中央競馬最終予想

札幌スポニチ賞 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!

札幌スポニチ賞2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。

荒れたい放題の札幌スポニチ賞ですね。

1200m戦に変更になった過去4年は、本当に荒れています。

単勝1番人気、2番人気ともに悲惨な結果で、4番人気以降がハッスルしてますw

札幌スポニチ賞2019にも連闘馬が出走していますので、今年はこの連闘馬から予想に入っていこうと思います。

札幌スポニチ賞2019予想!

過去4年のフルゲート16頭でもミドルペースが主流で、ハイペースもありますが、意外と落ち着く展開になっています。

今年の脚質の並びを見ると、逃げ馬が2頭ほどで、あとは先行馬が3頭ほど。枠順もまばらに入りましたので、今年もミドルペースかなと考えています。

このクラスなら1:09秒台が無いと馬券になりづらいですから、必然と近走で、このタイムを出している馬からの予想になるわけですが『連闘馬』。これを狙いたいなと。

それから、札幌コースは前半後半開催で、タイム差が極端に違ってきますので、HBC賞組みのタイムはあてにならないかなと。

それでは印です。

本命◎複勝1点

ショウナンアリアナ3着単勝6番人気複勝370円

2走前のHBC賞が斤量52キロで1:08.5の5着。上がり3F3位で34.3。

前走WASJ1が斤量54キロで1:09.9で2着。上がり3F3位で35.7。

開催日や位置取りで、タイムは変わっていますが、斤量差を考えれば、ここで馬券になってもおかしくないレースを連発しています。

今回は、6枠を引いたことで、馬場の良いところを比較的に通れそうで、ミドルペースなら、4角6番手以内から差してもおかしくないなと。

血統背景も申し分の無い洋芝適正◎の血統筋ですからね。

ただ、馬格の薄い牝馬ですから、当日の馬体重は気になります。それでも連闘をしてきたここは、狙い目があると判断しても良さそうかなと考えています。

糸魚川特別2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!糸魚川特別ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 ...
北九州短距離ステークス2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから見て狙うべきあの馬とは?北九州短距離ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 ...
長岡ステークス 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!長岡ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 昨年の...
札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データ/最強のラップを刻んだあの馬が主役2019年8月31日札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データから評価の高い馬を中心に展開やコースバイアスなども含めた最終...
[insert page=’anken1′ display=’content’]

札幌スポニチ賞2019予想オッズ

1ヤマニンペダラーダ3.3
2フォレブルート4.1
3デルタバローズ4.3
4オフクヒメ8.4
5ショウナンアリアナ9.5
6イキオイ16.8
7シンデレラメイク20.4
8デルマキセキ20.4
9ラプソディーア26.1
10プリディカメント28.4
11プレトリア38.4
12スリーケープマンボ39.8
13モンテヴェルデ40.6
14ウインハイラント47.2
15ホッコーシェルビー74.3
16ラブローレル140.4

引用先:ネット競馬

札幌スポニチ賞2019コース解説

向う正面ポケットからのスタート。3コーナーまでの直線距離は412mで、向う正面はずっと上りが続く。距離的に逃げ・先行有利であることは確かだが、テンで長く競り合うと前崩れの展開になって差し馬が台頭するシーンもある。

枠順の有利不利は少ないが、先行馬であれば内枠にこしたことはない。逃げ・先行馬がどれほどいるか次第で狙いを変えていきたいコースだ。引用先:競馬ラボ

[ad]

札幌スポニチ賞2019過去データ傾向分析

過去4年の結果を参考にしています。

  1. 1番人気[0-1-0-3]連対率25%
  2. 2番人気[1-0-1-2]連対率25%
  3. 3番人気[0-0-0-4]連対率0%
  4. 関西馬[2-1-2-29]連対率9%
  5. 関東馬[2-3-2-23]連対率17%
  6. 牡馬[1-1-1-18]連対率10%
  7. 牝馬[2-1-3-31]連対率8%
  8. セン馬[1-2-0-3]連対率80%
  9. 3歳[0-2-0-9]連対率10%
  10. 4歳[3-2-8-14]連対率23%
  11. 5枠6枠7枠8枠が中心
  12. 前走1200mか1500mが中心
  13. 前走5番人気以内が目安
  14. 前走4角7番手以下が優秀
  15. 前走1番人気で2着の巻き返し

上位人気の成績が悪く、荒れたい放題の結果。

血統背景は何でもあり。

特に重要なデータがなさすぎて、データ派には辛い情報になりますが、10番11番12番は重要かなと。

また、連闘馬が馬券になっていますので、このあたりもまったく来ないわけでは無いデータですね。共通点としては、前走から斤量マイナス馬が馬券に。

で、セン馬の活躍が目立っています。単勝6番人気以下のセン馬が過去4年で3回の連対以上の成績。

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。