スポンサーリンク

【ローズS2018予想注目馬】オークス組の再戦馬と自己条件馬の刺客!

この記事は約5分で読めます。

ローズステークス2018の予想注目馬や登録馬、予想オッズに推奨馬などを中心とした記事になります。今年もオークス組の参戦と夏の上がり馬の参戦、春クラシック戦線から離脱を余儀なくされた準クラシック戦線組と入り組んだ出走メンバーとなっています。昨年同様に新鋭勢が馬券になるのかどうか?データ解析を見ながら検証をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローズステークス2018 登録馬

アドマイヤクィーン54.0
アンコールプリュ54.0
ウスベニノキミ 54.0
ウラヌスチャーム54.0
オールフォーラヴ54.0
カンタービレ 54.0
ゴージャスランチ54.0
サトノワルキューレ54.0
サラキア 54.0
スカーレットカラー54.0
センテリュオ 54.0
ダンサール 54.0
トーセンブレス 54.0
フィニフティ 54.0
ラテュロス 54.0
レオコックブルー54.0
レッドランディーニ54.0
ロケット 54.0

ローズステークス2018 予想オッズ

サトノワルキューレ2.1
サラキア5.1
カンタービレ6.4
フィニフティ9.4
トーセンブレス10.0
オールフォーラヴ10.5
ゴージャスランチ15.5
センテリュオ17.5
ウラヌスチャーム24.8
ウスベニノキミ 47.4
スカーレットカラー56.1
レッドランディーニ72.1
アンコールプリュ113.5
ラテュロス200.7
ロケット247.3
アドマイヤクィーン989.3
レオコックブルー989.3
ダンサール1731.3

ローズステークス2018 展望

例えば、先週の紫苑ステークスを参考にすると、クラシック戦線上位馬は、これまで戦ってきた相手が違うだけに実績の差で勝敗がついた感じです。だとすると、ここも完全にその流れになるのかな?と。

アーモンドアイやラッキーライラックの異次元の強さについていったチューリップ賞組やオークス組は、やはりレベルの違いでここでもその差を見せつける結果となるのか?という考え方にどうしてもなってしまいますね。そういった考えは嫌いなんですが、どうしてもね。

頭の中では、サトノワルキューレ、サラキア、レッドランディーニあたりが気になる馬で、どちらかと言えば、サトノワルキューレはデータ推し馬ですから、サラキアとレッドランディーニの2頭が個人的に洗い直したい2頭になりますね。

レッドランディーニは距離が伸びて良くなるタイプだと思います。狙えるのは騎手が浜中騎手から乗り替わりが確定すれば、狙えるかなと言った感じです。この馬のチューリップ賞での上がり3Fは33秒4と、上位馬とは、わずかコンマ1秒差しかありません。500万の身でありながらアレですが、狙っていきたい1頭ですね。ここに出て来れればいいですが。

サラキアもチューリップ賞組。こちらも上がり3F33秒4で4着と遜色ない上りを見せてくれています。夏場を越して成長した走りを見れるとしても、少し気になるのが前走小倉。少頭数でのレースでマクって1着と完璧な内容でしたが、戦った相手が相手でですので、両手を上げて喜べる結果でもないかなと。

色々と書き出したら1万文字くらい書いてしまいそうな勢いがありますので、とりあえずは、好走データを見てください。

ローズステークス2018 好走データ

前走4角7番手以下

アンコールプリュ
ウラヌスチャーム
オールフォーラヴ
サトノワルキューレ
スカーレットカラー
ダンサール
トーセンブレス
フィニフティ
レッドランディーニ

馬体重480kg以下

アンコールプリュ
オールフォーラヴ
サトノワルキューレ
スカーレットカラー
トーセンブレス
フィニフティ
レッドランディーニ

この2つの好走データは、データ解析から強いデータを使ったもので、これだけで7頭に絞られました。そして、絞った7頭には、ある共通点がひとつあります。それが条件戦不出走馬

今回のレースに限っては実績馬が中心という好走データ結果となりました。そしてここからさらに踏み込んでいきます。

 

オークス組

オールフォーラヴ
サトノワルキューレ
レッドランディーニ

それ以外の組

アンコールプリュ
スカーレットカラー
トーセンブレス
フィニフティ

個人的には、この2組から1頭ずつ、馬券に絡む可能性がある馬が出ると思っていますので、ここから、各組ごとにキャリア6戦以内で絞ると、

オークス組

オールフォーラヴ
サトノワルキューレ

それ以外の組

アンコールプリュ
フィニフティ

この4頭がデータ好走馬ということになります。

好走データ推奨馬とサイトの中の人の推奨馬

好走データ推し馬4頭の中で、当日のオッズ状況を付け加えると、好走データ推し馬はこの馬になります⇒最強競馬ブログランキングへ

単純すぎて「アレ」なんですが、紫苑ステークスでパイオニアバイオがコンマ6秒差の4着と地力の強さを見せた内容を考えれば、阪神コースと東京コースがリンクしやすく、ここでも好勝負必須かなと。あまり後ろに下げると届かないってのが阪神コースなのは騎手も心得ているはず。ここは、抜群の切れ味で差し切ってほしいですね。

サイトの中の人の推奨馬(笑)⇒競馬人気ブログランキングへ

個人的にはチューリップ賞組から狙っているんですけどね。過去10年、チューリップ賞からローズステークスに出走した馬の活躍が目立ち、着順問わず好走しています。冒頭でもお伝えした、サラキアとレッドランディーニ。この2頭のうち、チューリップ賞やフローラSで良い脚を見せながら涙を飲んだあの馬を推奨します。

セントライト記念&土曜日の注目レース記事一覧

【セントライト記念2018注目馬】なんか腹立つけど強いわレイエンダ
セントライト記念2018の予想注目馬レイエンダの分析や評価を中心とした記事になります。個人的にこういった遅咲きの素質馬が参戦するレースは嫌いですwが、セントライト記念は非根幹距離です。何があるかわからないのがセントライト記念です。ここでもレ...
【セントライト記念2018予想注目馬分析評価】コズミックフォース
セントライト記念2018の予想注目馬コズミックフォースの分析や評価を中心とした記事になります。前走ダービーは単勝16番人気の評価を覆す3着と大健闘をしました。セントライト記念はダービーと違ってクセのあるコースです。ここでもコズミックフォース...
【セントライト記念2018予想注目馬分析評価】ギベオンの先行脚質では厳しいか?
セントライト記念2018の予想注目馬ギベオンの分析や評価を中心とした記事になります。前走NHKマイルカップではタイム差無しの2着と惜しい競馬。今回は、厩舎と相性の良い戸崎騎手。ここでしっかりと馬券になるかどうか?見極めたいと思います。 ...
【阪神9R野路菊S2018予想注目馬】ヴェロックスの相手は上がり最速馬
9月15日におこなわれる阪神9R野路菊S2018の予想注目馬を中心に紹介します。今年は新馬戦で圧勝劇を見せたヴェロックスが参戦しますが、このレースでも前走同様の走りが出来るか注目の1戦ですね。 展望 過去10年の成績を見る限りでは、...
オークランドRCT2018予想注目馬インディアT組から2頭が飛躍する
阪神11RオークランドRCT(レーシングクラブトロフィー)2018の予想注目馬を中心とした記事になります。阪神ダート1800mは展開を予測するのが難しいレースで、脚質の傾向もバラエティーに飛んでいる内容となっています。その中でも予想注目馬を...

ランキングアップへのお願い

現在、最強競馬ブログランキングと人気競馬ブログランキングに参加しており、推奨馬や予想馬をご覧いただく場合は下記の各ランキングをクリックしていただくと推奨馬や予想馬が確認出来るようになっています。馬名は各ランキングのサイトタイトル近くに掲載しています。

競馬人気ブログランキングへ

最強競馬ブログランキングへ

また、1日1回の応援クリックもお願いしております。ランキングが上がると記事を更新する際の励みになります。

よろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました