六甲ステークス2020予想や過去データ/重馬場以上でも外差しが豪快に決まるサトノアーサー

六甲ステークス2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年3月29日阪神競馬4歳以上オープンリステッド/芝1600m)

予想の入り方としては、前走重賞組以外からの参戦組。これが中心になってきます。

また、阪神芝1600m外回りコースということもあり、上がり3F勝負になりやすいですが、馬場状態を考慮すれば、スパッと切れる脚質よりも、最後まで伸びる競馬が得意な馬を狙うのも予想のポイントになってきます。

今年の人気中心は、サトノアーサーにウーリリといったところ。

2頭共に前走で善戦をしていますので、この2頭のどちらか3着以内は、堅いかなと考えています。

それでは予想です。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

六甲ステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

六甲ステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 キャプテンペリー セ7 56.0 国分恭 [美]岩戸孝
2 2 ウーリリ 牡4 56.0 吉田隼 [栗]友道康
3 3 ランスオブプラーナ 牡4 57.0 太宰啓 [栗]本田優
4 4 (外)スウィングビート 牡5 56.0 西村淳 [美]加藤征
4 5 キョウヘイ 牡6 56.0 高倉稜 [栗]宮本博
5 6 プラチナムバレット 牡6 56.0 斎藤新 [栗]河内洋
5 7 クライムメジャー 牡6 56.0 団野大 [栗]渡辺薫
6 8 カヴァル 牡5 56.0 荻野極 [美]勢司和
6 9 エントシャイデン 牡5 56.0 川又賢 [栗]矢作芳
7 10 サトノアーサー 牡6 57.0 坂井瑠 [栗]池江泰
7 11 アイスストーム 牡5 56.0 浜中俊 [栗]吉村圭
8 12 サトノフェイバー 牡5 56.0 岩田望 [栗]南井克
8 13 タイムトリップ 牡6 56.0 藤井勘 [美]菊川正

六甲ステークス2020予想

メンバー的にスローペースは濃厚のようなレースを予測しており、そうなれば上がり3F勝負になることは間違いなく、このまま雨が降り、稍重から重以上になれば、スパッと切れる脚よりナタのような切れ味が好走してくるかなと。

また、逃げるのはサトノフェイバーと仮定し、スローペースを単騎の競馬になれば残り目も十分ある形。

このレースから重賞戦線で活躍する馬を多く輩出していますので、やはり、1600万やオープン特別で距離実績やコース実績の馬を中心に狙っていくのがベストだと考えています。

◎本命:複勝

サトノアーサー

すでにエプソムカップを優勝するなど重賞実績を持ち、さらに阪神芝1600mは、リゲルS2着、ポートアイランドS2着と好走。

実績面ではトップクラスなのは間違いなく、今回は別定の斤量56キロも好材料のひつです。

前走大阪城Sは、逃げ先行馬に展開が向く中、上がり3F3位で差しての3着。勝ち馬からコンマ2秒差は、負けて強しの内容だったかなと。

今回は得意の阪神芝1600mに距離短縮することや、7枠を引いたことで、無理して中団まで上がる必要もなく、外差しをするにしてもスムーズに上がっていける位置取りを取れそうなのもプラス材料。

サトノフェイバーが前走同様にミドルペースにしても、スローペースにしても、このメンバーでこの枠順なら十分に差せると思います。

◯対抗

サトノフェイバー

昨年の六甲S3着のサトノフェイバー。

昨年も逃げて3着に残すなど、キャリア2戦の同馬にとっては上々の内容で、勝ち馬がソーグリッタリングだったことを考えると、さらに善戦したと言えます。

前走大阪城Sは、ミドルペースで逃げて2着。サトノアーサーに先着にしたのも強み。

これまで1600mか1800mを戦って来ていますが、適正があるのは1600m。

今回は単騎逃げが濃厚ですから、昨年のようにスローペースに落とす競馬さえ出来れば、十分に勝ち負け出来る存在だと思います。

逆に雨が見方してくれる展開になる可能性もありますね。

◎サトノアーサー
◯サトノフェイバー
▲アイスストーム

馬連◎=◯▲2点

[common_content id=”11066″]

六甲ステークス2020過去データ傾向

過去5年の結果を参考に特に重要なデータを紹介します。

  1. 単勝6番人気以内が中心
  2. 前走4着以内は好走しており[5-4-4-10]。逆に前走5着以下は苦戦
  3. 前走阪神組[4-3-2-6]と好走
  4. 前走重賞組は[0-1-1-20]と苦戦。大阪城S組が優秀
  5. 前走1600m、1800mが中心
  6. サンデーサイレンス系が好走しており、中でのディープインパクト以外が好走
  7. 4歳5歳6歳が中心
  8. 中2週が中心も、3ヶ月以上の長期休養明けも好走
[common_content id=”11015″]
タイトルとURLをコピーしました