セントライト記念ルヴォルグの結果予想!追い切りや血統背景・過去データ/気性難がある限り軽視が妥当

セントライト記念2019に出走予定のルヴォルグが優先出走権(3着以内)を手に出来るのかどうか?セントライト記念2019過去10年のデータ傾向や血統、追い切りなどから予想をおこなっていきたいと思います。(2019年9月16日中山競馬セントライト記念2019芝2,200m)

またそれっぽい馬の登場ですね。

藤沢厩舎×ルメール騎手×新馬戦1着、これだけでお腹がいっぱいになるので、もうこれ以上の情報はいらないんですけどね(笑)

ニシノデイジー、リオンリオン、ザダル。これだけ同世代に負けているところを見ても、そこまで買いたいと思えないのも本音ですから、過去データをもとに、どれくらい買う価値があるのか探ってみたいと思います。

セントライト記念2019予想!ルヴォルグの予想評価は?

予想

セントライト記念2019のルヴォルグは見送り

評価内容

穴馬としては前走500万で札幌競馬というのはクリアをしていますが、どうも走ってくるイメージが無いですね。

血統背景は米国血統で、母はG3を優勝するなどマイラーから中距離で活躍。そこにディープインパクトがかけられ、瞬発力とスピードを補う感じの血統です。

ルヴォルグのこれまでの戦績を見ると、1800m1勝、2000m1勝と、やはり中距離で活躍。ただ、2000mになると、同世代には歯が立たない状態が3鞍も続きましたから、力の上では少し割引が必要かなと考えています。

また、ルヴォルグの前評判とおりに走れない理由のひとつに「気性難」があります。

ゲートに入るとチャカつく面を持ち合わせ、スタートをしても、なかなか落ち着くことができないレースぶりが続いています。

このあたりは、年齢を重ね、成長していく段階で和らいでいく可能性もありますが、血統背景的に見ると、早めに仕上がる血筋ですから、4歳の春ごろまでがこの馬の狙い目で、それまでに気性面が改善されないのであれば、狙うのは厳しいかなと考えています。

中間の調教は、美南W  良[68.7 52.9 38.9 12.4  ]併せ馬なりと、状態は良さそうです。

セントライト記念は、抽選となりますので、出てくるなら見送りが妥当かなと思います。

ツイッター限定!厳選予想を公開中です

ツイッターで平場レースである未勝利戦、500万下、1000万下、1600万下、オープンクラスのレースの中から厳選したレースのみを公開しています。

ツイッター>>>中央競馬・地方競馬【展開理論競馬予想】

↓公開内容はこちら

 

ぜひ、この機会にお気軽にフォローしてくださいね!

ツイッター>>>中央競馬・地方競馬【展開理論競馬予想】

セントライト記念2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

セントライト記念2019予想ルヴォルグの追い切りは?

美南W  良[68.7 52.9 38.9 12.4  ]併せ馬なり

レッドサイオン(古馬2勝)馬なりの内0.8秒追走同入

順調に来ていますね。

最終追い切りで整う感じですね。

セントライト記念2019出走予定ルヴォルグの血統や過去レースデータは?

 

生年月日2016年02月24日 (牡3歳)
調教師藤沢 和雄(美浦)
馬主株式会社 フクキタル
生産者/産地パカパカファーム/新冠町
中央獲得賞金1856万6000円
通算成績5戦2勝[2-1-0-2] 主な勝鞍19’サラ3上500万
系統サンデーサイレンス系

母は米国血統で芝G3を勝つなどして活躍。近親には、ジャンダルム(デイリー杯2歳S)やダッシングブレイズ(エプソムC)、欧州では今年GI・4勝と芝中距離路線を席巻したロアリングライオンがいます。

新馬戦の最終追い切りから200m15秒台で楽に走っていますので、仕上がりも早いタイプだと思います。

基本的にはマイル~中距離路線で活躍出来そうで、ディープインパクトをかけたことで、スピードと瞬発力に磨きがかかったルヴォルクかなと思います。

ルヴォルグの条件別データ | 競馬ラボ

セントライト記念2019過去10年データ傾向分析

過去9年の結果を参考に分析をしています。

  1. 単勝1番人気[2-2-1-4]連対率44%
  2. 単勝2番人気[2-1-1-5]連対率33%
  3. 単勝3番人気[1-2-2-4]連対率33%
  4. 関西馬[1-4-5-45]連対率9%
  5. 関東馬[8-5-4-65]連対率16%
  6. ディープインパクト産駒キングカメハメハ産駒、スクリーンヒーロー産駒、ハーツクライ産駒の順で優秀
  7. 7枠が複勝率30%でトップですが、近年は内枠が有利な傾向
  8. 関西馬で重賞勝ち経験がある前走ダービー組みは[1-2-2-3]と優秀
  9. 前走2ケタ敗退から巻き返したのはダービー組みだけ、当日6番人気以内なら[3-1-2-3]
  10. 1着馬は、キャリア5戦~7戦以内
  11. 14頭の連対馬が芝2000m以上で勝利経験があり4頭中3頭は芝1800mの重賞で連対経験
  12. 馬体重500キロ以上が優秀
  13. 前走人気は不問

サンデーサイレンス系が非常に強く、特にディープインパクト産駒が強い。次にキングカメハメハ産駒、スクリーンヒーロー産駒、ハーツクライ産駒の順。

とにかく、前走ダービー組みが強いレースで、大敗からの巻き返しも普通にあるのが最大の特徴。

ただし、当日単勝6番人気以内が絶対条件。これに限っては関西も関東も関係の無いデータ。

関西にとっては強いデータが関西馬で重賞勝ち経験がある前走ダービー組みは[1-2-2-3]と優秀

該当馬はリオンリオンとメイショウテンゲン。

大型馬の連対が非常に多く、特に500キロ以上は優秀。

データから軸馬や紐馬を絞り込む場合は、2つの入り口から入るしかなく、1つは前走ダービー組みの関東馬込みのデータ。

もうひとつが、前走ダービー大敗の関西馬。

このあたりは、データだけでは絞り切れない部分もありますので、最終的には最終追い切りや枠順を見てから判断するのが良さそうです。

セントライト記念2019コース解説

直線の入り口がスタートで、1コーナーまでの直線距離は432m。外回りコースを使用するため、2コーナーまでは緩やかなカーブ。また、4コーナーまでも緩やかなカーブを描くコースで平均ペースになりやすい。

向こう正面の下りも手伝って、道中のペースが落ちないため、3コーナーからの仕掛けが重要なポイント。マクリも度々見られる。脚質的には先行馬が有利。最後の直線は310mと短いが、クラスが上がるにつれて逃げ切りは難しくなる。また、直線一気も難しい。末脚の持続性、すなわちスタミナと底力が要求される。

リピーターが多いのも特徴で、1度このコースで好走を見せた馬は次走以降も注意を払いたい。引用先:競馬ラボ

タイトルとURLをコピーしました