中央競馬最終予想

札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データ/最強のラップを刻んだあの馬が主役

2019年8月31日札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データから評価の高い馬を中心に展開やコースバイアスなども含めた最終予想になります。

軸馬として、ゴルコンダとダーリントンホール、サトノゴールドの3頭で、頭を悩ます中、それ以外の各馬の最終追い切りもなかなかの仕上がり具合で、甲乙つけがたい内容となっています。

例年であれば、ミドルペース主体で、先行抜け出しと好位差しの2頭が馬券に絡む展開ですから、展開さえ読めれば、ある程度の絞り込みは出来ます。

ただ、今年は、ゴルコンダと同型馬がいるのは確かですが、横山武騎手が行くのかどうか?横山武騎手が競りかけて行くなら、ビュンビュン飛ばす展開になり兼ねないので、そうなると、差す競馬に展開が向きそうだなと。

このあたりも含め、札幌2歳ステークスの最終予想を紹介していきます。

札幌2歳ステークス2019最終予想!

展開予測

まずは、ゴルコンダの未勝利戦のラップを見て頂きたいのですが(話が長いので印を見たい方はすっ飛ばしてください)

200m/12.5(12.5)
400m/11.5(24.0)
600m/11.9(35.9)
800m/11.7(47.6)
1000m/12.0(59.6)
1200m/12.2(1.11.8)
1400m/12.4(1.24.2)
1600m/11.7(1.35.9)
1800m/12.4(1.48.3)

このラップは、ひとことで言えば驚異的なラップです。

逃げ馬でも、息の入らないペースで逃げて、ラスト1ハロンは前半1ハロンより速いわけです。

こんな逃げ方をしていてもラストが前半より速いというのは「どんな馬が競りかけて来られても、結局は、ゴルコンダのペースについていけない」ということが言えます。

それをより理解するために昨年の札幌2歳ステークスのラップを見て頂くと、

200m/12.4(12.4)
400m/11.7(24.1)
600m/11.9(36.0)
800m12.2(48.2)
1000m/12.2(1.00.4)
1200m/12.1(1.12.5)
1400m/12.3(1.24.8)
1600m/12.6(1.37.4)
1800m/12.7(1.50.1)

このラップもハイペースのラップですが、1着~3着までの脚質を見ると、すべて差し~追い込み。

これが普通なんですが、ゴルコンダの未勝利戦の場合、前半1000mが59.6。昨年の札幌2歳Sが1.00.4。ゴルコンダがコンマ9秒速いラップで通過していながら、最後までスピードを緩めることなく、最後はさらに加速して逃げ切っています。

これ、めちゃくちゃ強いです。

ゴルコンダが未勝利戦と同じようなレースをすれば、他馬は太刀打ち出来ないでしょうね。

で、横山武withアールクインダム。

始めは、アールクインダムとサトノゴールド、コンドゥクシオンやカップッチョなどの逃げ、先行馬が揃ったので、ゴルコンダは潰れるかなと。そうなるとダーリントンホールの出番だなって思っていたんですが、それは見込み違いでしたね。

どの馬が競りかけても、ゴルコンダのラップにはついていけないと思いますので、絡めば絡むほど、他馬にとっては苦しい展開かなと。

各陣営もそれをわかっているでしょうし、仮に単騎逃げで気持ちよくいけば、それはそれで最速上がりを出せやすいですからね。

ということで、予想です。

本命◎

ゴルコンダ

もともと、ゴルコンダを軸にするはずはなかったのですが、一応、ラップを確認しとこうと思ってみたら「これはヤバいな」と思って軸馬に昇格。

不安なのはスタートでの出遅れ。多少の出遅れでも、それだけでリズムを狂わす可能性がありますので、これだけが不安。

最終追い切りも順調で、ダーリントンホールと併せ67.4/38.0/12.0併せ馬なりと体調面も万全。

期待したい1頭ですね。

↓ゴルコンダのさらに詳しいデータや血統解説などをまとめてあります

札幌2歳ステークス2019結果予想!ゴルコンダの追い切りや血統・過去データ2019年8月31(日) 2回札幌5日目札幌2歳ステークス2019芝1,800mに出走予定のゴルコンダの予想を中心に血統や、ゴルコンダの...

対抗◯

ダーリントンホール

前走新馬戦は優秀なタイムで優勝。上がり3Fも最速で、力が違っていました。

血統背景がもろに欧州血脈で、洋芝札幌コースは抜群に合う血統。

また、前走のような位置取りなら、今回の展開に合いそうで、ゴルコンダにゆいつ迫れそうのはダーリントンホールかなと。

調教も抜群に走っており、不安要素がこれといって見あたらないですね。

↓ダーリントンホールのさらに詳しいデータや血統解説などをまとめてあります。

札幌2歳ステークス2019ダーリントンホールの結果予想!追い切りや血統・過去データ2019年8月31(日) 2回札幌5日目札幌2歳ステークス2019芝1,800mに出走予定のダーリントンホールの予想を中心に血統や、ダー...

単穴▲

サトノゴールド

前走新馬戦の走りが、今回の展開に合いそうかなと。

相手に合わせる走りを器用におこなう点は、ゴールドシップに良く似た走りで、盛り返す走りまでそっくり。

息の長い脚を先行しながら出せるのはプラス材料で、展開に合いそうなのも好都合。

そして、調教内容が抜群でしたね。

札幌芝(良)85.5/68.7/53.0/38.5/11.6併せ強め

2週続けてラストは11秒台を出しており併走馬を圧倒。中間の乗り込み量も多く、上積み十分ですから本当に状態は良さそうです。

前走新馬戦では、相手なりに走り、そこまでタイムは良くありませんが、期待したい1頭ですね。

↓サトノゴールドのさらに詳しいデータや血統解説などをまとめてあります。

札幌2歳ステークス2019結果予想!サトノゴールドの追い切りや血統・過去データ2019年8月31(日) 2回札幌5日目札幌2歳ステークス2019芝1,800mに出走予定のサトノゴールドの予想を中心に血統や、サトノゴ...
糸魚川特別2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!糸魚川特別ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 ...
北九州短距離ステークス2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから見て狙うべきあの馬とは?北九州短距離ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 ...
長岡ステークス 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!長岡ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 昨年の...
札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データ/最強のラップを刻んだあの馬が主役2019年8月31日札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データから評価の高い馬を中心に展開やコースバイアスなども含めた最終...
[insert page=’anken1′ display=’content’]

札幌2歳ステークス2019過去10年データ傾向分析

  1. サンデーサイレンス系が優秀
  2. 当日単勝1番人気[3-2-2-3]
  3. 当日単勝2番人気[1-2-0-7]
  4. 当日単勝3番人気[3-0-1-6]
  5. 1枠以外優秀
  6. 先行、差しが優秀
  7. キャリア3戦以内
  8. 地方馬が優秀
  9. 単勝6番人気以下の乗り替わり騎手は割引
  10. 前走4角4番手以内
  11. 前走単勝3番人気以内
  12. 前走1800mか1500mが優秀

データ的には少しボヤッとした感じで、これといった決めてになるようなデータが無いのが第一印象ですね。

ただ、赤文字のデータは傾向が強いので使えるデータです。

地方馬が馬券になるなど、この時期の2歳は、力関係では計りきれない部分もありますので、前走のレース映像から、ある程度の目星を付けるのも必要になってくると思います。

データ派には、難しいレースですね。

[ad]

札幌2歳ステークス2019コース解説

スタンド手前の直線半ばからスタート。1コーナーまでの直線距離は185mと短いため先行争いはやや激しくなるが、2コーナーまでには落ち着いて、前半3Fが35秒台に突入することは少なく、比較的ゆったりとしたペースになりやすい。

札幌競馬場全体の傾向として、小回りコース、しかもコーナー角度が緩いということもあり、逃げ、先行馬が有利。追い込みはほとんど決まらず、直線入口までには好位のポジションを取っておかないと苦しい。引用先:競馬ラボ

札幌2歳ステークスの過去10年の結果を見ても、4角4番手以内の先行馬が馬券の中心。

逃げ馬で馬券に絡んだのは過去10年で2頭のみ。

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。