ローレル賞2019の予想や展開予測を紹介します。(11月19日火曜/川崎競馬/第19回ローレル賞東京2歳優駿牝馬TRオープン/ダート1600m)

足立です。ツイッターで南関競馬全レース軸馬予想を公開しています⇒@足立

川崎1600mは、逃げ先行馬が有利なコースですがローレル賞に限れば、逃げ馬が馬券になるのは難しいコース。

過去5年を見ても逃げ[1-0-1-3]という結果。

今年は、特に逃げ馬が揃いましたからハナ争いは激化する可能性がありますので狙うのは先行勢かなと。

人気の中心は、ブロンディーヴァ。

道営デビューをして2戦後に将来を見据えての南関へ移籍。前走では1600m戦で圧勝して距離のメドも立ちましたからここは人気不動でしょうか。

ローレル賞予想のポイントは展開と好位差しが出来るのはどの馬科?このあたりかなと。

今年も過去データを参考にしながら脚質の並びから展開を予測して、一番有利にレースを運べそうな馬に本命◎を打ちたいと思います。

8月は土日毎週どちらか的中!好調の無料情報
やりました!支笏湖特別で無料情報がまた当たり
━━━━━━━━━━
◎8月30日(日)支笏湖特別
3連複1-2-6/28.2倍
1点500円/5000円投資
1万4100円獲得
回収率282%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

◆高配当連発の無料情報
8/23小倉8R:316.4倍
→回収率1758%
8/16札幌6R:40.3倍
→回収率1008%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

■これまでの無料情報的中・回収率
8/23小倉08R 1758%
8/15新潟04R 353%
8/16札幌06R 1008%
8/08札幌03R 713%
8/01札幌09R 335%
7/26新潟09R 183%
7/25新潟08R 515%
7/19新潟09R 822%
7/05函館10R 628%
6/28東京06R 1160%
6/27阪神10R 123%
6/21東京06R 302%
6/20阪神05R 868%
6/13函館07R 1267%
6/06阪神06R 680%
5/30東京08R 333%
5/31東京04R 138%

今週の無料情報は【オールカマー】です!

ここの無料予想は本当に良く当たります。

8月は毎週土日のどちらかは的中。5月からの無料情報の回収率平均が500%を越えていますので、レース選定や軸馬選定、穴馬選定までが上手いのは確かです。

もちろん「競馬に絶対的中する!」といった予想は無いのですが、その絶対に限りなく近づいていると感じる買い目になっていますので、無料情報が公開されると、本当に心踊るというか、小躍りするというか。

良く当たる無料情報。試す価値は十分にあります。

無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。


ローレル賞2019枠順

枠番 馬番 馬名 [コンピ指数] 性齢 斤量 騎手
1 1 プリモジョーカー 牝2 54 阿部龍
 △ 2 2 トキノカナエル 牝2 54 町田直希
 △ 3 3 ハセノワールド 牝2 54 張田昂
3 4 スティローザ 牝2 54 吉原寛人
 ◎ 4 5 ルイドフィーネ 牝2 54 笹川翼
 × 4 6 バブルガムダンサー 牝2 54 森泰斗
5 7 ミナミン 牝2 54 赤岡修次
 × 5 8 ノラ 牝2 54 左海誠二
6 9 クレセントアーチ 牝2 54 和田譲治
 ◯ 6 10 ブロンディーヴァ 牝2 54 御神本訓史
 ▲ 7 11 アートムーブメント 牝2 54 本田正重
7 12 サブノアカゾナエ 牝2 54 山崎誠士
8 13 トキノノゾミ 牝2 54 酒井忍
8 14 マッドシティ 牝2 54 本橋孝太

展開予測

逃げ馬が数頭いる中、逃げ宣言をしているプリモジョーカーが枠順の利を活かし逃げる構え。

ただし、隣枠にトキノカナエルや、強力な逃げ馬5枠ノラがいるため、テンの入りはこの3頭でやり合う可能性も。

ペースは完全にハイペース。

この3頭を尻目に余裕で好位をキープするのが内枠先行勢、ハセノワールドやスティローザ、リドフィーネあたり。

スタート次第では、ブロンディーヴァも先団に行くも、自在性を活かした形を取るかなと。

差し馬勢には、トキノノゾミやマッドシティあたりが虎視眈々と前を伺う形。

馬群は縦長の展開になり、ペースが速くなる3角手前からペースについていける馬とついていけない馬に別れそのまま最後の直線へ。

逃げ先行馬が粘る中、好位追走馬が差し迫るところでゴール。

前が残るか好位差しが決まるかは、プリモジョーカー、トキノカナエル、ノラ3頭のペースに委ねられるようなレースになると思います。

狙いは、4角通過3番手~5番手以内の好位差し。

[ad]

ローレル賞2019予想

心の本命は、ノラとトキノカナエルですが逃げてどこまでいけるのかが不安かなと。この2頭の単勝合算で250%を越えるなら「あり」なんですけどね。

ノラかトキノカナエルがスムーズに逃げを取れるのであれば、この2頭ですが、やりあっての逃げは最後まで脚が残っているかは疑問。

むちゃくちゃ買いたいですが今回は、様子見。

ハイペースで競馬が進む中、最後は好位差し馬の出番で、その中でもペースが速くなる3角通過あたりからしっかりとそのペースについていけそうな好位差し馬を狙いたいですね。

◎本命:複勝

ルイドフィーネ

キャリア1戦の身でありながら前走小町特別2歳選定牝馬の内容が良く、枠順も今回に限れば最高の枠に入ったかなと。

ブロンディーヴァを中心に力関係や展開などを考慮すれば、前走小町特別2歳選定牝馬2着がここでも通用しそうで、その先行力はデビューして2戦目とは思えない走りでした。

休養明け初戦だった前走を叩いた上積みも見込め、さらに今回はインの好位を追走出来る強みもあり、ブロンディーヴァより前で競馬をしながら、最後の直線では、逃げ先行馬が離脱するのを横目に順番が回って来るような競馬になるかなと

理想は、4角4番手~5番手を走り、最後はブロンディーヴァに交わされるかどうかの1着2着。

そんなイメージですね。

[ad]
おすすめの記事