スポンサーリンク

関屋記念2019ソーグリッタリングの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?

この記事は約6分で読めます。

サラキア同様に重賞未勝利のソーグリッタリング。

前走同様に浜名騎手が騎乗で、

陣営のやる気や勝負気配も気になるところです。

ただ、このあたりは、予想をする側には

なかなか見極めが難しいですから、

やはり、追い切りや血統・過去データから

この馬の関屋記念2019で好走が出来るかどうか?

の結果を予想していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関屋記念2019結果予想!ソーグリッタリングの評価は?

別定戦で57キロで出走ということで

ケイデンスコールとは4キロの差。

前走から変わらずの斤量はプラスでも、

ケイデンスコールとの4キロ差は少し大きいですね。

 

ただ、これまでのソーグリッタリングのレース傾向や

関屋記念2019のデータ傾向から見ても

好走は十分に期待が出来ると思います。

 

枠順やメンバーが決まっていない現時点では

大きなことはまだ言えませんが、

ソーグリッタリングは、どんな展開でも結果を残してきている点。

ケイデンスコールが後ろからの競馬がハマるかどうか?

ミッキーグローリーが骨折長期休養明けとなると

展開次第では、楽に突き抜ける可能性もあります。

 

また、新潟競馬は外差しが有利で

過去10年の結果を見てもそれは歴然。

このメンバーであれば先行をするでしょうし

差す競馬も出来ますから

最後は枠順次第で・・・ということになりますね。

個人的には積極的に狙っていきたいソーグリッタリングです。

 

関屋記念2019サラキアの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
前走は、これまでの主戦だった池添騎手から丸山騎手へ乗り替わり。さらには初の逃げでエプソムCを2着と覚醒を見せたサラキア。このあたりを含め、関屋記念2019サラキアの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?と題して紹介していきます。
関屋記念2019ロシュフォールの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
得意の新潟競馬に滞在競馬。最近、調子の良い田辺騎手と材料が揃ったように見えるロシュフォール。そこで、関屋記念2019に出走するロシュフォールの結果がどうなるのか?追い切りや血統・過去データから予想をし、その評価を紹介していきます!個人的には、田辺騎手とは、まーったく、相性が合わないんで、あれなんですけどねw
関屋記念2019ミッキーグローリーの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
骨折長期休養明けを関屋記念に選んだミッキーグローリー。天栄仕上げの状態も気になりますが、まずは、関屋記念2019に出走する、ミッキーグローリーの追い切りや血統・過去データからの予想を中心に、その評価を紹介していきます。なんとなく、ルメールのテンション高めのコメントが気になりますけどね。

 

関屋記念2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

ソーグリッタリングの予想人気は、4番人気。

個人的には見込まれた感はありますが

それくらいのポテンシャルを秘めている馬ですからね。

当日単勝オッズが10倍以上なら逆に

それだけでも、とりあずは紐でも押さえるべき馬ですね。

関屋記念2019過去10年データ傾向

  1. 父サンデー系×母父ノーザンダンサー系が有利
  2. 連系なら単勝7番人気までが有力
  3. 7枠8枠が有利
  4. 脚質はほぼ横一線も穴なら逃げ、先行馬
  5. 前走上がり3Fが不発だった馬が狙い目
  6. 前走上がり3位以内は優秀も1着は無し
  7. 前走より斤量が増加馬は不振
  8. 前走重賞で特に左回り組みが優秀
  9. 4歳人気上位馬が優秀
  10. 馬体重480キロ以上

特に重要なデータは赤太文字で記載

 

過去10年の結果から

データ傾向をまとめた感じでは、

前走1600m以上組みが有利。

 

その中でも、左回り重賞組みが活躍しており、

ここに4歳上位人気馬が絡むと鉄板級の軸馬。

 

また、前走から斤量増だった馬が不振で

このあたりもロジックの軸にしたいところ。

 

予想の入り方としては、

1、7、8、9のデータを中心に

3の枠順を取り入れるのがベストかなと。

 

最終的に数頭の軸や紐馬がいて、

切る判断材料が欲しい場合は、

馬体重480キロ以下を切るのもありですね。

 

ソーグリッタリングを狙うポイントとしては

中枠に入るかどうか?

このあたりかなと思っています。

スポンサーリンク

関屋記念2019ソーグリッタリングの追い切は?

土曜日に公開

関屋記念2019に出走するソーグリッタリングの血統背景は?

生年月日:2014年02月19日(牡5歳)

毛色:鹿毛
調教師:池江 泰寿(栗東)
馬主:有限会社 社台レースホース
生産者/産地:社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金:1億5380万0000円
通算成績:20戦7勝[7-5-1-7] 主な勝鞍:19’都大路ステークス
兄弟馬:メジャーマジック、マジックキャッスル
系統:サンデーサイレンス系

引用先:競馬ラボ

父は大種牡馬であるステイゴールド。

ステイゴールドの代表産駒であるオルフェーヴルのような

中長距離を得意とする産駒が多く生まれており

ソーグリッタリングも、中長距離適正かなと思いながら

実際には1600mのマイラー気質。

 

レース結果でも、その傾向がはっきりと出ており

1800m以上になると

切れ負けをする内容が多い。

単純にスタミナの問題での傾向かなと考えています。

 

それは母ソーマジックの影響が色濃く

出ているのかなと考えられますし、

ソーマジックの産駒のほとんどが、マイラー気質。

 

このあたりを考えても、ソーグリッタリングは、

マイルがベスト距離なんだろうなと推測が付きます。

 

ソーマジックの父がシンボリクリスエスなので

ダートでも面白いような気もしますが。

 

ステイゴールド産駒の特徴としては、

大舞台であるG1古馬でその強さを発揮出来る

タイプの馬を輩出しています。

 

また、中山・阪神と急坂のあるコースが得意ですから

今回の新潟が合うかどうかは未知数。

新潟競馬も初コースになりますので、

他に強い材料がある以外は、血統背景だけを見ると

少し弱いかなと考えています。

関屋記念2019ソーグリッタリングの過去データは?

  1. 1600m[5-3-0-5]
  2. 前走から距離短縮は1回のみでその時は1着[1800→1600]
  3. 左回り[2-1-1-3]
  4. 7月~9月[1-1-0-1]
  5. 先行[3-4-1-4]:差し[4-1-0-3]
  6. 57kg[2-1-1-1]
  7. 3枠4枠5枠6枠の成績が優秀
  8. ほぼ良馬場でのレースで良馬場なら[7-4-0-7]

 

特記事項として

  1. 2019は、リステッド競争2連勝
  2. 馬体重480キロ台は3着以内ほぼパーフェクト
  3. 今走は前走から距離短縮

 

芝レースだけで20戦7勝[7-5-1-7]。

7勝の内5勝が1600mのもので、

スローペースからハイペースのどの展開でも1着経験があるのは強み。

 

夏のこの時期も好走率は高めで左回りも苦にしないタイプ。

 

好走条件で面白いのが馬体重480キロ台での激走。

今年に入ってリステッド2勝でG3が3着と

3着以内パーフェクトも、

馬体重はすべて480キロ台。

このあたりは、

この馬の体調面や走りやすい体重が明確になっているのかなと。

関屋記念2019が480キロ台なら狙う価値あり。

 

これまで7枠8枠での出走が少なかった分、

中枠での出走が多いので、中枠好走率が高いですが、

外枠に入った場合は、上記を度返ししても、

近走は、先行脚質で結果を出していますので

少し狙いにくいかなと考えています。

以上が「関屋記念2019ソーグリッタリングの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
結果予想
【競馬単複】MOSTLY CORRECT
タイトルとURLをコピーしました