六甲盃2020の予想を紹介します。

今年は、3連覇を目指すタガノゴールドを筆頭に、復活の目論見メイショウオオゼキ。

さらにオグリキャップ記念優勝馬のマイフォルテに2着キャッスルクラウン。3着 マコトネネキリマルらが出走をします。

メンバー的にタガノゴールドVSオグリキャップ記念組、兵庫大賞典組といった構図になり、どの馬がタガノゴールドを撃破するのか?

もしくは、タガノゴールドの3連覇達成となるのか?

これが予想の中心になりそうです。

開催日 令和2年/2020年6月4日/木曜日
開催場所 園田競馬場
レース名 第58回 六甲盃
グレード 重賞
条件 4歳以上・定量
距離 ダート2400m・右回り
1着賞金 800万円

日曜好調の無料情報
やりました支笏湖特別で無料情報がまた当たり
━━━━━━━━━━
◎8月30日(日)支笏湖特別
3連複1-2-6/28.2倍
1点500円/5000円投資
1万4100円獲得
回収率282%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

◆高配当連発の無料情報
8/23小倉8R:316.4倍
→回収率1758%
8/16札幌6R:40.3倍
→回収率1008%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

■これまでの無料情報的中・回収率
8/23小倉08R 1758%
8/15新潟04R 353%
8/16札幌06R 1008%
8/08札幌03R 713%
8/01札幌09R 335%
7/26新潟09R 183%
7/25新潟08R 515%
7/19新潟09R 822%
7/05函館10R 628%
6/28東京06R 1160%
6/27阪神10R 123%
6/21東京06R 302%
6/20阪神05R 868%
6/13函館07R 1267%
6/06阪神06R 680%
5/30東京08R 333%
5/31東京04R 138%

土曜日は阪神ジャンプSの無料情報公開!
日曜日は御宿特別を公開!

ここの無料予想は本当に良く当たります。

8月は毎週土日のどちらかは的中。5月からの無料情報の回収率平均が500%を越えていますので、レース選定や軸馬選定、穴馬選定までが上手いのは確かです。

もちろん「競馬に絶対的中する!」といった予想は無いのですが、その絶対に限りなく近づいていると感じる買い目になっていますので、無料情報が公開されると、本当に心踊るというか、小躍りするというか。

良く当たる無料情報。試す価値は十分にあります。

無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。

六甲盃2020 枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 アッキー 牝7 54 中田貴士
2 2 タガノゴールド 牡9 56 下原理
3 3 キクノゼファー 牡5 56 戸部尚実
4 4 メイショウオオゼキ 騸10 56 笹田知宏
5 5 ドリームリヴァール 騸10 56 大畑雅章
5 6 マイフォルテ 牡6 56 大山真吾
6 7 コスモバレット 牡5 56 鴨宮祥行
6 8 コスモヴァーズ 牡6 56 井上幹太
7 9 マコトネネキリマル 牡4 56 岡部誠
7 10 マコトタリスマン 牡6 56 広瀬航
8 11 エイシンニシパ 牡7 56 田中学
8 12 キャッスルクラウン 牡6 56 吉村智洋

六甲盃2020 予想

園田ダート2400mは、長距離レースですから、基本的には、スタミナ勝負になりやすく、4角4番手以内通過からの抜け出しが目立つレースです。

さらにリピーター馬が強く、その点を考慮すれば、タガノゴールドの好走が期待しやすいのですが、スタミナ関係を言えば、前走オグリキャップ記念組のマイフォルテも侮れない存在。

◎本命:複勝

タガノゴールド

上がり馬マイフォルテとは昨年の六甲盃で決着がついている以上、問題なく連対以上があるイメージ。

2枠に入ったタガノゴールドなら、スタートがイマイチでも、内で少し詰まる競馬になったとしても、最後の直線で抜け出すだけの豊富なスタミナは十分にあり、前走兵庫大賞典から距離が伸びるのも好材料。

また、昨年の六甲盃は番組の影響で2回おこなわれましたが、1回目よりも2回めのタイムが5秒以上(稍重)もタイムを縮めていますので、やはりこのコースに距離は、まず大丈夫かなといった見立てです。

期待出来る1頭ですね。

○対抗

キャッスルクラウン

遠征自体は慣れているキャッスルクラウンも、初の園田遠征ということで少し不安もありますが、地方競馬に限れば、叩いて良くなるタイプですから、今回は狙い目になるのかなと。

スタート次第で、馬の気持ちで位置取りを決めるレースが多い中、スムーズに先団を取れば、しぶとい脚質が活きてくる脚質。

今回は8枠を引いたことで、そこまで臆することなくゲートを出れますので、5番手以内の外を追走。

タガノゴールドを見ながら最後の直線で息の上がらない競馬になれば、必然と出番が回ってくるイメージです。

今回、吉村智洋騎手が騎乗というのも、買いたい材料のひとつですね。

◎タガノゴールド
○キャッスルクラウン
▲マイフォルテ
△キクノゼファー

馬単◎→○▲△3点

関連キーワード
おすすめの記事