップ組みが非常に優秀で、中でも単勝4番人気以内で5着以内が好走しています。特に単勝3番人気以内で2着以内まで絞り込むとさらに3着内率が上がっています。

前走フルールカップ組み以外なら、前走OP組みで、単勝1番人気で2着以内であれば戦えるデータとなっています。

で、面白いのが、前走フルールカップ組みの4角の通過順位。リリーカップの場合は逃げ馬が苦戦していますが、前走フルールカップ組みで単勝4番人気以内で5着以内だった馬の大半が逃げ馬でした。

このあたりも予想のポイントになると思います。

単勝上位組みが不振で、1番人気は[1-0-1-3]。着外になった3頭の特徴としては、前走から乗り変わり騎手や、差し馬といった特徴がありました。

最後に角川厩舎の好走が目立つ点。

これは、出走数が多いのもありますが、それにしても、4年連続は凄すぎです。

予想の入り方としては、前走フルールカップ組みから

  1. 当日単勝6番人気以内
  2. 単勝4番人気以内で5着以内
  3. 馬体重426キロ以上
  4. 前走4角1番手
  5. 角川厩舎

また、前走OP単勝1番人気で2着以内も合わせて該当馬を絞ると

テーオーブルベリー
コーラルツッキー
エンジェルパイロ

以上の3頭がデータ推奨馬になります。



《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
新聞掲載と同じ出走表などコンテンツ満載

リリーカップ2019予想(ラブリーデイ賞)

過去5年、すべてのレースが稍重でおこなわれ、今年も稍重以上で開催されそうですから、展開予測が難しいですね。

予想の中心は、データ推奨馬で挙げた3頭。

それぞれが逃げ、先行、差しと綺麗に脚質が別れましたので、この3頭すべてが3着以内に入るとは考えにくいかなと。

フルールカップ1着コーラルツッキーが1:00.4で優秀なタイム。ただ、タイムだけで見てしまうと、コーラルツッキーと同等のタイムを出した馬やそれ以上の馬がリリーカップであっさりと負けていますので、ここを物差しにするは危険。

リリーカップ2019の脚質の並びを見ると、逃げ馬が揃っていますので超ハイペースの予測。

そうなると、差し馬が馬券になりやすくなるのは想定出来る範囲。ただ、買えそうな差し馬がいないのも本音で、意外と2015年のような4角で数頭が逃げる展開になる可能性もあります。

4角では横一戦で3頭以上が直線に向くかなと。

あとは、最後の追い比べですから、3角出口で2、3番手を追走していそうな先行馬を狙います。

本命◎

エンジェルパイロ

前走2歳オープンのタイムが優秀で、すでに1200mで1:13:1は、当確級のレベル。

今回、外枠に入ったことで、無理にハナにいくことは無いと思いますので、逆に展開が合いそうで、一番買いたい馬。

6枠7枠の3頭が差し馬ですから、スタートしてスッと前にいって4番手以内を追走。3角出口で先団に取りつき、最後は押し切るかなと。

個人的にコーラルツッキーはかなり危ない人気馬かなと思っていますので、ここは、エンジェルパイロに期待したいですね。

対抗◯

バブルガムダンサー

本来なら、このバブルガムダンサーを本命にしたかったのですが、前走函館2歳Sに出走して大敗。

大敗はまだしも、JRAの芝重賞に出走ですから、なにかとチグハグな競馬にならないかなという不安での対抗。

2走前の栄冠賞2歳オープンは先行して1着。タイムこそ平凡も確実にタイムを伸ばし、先行して前を捉えた競馬は、このフルールカップで活きるかなと。

体調面が心配ですが、中枠を引けましたので期待したいですね。

タイトルとURLをコピーしました