中央競馬最終予想

セントウルステークス2019マテラスカイの結果予想!追い切りや血統・過去データ

2019年9月9(日)阪神競馬4回2日目セントウルステークス2019芝1,200mに出走予定のマテラスカイの予想を中心に追い切りや血統、マテラスカイの過去データ、セントウルステークスの過去10年のデータ傾向分析を紹介します。

個人的には買えば来ない。見送れば来る。そんな馬ですw

マテラスカイの前走プロキオンSは断然1番人気で5着。1000mが56.3で、昨年の優勝時が56.0ですから、マテラスカイのペースで走って負けたことになります。

これが、実力差で負けたのかどうか?セントウルステークスで馬券になるのかどうか?このあたりを過去データやコースバイアスなどで探ってみたいと思います。

実績No.1の無料予想サイト

2020年のG1無料予想は何と+169,490円!

重賞の無料予想で1番おすすめ出来るサイトです!

◎2021年春のG1は10戦5勝

日本ダービーは、9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!

京王杯SCでは、8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れて167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも桜花賞|高松宮記念|天皇賞春|NHKマイルCで3連複的中!

ここ1番での的中と回収率は抜群です。

2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

無料買い目で稼げるここの情報は有料予想以上です!

週末の無料予想は、重賞中心ですからライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

今週の無料買い目はコチラ↑無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。また、Google・yahooのSNSアカウントでも簡単に登録できます。

セントウルステークス2019予想!マテラスカイの評価は?

予想

マテラスカイのセントウルステークス2019は紐馬候補

評価内容

久々の芝レースに出走登録をしていますが、まずは血統背景から言うと「芝を走れても何らおかしくない血統筋」だということです。

ファインニードルと同じ、ミスプロ系×ナスヌーラ系の配合ですから、芝スプリント適正は合って当然と考えるほうがしっくりときますし、母系も芝レースを走れる血統背景です。

調教は、本数も多く、12秒台を連発していますので、調子は良さそうです。

で、セントウルステークスで馬券になるかどうかは、正直なところ、走ってみないとわからないのが本音。

マテラスカイ自身、気性難を持っていますので、逃げに転じて好戦してきたタイプですが、近走はその逃げもイマイチ。

前走プロキオンSも気性難が原因で失速しましたから、芝が走れるかどうかの以前に、この気性難が出ないかどうか?芝レースで良い方向に行けるかどうか?このあたりだと思います。

ただ、阪神コースは力の要る馬場ですから、ある意味、買うならこのレースかな?とも思っています。

[insert page=’anken1′ display=’content’]

セントウルステークス2019予想マテラスカイの追い切りは?

28日と1日に好時計を連発していますから、状態は良さそうです。

最終追い切りは坂路[49.4/36.3/11.9]併せラスト仕掛けて突き放す

攻めかけするタイプですから、この時計を鵜呑みしていいのか?というのもありますね。

セントウルステークス2019に出走予定のマテラスカイの過去レースデータは?

  1. 芝[0-0-0-1]
  2. 7月~9月[1-1-0-2]
  3. 中5週~9週[0-1-0-4]
  4. 逃げ[4-2-0-2]
  5. 先行[3-1-1-8]
  6. ~1200m[6-5-0-11]
  7. 武豊騎手[4-2-0-4]

芝レースは、京王杯2歳S9着以来の出走。内容は勝ち馬からコンマ9秒差ですから、悲観する内容では無いと思いますが、古馬になってからは初の芝戦ですから、どうなるかは未知数ですね。

近年はにげてれないと話にならない数字で、今年は逃げて[0-0-0-2]の成績。

すでにピークを超えた可能性もありますので、このあたりは慎重に思案するか、点数を広げることが出来れば、押さえに一考。

参考に前走プロキオンS、レース後の武豊騎手のコメントです。

「3コーナーから入れ込んで仕方がなかった。そこから他馬に被されて競馬にならなかった。」

[ad]

セントウルステークス2019に出走予定のマテラスカイの血統背景は?

生年月日2014年03月18日(牡5歳)
毛色栗毛
調教師森 秀行(栗東)
馬主大野 剛嗣
生産者/産地Lynch Bages LTD/米
中央獲得賞金1億4635万0000円
通算成績25戦6勝[6-5-0-14] 主な勝鞍18’プロキオンステークス
系統Mr. Prospector系

母Mostaqelehは、フランスG2の2着馬で、祖母の半兄にイギリスマイルG1、2勝のbahriがいます。

米国系ダート産駒らしい、スピードとスタミナを兼ね備えたスプリンター血統。

もともと母系は芝もこなす血筋ですから、芝で走れてもおかしくない。ファインニードルと同じ、ミスプロ系×ナスヌーラ系の配合ですから、いきなり芝で走っても驚かない血統背景ですね。

[ad]

セントウルステークス2019予想オッズ

 

引用先:ネット競馬

セントウルステークス2019コース解説

向正面半ばからスタートで、3コーナーまでの距離は243m。内回りコースでコーナーまでの距離が短いため、枠は内が有利。ただし、揉まれやすい最内枠はマイナス。2枠の数字が頭一つ抜けている。

スタート直後から緩やかな下りで、残り900mあたりから勾配が増し、直線半ばまで下りが続く。ゴール前の直線は350mで、残り約200m地点から上りの急坂が待っている。

スタートから坂を下ってくるため、勢いの付いた逃げ、先行馬がそのまま押し切るパターンが多く、特にAコースは逃げ切りも多い。ただし、前が速くなる上級条件では差しも決まる。引用先:競馬ラボ

開幕週ですから、逃げ馬を狙うのはあり。連対率も高め。少々のオーバーペースでも逃げ切ってしまうのが開幕週の怖さ。

追い込み馬は割引。差し馬は4角8番手以内までが理想。

[ad]

セントウルステークス2019過去データ傾向分析

  1. 1番人気[2-5-1-2]連対率70%
  2. 2番人気[2-2-1-5]連対率40%
  3. 3番人気[1-0-1-8]連対率10%
  4. 関西馬[9-6-10-90]連対率13%
  5. 関東馬[1-2-0-27]連対率10%
  6. 3歳[3-0-1-14]連対率16%
  7. 4歳[4-2-1-16]連対率26%
  8. 5歳[3-5-3-33]連対率18%
  9. 6歳[0-1-4-32]連対率3%
  10. 7歳[0-2-1-17]連対率10%
  11. ミスプロ系が非常に優秀
  12. 前走1着馬が優秀
  13. 1枠8枠の3着内率が高いが全体的にはどおからでもOK
  14. 前走1200m組みが中心
  15. 前走G3組みが中心
  16. 逃げ先行馬が有利

開幕週の馬場ということもあり、逃げ馬が優秀。基本は逃げ先行馬。

前走はG3組みが中心で特に北九州記念組みは優秀。馬券の中心は夏場を使ってきた馬から。

3歳~6歳までが軸の中心。7歳馬以上は割引が必要。

基本は前走から同距離組みですが、意外と距離延長組みも善戦。

ミスプロ系の天下。サンデーサイレンス系も馬券にはなりますが、軸馬はミスプロ系から。

[ad]

セントウルステークス2019出走予定注目馬の評価

セントウルステークス2019ミスターメロディの結果予想!追い切りや血統・過去データ2019年9月9(日)阪神競馬4回2日目セントウルステークス2019芝1,200mに出走予定のミスターメロディの予想を中心に追い切りや血...
セントウルステークス2019タワーオブロンドンの結果予想!追い切りや血統・過去データ2019年9月9(日)阪神競馬4回2日目セントウルステークス2019芝1,200mに出走予定のタワーオブロンドンの予想を中心に追い切りや...
セントウルステークス2019ファンタジストの結果予想!追い切りや血統・過去データ2019年9月9(日)阪神競馬4回2日目セントウルステークス2019芝1,200mに出走予定のファンタジストの予想を中心に追い切りや血統...
セントウルステークス2019ダイメイプリンセスの結果予想!追い切りや血統・過去データ2019年9月9(日)阪神競馬4回2日目セントウルステークス2019芝1,200mに出走予定のダイメイプリンセスの予想を中心に追い切りや...

重賞無料予想・一撃回収No.1無料サイト

京都牝馬で9人気抑えて回収率1339%的中の無料予想!
今年最高値は東京新聞杯4556%!

荒れる春の重賞はココ見てからがベスト!
毎度荒れ重賞対策万全です!

無料買い目画像がコチラ↓

◎京都牝馬S:3連複133.9倍×500円=66,950円

◎東京新聞杯:3連複455.6倍×500円=227,800円

人気薄馬の入れ込みが本当に上手い!
重賞予想で一撃必殺の回収率を狙うならここの無料買い目が1番です。

今週の無料買い目はコチラ↑無料メール登録で即買い目が確認できます。

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。