厳選単複予想

【セントウルS2018厳選単複予想】ランブカンプーを捕えるならもう1頭の先行馬

セントウルS2018の厳選単複予想を中心とした記事になります。芝コースは稍重まで回復しましたが、まだまだ脚元が緩い馬場状態の中、逃げ、先行馬を中心に狙いを定めて、単勝2点の予想になります。

スポンサーリンク

セントウルS2018 データ解析

あわせて読みたい
【セントウルS2018予想データ解析注目馬】ファインニードルは軽視で。セントウルS2018の予想オッズや出走予定馬、データ解析から好走データのみを参考にした推奨馬を紹介します。今年は昨年の優勝馬ファインニー...

セントウルS2018 コース解析

内回りコースを使用。最初のコーナーまでの距離が短いため内枠が有利とされますが、テンの入りさえ速ければ外枠でも勝負になっています。ゴール前に坂道のあるコースですが、スタートしてすぐに下りが続くため、逃げ、先行馬がそのまま押し切りやすいコースです。中山コースでの好走歴が無い馬でも、阪神なら好走出来る場合もあります。逆に阪神コースで好走歴のある馬が中山コースに出走した場合はイマイチ信用に欠けます。

セントウルS2018 厳選単複予想

雨が降って馬場が緩む、渋ったところでも逃げ、先行馬を狙うのがベスト。単勝実オッズを見る限りでは、逃げ先行馬が上位人気を占める形となっているだけに素直にその辺の2頭を単勝で狙いに行きます。

現在、単勝1番人気のラブカンプーは3倍を超え、個人的に見ても非常に旨みのあるオッズ。牡馬と対等に渡り合ってきた牝馬なら、G2という舞台でもその快速ぶりで他馬を寄せ付けない走りを見せてくれるはず。また、陣営もここまで走る予定はなかったと思うだけにこの間隔でのレース数になったと思います。そう考えると、ここが最終目標という位置づけに必然となるだけに体調面もここが目標。

もう1頭は競馬人気ブログランキングへ

ここまで人気になるなら少し考えてしまいますが、戦ってきた相手や実績を見れば妥当なオッズでしょうか。今年はダートを絡めながら着順での成績は残せていませんが着秒なら僅差。5枠に入ったことでスムーズな競馬が出来る上、重、稍重での成績が優秀。他馬が道悪に脚を取られている間に先行抜け出しが出来るはず。万が一、ラブカンプーの脚が止まるようなことがあれば、この馬の先行差し切りが決まるはず。

スポンサーリンク

ランキングアップのお願い

現在、最強競馬ブログランキングと人気競馬ブログランキングに参加しており、推奨馬や予想馬をご覧いただく場合は下記の各ランキングをクリックしていただくと推奨馬や予想馬が確認出来るようになっています。馬名は各ランキングのサイトタイトル近くに掲載しています。

競馬人気ブログランキングへ

最強競馬ブログランキングへ

また、1日1回の応援クリックもお願いしております。ランキングが上がると記事を更新する際の励みになります。

よろしくお願い致します。

スポンサーリンク