中央競馬最終予想

瀬波温泉特別2019予想!追い切りや血統・過去データ分析/完璧に買いの材料が揃った4歳牝馬とは?

2019年8月24日第2回新潟競馬第9日瀬波温泉特別2019ダート1,800mの予想を中心に追い切りや血統・過去データ分析などを紹介します。

週初めには、出走登録をしていたベイコートとトイガーの両睨みで予想をしようと思っていましたが、ベイコートが出走を見送り。

出走すればトイガーの2番手か、上位人気で割れて、オッズ的にも美味しいなと思っていただけに残念。これで、さらにトイガーに人気が集中しますから、ここは小数点で射止めるしかなさそうですが、

個人的にトイガーを軸にすることは無いんですけどね(ニヤリ)

それでは、瀬波温泉特別2019の予想です。

瀬波温泉特別2019予想!

トイガーの宮崎騎手が、この枠順ですから、トイガーで逃げる、もしくは先行策をとるような発想があるとは思えないので(たぶん、後方で、内をロスなく回る競馬)その時点で軽視をしたいなと。

確かに前走レパードSは強かったですが、破壊的ハイペースで後ろからの脚がハマっただけのように見えます。

ただ、このメンバーですから、鬼脚であっさり!なんてこともありえますので、来たら諦めるしかないですね。

本命◎

ミラクルブラッド

全2勝のうち、すべてダート1800m。

近走は芝を使い、大敗続きで、仕切り直しのダートへ。

これまで新潟1800ダートは[1-0-1-0]の成績で優秀。なおかつ、その時の騎手が今回の大野騎手。

基本は差し~追い込み馬。ミドルペース以上でも結果を出していますが、得意なのはスローペース。

今回、マテリアルワールドが単騎逃げのスローペースで行くと思いますので、ミラクルブラッドにとっては、合う展開になるかなと。

また、夏場が非常に強く、昨年の夏、500万を勝ったあと1000万クラスを連続で3着になった時も8月の暑いレースでした。

そして、その鞍上も大野騎手。

陣営の思惑と、得意なレース展開、得意な馬場と季節。勝ち負けの材料は揃ったかなと。期待したい1頭です。

対抗◯

マテリアルワールド

ダート1800mのタイムは平凡で、そこまで強調出来る材料が無いにしろ、今回ほど展開に恵まれるレースはないかと。

未勝利ダートで1着になった時は、スイスイと気持ち良く逃げて、気がつけば7馬身の大差で圧勝。

2走前は、逃げることが出来なかったための大敗で、今回は逃げれる1800m。

木幡育騎手の逃げも定評があり、斤量54キロなら十分に残れる計算。

レース当日の馬場状態悪化も、後押しの材料。

次の新潟10レースの予想は>>>稲妻ステークス2019予想!追い切りや血統・過去データ分析アイビスSDより速い馬とは?

新潟11レースの予想は>>>BSN賞2019最終予想!追い切りや血統・過去データ分析「調教から復活の兆しが見えた馬とは?」

[insert page=’anken1′ display=’content’]

瀬波温泉特別2019コース解説

最後の直線に入ったところからのスタートで、1コーナーまでの直線距離は389m。前半は速めに流れる傾向も、コーナー角度がキツイため、道中のペースは落ち着きやすい。また、平坦コースでもあるため、道中うまく息を入れた先行馬がもうひと踏ん張りして前残りとなるケースが多い

コーナーのキツさのため、1200m戦同様、外々を回らされる馬や、後方待機馬は不利。少々ペースが速くなっても好位のポジションを取り切るのが得策。他のコースでオーバーペースに巻き込まれてしまった逃げ・先行馬の反撃には注意。

伏兵の粘り込みもしばしば見られるが、3歳の重賞レパードSを含むオープンのレースは人気どころがシッカリと人気に応えている。

新潟ダート1800mで勘違いしやすいのが内回りコースということ。

私もついつい、外回りと同じ感覚で予想に入ってしまうことがありますが、内回りコースの逃げ先行馬が有利。

1000万クラスであれば、多少、強引にハナを取りにいっても、息が入るところがありますので、そのまま行ってしまうことも多々あります。

このコースは内回りです。う・ち・ま・わ・り(笑)

[ad]

瀬波温泉特別2019データ傾向分析

過去5年(ハンデ戦を含めた)のデータ傾向を分析しています。

  1. 4角4番手以内の逃げ先行馬が有利
  2. 昇級馬の活躍が目立つ
  3. 当日単勝1番人気[1-3-0-1]
  4. 連対は上位人気馬
  5. 人気薄は3着止まり
  6. 非サンデーサイレンス系が優秀
  7. 3歳4歳5歳が優秀
  8. セン馬が優秀で次いで牡馬、牝馬
  9. 前走1着馬が優秀

データがハンデ戦を含めたものになっていますので、信ぴょう性が薄いのですが、脚質は逃げ先行馬が有利で、これは鉄板。

そして昇級馬の活躍が目立ち、前走500万組みで1着馬が優秀。

また、飛び級や前走重賞組みの馬券は無し。トイガーには厳しいデータですね。

基本は順当に勝ち上がる馬が強く、自己条件に戻るトイガーは、少し様子見が必要の可能性も。

前走500万で1着馬は、

  • マテリアルワールド
  • メヌエット

以上の2頭。

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。