中央競馬最終予想

サフラン賞2019予想!前走の末脚が強烈!中山でも差せるその脚に期待したい馬とは?

サフラン賞2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから単勝、複勝推奨馬を紹介します。(9月29日/中山競馬場/サフラン賞2019/芝1600m2歳500万下)

意外と、のちの活躍馬を多く出しているサフラン賞。過去の善戦馬には、アエロリットやミュージアムヒル。少し前でライステラスやアニメイトバイオなどがおり、今年も素質馬や注目馬が参戦しています。

過去10年、新馬戦か未勝利戦から1着馬が出ており、このあたりは信頼出来るデータですから、予想の入り方もここから入っていこうと思います。

2020年無料予想実績No.1サイト!

2020年無料予想プラス169,490円の獲得!
昨年の有馬記念&ホープフルSダブル的中に加え2021年中山金杯で183倍的中です!


■有馬記念73.7倍×400円
[払戻金]29,480円[回収率]526.4%
11番人気サラキアをしっかりと入れて高配的中!

■ホープフルS19.0倍×400円
[払戻金]7,600円[回収率]158.3%
ダノンザキッドを軸に堅め決着でもプラス収支!


◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額:277,890円
◎収支額:169,490円
最高値は天皇賞春7万弱獲得/回収率1350%
的確でありながら高配当が見込めます。

■先週の無料買い目結果
NHKマイルカップ3連複34.5倍×300円=10,350円獲得!
無料買い目画像がこちら↓

今週は、ヴィクトリアマイルの無料買い目を公開。

少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの無料買い目です。

こちらからご確認ください↓↓

↑上記フォームより【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認できます。

サフラン賞2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

サフラン賞2019予想

少頭数でも逃げ先行馬が揃ったことでミドルペース以上を想定。

人気の中心であるギルデッドミラーが差しで、マジックキャッスルが先行ですから、この2頭で決まる可能性は大きいかなと。

そこに割って入るならマルターズディオサ。

この3頭の戦いになるかなと考えています。

◎本命:単勝

マルターズディオサ

 

少頭数ですから枠順の有利不利はなく、前走の切れ味が抜群すぎましたから、スタートが良くても控える競馬になりそうです。

前走新潟1600m未勝利は、スタートこそ出遅れたもののしっかりと折り合って上がり最速で1着。

タイムが1:34:3は、新潟2歳S優勝馬ウーマンズハートよりもコンマ7秒速い時計。新馬戦ではそのウーマンズハートにコンマ6秒で負けたあたり、脚質は差しが合いそうかなと。

中間はゲート練習もしっかりとおこなっておりスタートは、問題ないはず。

今回、田辺騎手が騎乗停止で、武豊騎手へ乗り替わり。中山コースで武豊騎手に変更が良いか悪いかは別にして、純粋に期待したいですね。

ここは、ギルデッドミラーよりも上だと見込んでいます。

 

<<参考>>

◎マルターズディオサ

◯マジックキャッスル

[ad]

サフラン賞2019過去データ傾向分析

  1. 単勝1番人気[3-3-1-3]3着内率70%
  2. 単勝2番人気[1-3-1-5]3着内率50%
  3. 単勝3番人気[0-0-3-7]3着内率30%
  4. 関西馬[2-0-0-14]3着内率12.5%
  5. 関東馬[8-10-10-85]3着内率24.8%

過去4年、前走新潟マイル組が[3-1-1-4]3着内率56%でトップの成績。次いで札幌の1500mか1800m組が優秀。

サンデーサイレンス系が非常に優秀。

前走4角4番手以内が基本も差し馬が台頭。4角7番手以下にも注意が必要。

2年連続で関西騎手のワンツー。今年も川田騎手ギルデッドミラーが人気の中心。

[ad]

サフラン賞2019コース解説

スタート地点は1コーナー横のポケット。高低差が5.3mある芝コースの最高地点からスタートして2コーナーまで緩やかな下り。外回りの向こう正面から3~4コーナーに向かって約4.5m下っていく。最初の2コーナーまでの距離が240mと短いため、外枠に入った馬は外々を回らされることが多く、特に多頭数の外枠は不利となる。

下りをスムーズに回ってきた逃げ、先行馬が勢いそのままになだれ込むパターンが多いのだが、3コーナー手前から一気にポジションを上げて捲った馬のアベレージも高い。すなわち、直線入り口でのポジションが大きく反映される。とはいえ、ゴール前の急坂も忘れてはならないポイントで、オーバーペースで坂を迎えた馬は差し馬の餌食となってしまう。

デビュー戦で慎重となるのか、2歳、3歳と共通して新馬戦はテンの入りが遅く、終いの瞬発力勝負になることが多い。その他のクラスでは淡々としたラップを刻むレースが多く、前々のポジションで決め手を生かした馬の数字がいいのも頷けるデータだ。引用先:競馬ラボ

土曜日におこなわれた秋風ステークス3着以内3頭の4角での位置取りが②⑩⑥。

思った以上に先行馬が馬券になっており、改修工事後の馬場状態の変化がさらに変わってきたように思う位置取りです。

サフラン賞の場合、逃げ馬も好走していますから、逃げ先行馬が有利。ただ、切れ味のある差し馬も台頭しやすい馬場状態ですから、2頭が逃げ先行、1頭が差し、これが馬券を組み立てるヒントになるでしょうね。

[ad] [insert page=’2019-09280929kizi’ display=’content’] [ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。