各馬評価

札幌2歳ステークス2019結果予想!ゴルコンダの追い切りや血統・過去データ

2019年8月31(日) 2回札幌5日目札幌2歳ステークス2019芝1,800mに出走予定のゴルコンダの予想を中心に血統や、ゴルコンダの過去データ、札幌2歳ステークスの過去10年のデータ傾向分析を紹介します。

前走未勝利戦をレコードで優勝したゴルコンダは強いのか?

クラシック戦線で活躍をし、G1を優勝する大物と呼ばれた馬は、新馬戦で敗戦してから、連勝を重ね、古馬になってからもG1を量産するといったパターンが多いです。

ゴルコンダもそのパターンになるのか?

いやいや、そこまでの馬じゃないのか?

このあたりを含め、札幌2歳Sでゴルコンダが馬券になるのかどうかを評価したいと思います。

札幌2歳ステークス2019ゴルコンダの評価

予想

ゴルコンダの札幌2歳ステークスは、軸馬、紐馬候補

評価

前走未勝利戦は一貫して馬なり。

後続馬が必死に追いすがるも、ゴルコンダから離されていく一方。

強い競馬は確かですが、それより馬場適性の高さですよね。

血統背景がもろに欧州血脈で、札幌コースのようなパワーの要る馬場は歓迎の口。

ですから、あそこまで走れた可能性もあります。

また、脚質も差しから逃げへ。

これもゴルコンダには合ったと思いますし、色々な見方が出来ます。

他馬がゴルコンダの力についていけなかった、ゴルコンダの気性も問題でハナへ、スタートが良くてそのまま行かせたら余裕だった、など、色々な見方が出来ますので、この札幌2歳Sは、それこそ色々な意味で楽しみです。

ちなみに、ゴルコンダはトビが大きいですから、逃げが一番合っていたと思っています。ですから、逃げれないとなると、馬券にならない可能性もありますから、本来は軸にはしがたいんですけどね。

また、中間の調教が抜群で、いつでも走れる状態。

前走からさらに状態は上向いていますから狙い目は十分ですね。

ただ、個人的には、あまり好きなタイプではないので、この馬を軸にすることはないですね(笑)

[insert page=’anken1′ display=’content’]

札幌2歳ステークス2019予想オッズ

1ゴルコンダ1.7
2サトノゴールド3.2
3ダーリントンホール4.7
4レザネフォール14.3
5ブラックホール21.4
6アールクインダム38.6
7ヨハネスボーイ45.0
8エイリアス49.2
9コスモインペリウム53.8
10ディアセオリー66.1
11カップッチョ88.0
12コンドゥクシオン107.0
13カワキタアジン125.8

引用先:ネット競馬

札幌2歳ステークス2019予想ゴルコンダの追い切りは?

札幌ダート重(53.8/38.9/12.2 )ラムセスバローズ併せ馬なり

乗り込み量豊富。

ここに来て馬体が完全に仕上がってきた感じ。

札幌2歳ステークス2019予想ゴルコンダの血統背景は?

 

生年月日2017年04月02日(牡2歳)
毛色鹿毛
調教師木村 哲也(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金680万0000円
通算成績2戦1勝[1-0-1-0] 主な勝鞍19’サラ2歳未勝利
兄弟馬ネオウィズダム,エルゴレア
系統サンデーサイレンス系

血統を見ると、ゴリゴリの欧州血統で、札幌コースのような芝には適正がある配合。

母は米G1ビヴァリーディーS(芝1900m)など重賞4勝を挙げた名馬。

近親に重賞ウイナーは出ていないですが、ヴィクトワールピサは小回り札幌コースでは定評があり、機動力にたけた産駒を輩出。

前走札幌コースでのあのパフォーマンスは、血統背景から見れば当然かもしれませんね。

[ad]

札幌2歳ステークス2019過去10年データ傾向分析

  1. サンデーサイレンス系が優秀
  2. 当日単勝1番人気[3-2-2-3]
  3. 当日単勝2番人気[1-2-0-7]
  4. 当日単勝3番人気[3-0-1-6]
  5. 1枠以外優秀
  6. 先行、差しが優秀
  7. キャリア3戦以内
  8. 地方馬が優秀
  9. 単勝6番人気以下の乗り替わり騎手は割引
  10. 前走4角4番手以内
  11. 前走単勝3番人気以内
  12. 前走1800mか1500mが優秀

データ的には少しボヤッとした感じで、これといった決めてになるようなデータが無いのが第一印象ですね。

ただ、赤文字のデータは傾向が強いので使えるデータです。

地方馬が馬券になるなど、この時期の2歳は、力関係では計りきれない部分もありますので、前走のレース映像から、ある程度の目星を付けるのも必要になってくると思います。

データ派には、難しいレースですね。

[ad]

札幌2歳ステークス2019コース解説

スタンド手前の直線半ばからスタート。1コーナーまでの直線距離は185mと短いため先行争いはやや激しくなるが、2コーナーまでには落ち着いて、前半3Fが35秒台に突入することは少なく、比較的ゆったりとしたペースになりやすい。

札幌競馬場全体の傾向として、小回りコース、しかもコーナー角度が緩いということもあり、逃げ、先行馬が有利。追い込みはほとんど決まらず、直線入口までには好位のポジションを取っておかないと苦しい。引用先:競馬ラボ

札幌2歳ステークスの過去10年の結果を見ても、4角4番手以内の先行馬が馬券の中心。

逃げ馬で馬券に絡んだのは過去10年で2頭のみ。

札幌2歳ステークス2019出走予定注目馬の評価

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。