霜月ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/展開は超ハイペース・差し有利の予感

霜月ステークス2019の予想を中心に枠順や予想オッズ、過去データ傾向を紹介します。(2019年11月17日(日曜)/東京競馬場/霜月ステークス/3歳上オープン/ダート1,400m)

展開理論予想の@足立です。

昨年は3連単100万馬券が出るなど毎年荒れやすいレースです。

ハンデ戦であるからこそというのもあると思いますが非根幹距離に対応出来るのか?または、スプリント色には辛いコースですから人気上位馬がマイルまでこなせる馬なのかどうか?

こういったところが荒れやすい要因になっているのかなと。

今年も過去データ傾向を中心に展開予測をしっかりとおこない馬券を組み立てていきます。

ちなみ今年は、超ハイペース予測ですから「差し馬」を狙いたいですね。

マイルチャンピオンシップ2019関連記事

マイルチャンピオンシップ2019予想オッズや過去データ/4歳の外差しが狙い目
マイルチャンピオンシップ2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向、展開予測などを紹介していきます。(2019年11月17日京都競馬場/第36回マイルチャンピオンシップ3歳以上オープンG1芝1600m外)ミドルを想定。外差し4歳が狙い目
マイルチャンピオンシップ2019参考レース動画や成績!予想オッズやステップレースの評価
マイルチャンピオンシップ2019の予想!と題して参考レース動画や成績、予想オッズやステップレースでの各馬の評価などを紹介していきます。マイルチャンピオンシップ2019のステップレースは、富士S、毎日スワンS、毎日王冠、天皇賞秋が主流。
マイルチャンピオンシップ2019の出走予定馬や予想オッズ!日程や賞金/注目馬考察
マイルチャンピオンシップ2019の出走予定馬や予想オッズ・騎乗予定騎手を中心にマイルチャンピオンシップ2019の日程や賞金、枠順や注目馬考察を紹介していきます。今年の注目馬は、ダノンキングリーにダノンプレミアム。ダノンプレミアムは、天皇賞秋激走の疲れが取れているのかどうか?またダノンキングリーの主戦戸崎圭太騎手の負傷による乗り替わりでレースに影響が無いのかどうか?このあたりが気になりますね。

2019年11月17日東京競馬予想/京都競馬予想/福島競馬予想

霜月ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/展開は超ハイペース・差し有利の予感
霜月ステークス2019の予想を中心に枠順や予想オッズ、過去データ傾向を紹介します。(2019年11月17日(日曜)/東京競馬場/霜月ステークス/3歳上オープン/ダート1,400m)先行有利なコースでも超ハイペースなら差し馬の出番、狙うなら差し
福島民友カップ2019予想オッズや過去データ傾向/内枠差し馬が狙い目その理由とは?
福島民友カップ2019の予想を中心に枠順や予想オッズ、過去データ傾向を紹介します。(2019年11月17日(日曜)/福島競馬場/福島民友カップ/3歳上オープンリステッド/ダート1,700m)展開的に差し馬が有利の予測。狙うのは4歳牡馬
赤松賞2019予想オッズや過去データ傾向!新馬戦の内容から先行抜け出しフィオリキアリ
赤松賞2019の予想を中心に枠順や予想オッズ、過去データ傾向を紹介します。(2019年11月17日(日曜)/東京競馬場/9R赤松賞/2歳500万下/芝1,600m)過去5年の結果を見ると、上がり3F33秒台の決着にサンデーサイレンス系が優秀。さらに単勝1番人気[2-0-3-0]と3着内率100%の結果。

ジャパンカップ2019出走予定馬や予想オッズ

ジャパンカップ2019予想オッズや出走予定馬や騎手・とっておきの注目馬や穴馬を紹介
ジャパンカップ2019の予想オッズや出走予定馬。枠順や騎手、とっておきの注目馬や穴馬を紹介します。また1週間前追い切りも評価付きで紹介!(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)

霜月ステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

霜月ステークス2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 スマートダンディー 牡5 56.0 浜中 俊
1 2 タムロミラクル 牡7 55.0 吉田 豊
2 3 ゴライアス 牡4 55.0 丸山 元気
2 4 タマモカトレア 牝4 52.0 武藤 雅
3 5 スマートアヴァロン 牡7 57.0 三浦 皇成
3 6 ニットウスバル 牡7 55.0 柴田 大知
4 7 ヴェネト 牡7 53.0 藤懸 貴志
4 8 ドリュウ 牡4 54.0 田辺 裕信
× 5 9 サルサディオーネ 牝5 53.0 岩田 康誠
5 10 プロトコル 牡8 54.0 江田 照男
6 11 ミッキーワイルド 牡4 56.0 北村 友一
6 12 テーオーヘリオス 牡7 57.0 川須 栄彦
7 13 エレクトロポップ 牡6 54.0 大野 拓弥
7 14 ドリームキラリ 牡7 57.0 菊沢 一樹
8 15 ストロベリームーン 牝5 55.0 柴田 善臣
8 16 ベストマッチョ 騸6 56.0 北村 宏司

展開予測

過去10年の結果を見てもわかるように、テンからスピードの出やすいコースということで、ミドルペース以上は濃厚のようなレース。

逃げるのは7枠14番ドリームキラリや5枠9番サルサディオーネ。スタートさえ決まれば、久々の2枠3番ゴライアス。

続いてニットウスバルやヴェネト、テーオーヘリオスやストロベリームーンが好位先団を形勢。

終いを狙う差しには、タマモカトレアやスマートアヴァロン、ドリュウあたり。

外枠に逃げ先行馬がかたまったことでテンの入りは例年以上に速くなる可能性もあり、ハイペースでもかなり速いレース展開を予測。

そうなると今年は2015年のような差し馬勢に展開が向きそうかなと。

最後の直線では、逃げ先行勢の数頭が離脱していく中、差し馬勢がどこまで迫れるか?

そういったレース展開を予測しています。

霜月ステークス2019予想

全馬が似たような戦績の中、頭1つ抜けているのがミッキーワイルド。前走初の重賞挑戦だったプロキオンSは、2着と惜しい内容も地力のあるところを見せたレースでした。

休養明け初戦にオープンに出てきた以上、勝ち負けを想定出来る実績がありますからこの馬で軸は堅いように思いますがここは少しひねった予想をしたいかなと。

差し馬が飛んでくる展開を予測していますので内枠で脚を溜めて最後は弾けるというより、逃げ先行馬が離脱していく中を抜けていくような馬を狙います。

◎本命:複勝

スマートダンディー

ダート1400mは[6-4-1-4]と適正は十分で勝鞍のすべてが1400m戦というのも心強い結果。

東京ダート1400mは[1-1-1-1]と好走をしており問題の無い戦績。

前走から間隔はあいたものの実績面で言えば、上位に入り適正もありますからそれだけで買いの材料となる上に枠順が絶好。

外枠に逃げ先行馬が集まったことで本来であれば1枠は買い辛い枠になりますが自在性のあるスマートダンディーにとっては願ってもない枠。

他馬のスタートの出方次第では控えることも出来ますし先行することも出来る。

今回は久々の分、行き脚の関係で少し控える競馬になると思います。たぶん6番手~8番手あたり。

そうなれば、ビュンビュンに飛ばす逃げ先行馬を前に見ながら最後はロスの無い最内枠から勝手に自分の出番が出てくるような結果になるかなと。

久々でも期待したいですね。

霜月ステークスコース解説

1300mのスタート地点をそのまま100m延ばしたところからスタートで、JRAのダートコースで1400mは4場あるが、スタートからダートを走るのはこのコースのみ。

最初のコーナーまでは442mあって、下りの直線距離が長いため前半のペースはかなり速くなる。下級条件では上がりがかかるため切れ味は不要。

他のコースで上がりの差で負けていたバテないタイプの逃げ・先行馬は狙い目となる。後ろから行く馬もなし崩しに脚を使わされ、バテているので、後方一気はあまり期待できない。引用先:競馬ラボ

霜月ステークス過去データ傾向分析

過去5年の結果を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[0-2-0-3]
  2. 単勝2番人気[2-0-0-3]
  3. 単勝3番人気[0-0-0-5]
  4. 関東馬[1-2-2-20]
  5. 関西馬[4-3-3-45]
  6. 牡馬[5-5-5-57]
  7. 牝馬[0-0-0-4]
  8. セン馬[0-0-0-4]
  9. 3歳[0-0-0-4]
  10. 4歳[1-0-1-5]
  11. 5歳[3-1-1-21]
  12. 6歳[0-2-2-16]
  13. 7歳上[1-2-1-19]
  • ミスプロ系が独占
  • 前走同コース3着以内[2-2-0-1]と好走
  • 前走1200m[1-0-0-21]と苦戦
  • 前走から距離短縮組が優秀で特に1700mが[1-2-1-6]と狙い目
  • 4歳5歳6歳が中心も7歳以上も活躍

昨年は3連単100万馬券が出るほど荒れた結果となり、過去10年を見ても単勝1番人気[0-2-1-7]と苦戦傾向。

変わって単勝2番人気が[5-0-0-5]と勝つか負けるかの結果。

データ上で予想に入る場合は、前走から距離短縮組からがベストかなと。

降級制度撤廃のため、7歳以上の好走が増えるのかどうかも注目したいですが東京コースが優秀で前走から距離短縮。これが一応の予想ポイントになります。

【1位】競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

展開理論を覚えたい方にはおすすめの良書です。
特に注目したいのは「馬場と展開についての解説」と「データの見方の解説」の2点。
スローペースになるか、ハイペースになるかを出走表から予測するための解説がされており、初心者でも何度か練習をすれば展開予測が出来るはずです。

また、「データの見方の解説」に至っては、◯◯距離+コースなら回収率100%を越えるといったデータのみの公開は一般的に良く見られる情報ですが、それが正しいかどうかの見方についても解説しているのが他の競馬本とは一線を画する内容です。

展開理論で予想をして、その馬が展開予測通りに走り1着でゴールする。
競馬予想の醍醐味を十分に楽しめる。そんな1冊に仕上がっています。

【2位】馬券術_人間の条件—「競馬は、一流の人間だけ見れば勝てるんだよ」

私が展開理論で競馬予想をするきっかけとなった伝説の競馬書籍です。

競馬予想をする上で、馬主と厩舎の関係。騎手と馬主との関係。厩舎と騎手との関係といった「人」を見た予想は、ごく当たり前になっていますが20年前までは「人」を見た競馬予想は確立されていませんでした。
そういった時代に突如現れたのが「競馬は、一流の人間だけ見れば勝てるんだよ」という予想。

当時の競馬予想に革命的な理論を叩き出し、一躍その「人を見る競馬理論」が一世を風靡しました。
内容は当時のデータなどを掲載しながらの解説になっていますので現在は使えないですが、その理論は今なお健在。
私もこの1冊に出会ってから的中率や回収率が飛躍的に伸びたのを今でも鮮明に記憶しています。
中古でしか手に入らないですが一読価値は十分にあります。

【3位】1頭の種牡馬の凄いクセをつかむだけで1千万円稼ぐ

競走馬は、コースや距離によって好走出来るタイプが異なってきます。その異なる部分を見極めるためには何をどうすれば良いのか?という所にフォーカスし「血統と馬体を見れば特徴が分かる」という独自の観点を解説した内容です。
「距離短縮」で走るのか?「距離延長」で走るのか?などを種牡馬別に具体的に例題を出しながら解説しています。
作者である双馬毅が某キャッシングの5万円を原資に馬券生活をスタートし、わずか数年で1000万単位で勝つまでになった双馬毅の核となる理論。
主要種牡馬&クセの強い種牡馬だけをピックアップした、最も馬券に直結する種牡馬事典と言っても過言ではありません

タイトルとURLをコピーしました