サンライズステークス2020の予想や予想オッズ・過去データ傾向を紹介します。(2020年1月5日中山競馬4歳以上1600万下/芝1200m)

難しい予想になりそうなメンバー構成の中、上位人気馬が外枠に入ったことで内枠先行馬が有利にレースが進められそうで。

枠順と脚質の並びから見てスムーズに好位が取れ、そのまま前残りの展開を味方につけれそうな牝馬4歳を中心に予想を組み立てています。

春G1無料予想8戦6勝で回収率1000%超え連発
セントライト記念もしっかりと3連複20倍を的中!

実は一緒に公開しているワイド情報もかなり激アツなんです!

◎ワイド無料情報的中一覧

春は3連複の無料予想で稼がせてもらいました!

【G1-無料予想戦績】
◎安田記念5点+4点4800円
→6720円(回収率140%)
◎ダービー9点600円5400円
→14800円(回収率276%)
◎Vマイル13点400円5200円
→11840円(回収率228%)
◎天皇賞10点500円5000円
→67500円(回収率1350%)
◎皐月賞14点400円5600円
→36600円(回収率653%)
◎桜花賞14点400円5600円
→50360円(回収率899%)

無料情報公開は、3連複1鞍・ワイド1鞍を土日で計4鞍公開。

そして今週の重賞無料予想は神戸新聞杯を公開します。

これまでの成績を見て頂ければわかると思いますが、軸馬の3着内率はかなり安定しており、穴馬もきっちりと入れての買い目ですから天皇賞春の万馬券も狙って的中出来たということです。

神戸新聞杯の無料予想で、天皇賞春回収率1350%以上を期待して見てください。

メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。

サンライズステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

サンライズステークス2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 スワーヴアーサー 牡7 57.0 O.マーフィー
1 2 エムティアン 牝4 54.0 三浦 皇成
2 3 プレディクト 牡5 57.0 丹内 祐次
2 4 ダイトウキョウ 牡8 57.0 田辺 裕信
3 5 タケショウベスト 牝6 55.0 武藤 雅
3 6 ブリッツアウェイ 牝4 54.0 石橋 脩
4 7 レコードチェイサー 牝4 54.0 菅原 明良
4 8 ビリーバー 牝5 55.0 杉原 誠人
5 9 インスピレーション 牡5 57.0 田中 勝春
5 10 スリーケープマンボ 騸5 57.0 松田 大作
6 11 バーミーブリーズ 牝6 55.0 西田 雄一郎
6 12 アリンナ 牝6 55.0 S.フォーリー
7 13 クラウンルシフェル 牡9 57.0 木幡 巧也
7 14 コロラトゥーレ 牝6 55.0 藤岡 康太
8 15 エンゲルヘン 牝6 55.0 横山 武史
8 16 ジョーアラビカ 牡6 57.0 横山 典弘

サンライズステークス2020予想

本命◎:複勝

エムティアン

単勝人気が下がり気味のここをこの枠順なら狙いたくなるのが必然かなと。

これまで全2勝のうち、小倉500万下を斤量50キロで1着。小倉別府特別1000万下を51キロで優勝と軽ハンデで恵まれての連勝。

今回は、前走より重い54キロでの出走ですがすべては展開が助けてくれる可能性が大きく、差し馬勢の揃ったここは、そのスピードが十分に活かせる競馬をイメージ。

ブリッツアウェイ、レコードチェイサーと一緒になって前を走っていれば、ミドルペース以内を想定していますのでハイペースが得意なエムティアンでもその斤量でミドルペース以内がちょうど良いペースになるはず。

過去10年の中でミドルペースは4回。そのほとんどが4角4番手以内が好走しており、今回もその傾向がエムティアンに向く可能性が大きいと考えています。

地方からJRA初戦だった函館2歳Sをコンマ3秒差の4着と好走。2走前セプテンバーSは、コンマ2秒差の4着もタイム1:07.8は優秀。

期待したい1頭ですね。

◎エムティアン
◯ブリッツアウェイ
▲インスピレーション
△スリーケープマンボ
×スワーヴアーサー

馬連◎=◯▲△×4点
ワイド◎◯=◎◯▲△×7点

[ad]

サンライズステークス過去データ傾向

  • 単勝1番人気[2-1-3-4]
  • 単勝2番人気[3-3-0-4]
  • 単勝3番人気[0-2-1-7]
  • 単勝4番人気~単勝6番人気[1-3-4-22]
  • 単勝7番人気~単勝9番人気[3-0-1-26]
  • 単勝10番人気以下[1-1-1-66]
  • 関東所属[7-9-6-80]
  • 関西所属[3-1-4-49]
  • 4歳[5-2-0-21]
  • 5歳[1-2-6-24]
  • 6歳[3-2-3-40]
  • 7歳[1-3-1-32]
  • 8歳以上[0-1-0-12]
  • 1枠[0-4-0-15]
  • 2枠[1-2-2-15]
  • 3枠[3-2-0-15]
  • 4枠[1-1-1-17]
  • 5枠[2-0-2-16]
  • 6枠[1-0-2-17]
  • 7枠[2-1-1-16]
  • 8枠[0-0-2-18]
  1. 単勝1番人気3着内率60%とまずまずの成績も近5年は80%を信頼がおける数字
  2. 単勝10番人気以下[1-1-1-66]と苦戦。近5年は、2018年こそ単勝14番人気が1着に入り大波乱の決着も単勝5番人気以内が2頭入るなど上位人気馬優勢の結果
  3. 8歳以上[0-1-0-12]と苦戦。中心は、4歳5歳6歳。近5年の勝ち馬は、4歳6歳4歳6歳7歳で内、牝馬が3勝。5年連続で1頭以上が3着以内
  4. ミスプロ系が優秀でサンデーサイレンス系は苦戦
  5. 基本は中4週以内が目安。中1週や2週も好走
[ad]

中山金杯2020最終予想・実績馬が物を言う展開

京都金杯2020最終予想・枠順が最高すぎる牝馬を狙う

おすすめの記事