当サイト無料メルマガ予想→皐月賞ダノンキングリー桜花賞クロノジェネシス的中!無料メルマガの登録はこちらから
予想データ解析

シンザン記念2019予想データ解析注目推奨馬アーモンドアイの血が騒ぐ

シンザン記念2019の予想データ解析や注目推奨馬を紹介します。この時期の3歳馬は、早熟馬の終焉と、明け3歳になり、これから本格的にクラシック戦線に打って出ようとする馬との分岐点かなと考えています。過去10年を見ても、1着馬と2着馬のその後の戦績を見ても歴然で、ある意味、ここで1着になれば、その後の活躍も見込まれる。そんな1戦かなと思っています。

スポンサーリンク

以下、コース形態と重要なデータになります。

コース形態は、京都平坦コース外回り。
スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長く、
テンの入りから速いペースで淡々と流れ、
京都平坦コースということもあり、上がり勝負になることも多いです。

ただ、スパッと切れる脚というよりは、
息の長い上りが使えるような馬が活躍します。

中山や阪神などで連対経験のある馬が有利なのも頷けますね。

 

枠順は内枠有利。過去10年、
1番~9番までの馬が必ず1頭は連対しており内枠優勢。
1枠の3着内率が35%超え、2枠3枠4枠が25%超えとなっています。

コース形態から見た時、外枠の馬、もしくは、
外に振られる脚質の馬が不利をもらう場合が多いですね。

 

脚質は、数字で言えば逃げ馬が有利
全体的に見れば、どの脚質でも勝負になっていますが、
逃げ、先行の3着内率が80%を超えていますので、
狙うなら逃げ、先行馬でしょうか。

過去10年の脚質による勝数は逃げ1、先行5、差し1、追い込み2。

 

位置取りは、4角8番手以内が優秀で、
よほどの展開が向かない限り、
もしくは、よほどの強い馬以外は9番手以下からの3着内は
見込めない過去10年になっています。

単勝人気順では、どの馬も勝負になっていますので、
「狙った馬のオッズがどのくらいか?」程度の使い方で良いと思います。

 

キャリアは7戦以上が3着内率0%
キャリア6戦までが予想の範囲でしょうか。
勝率では4戦5戦。3着内率では、2戦5戦が狙い目です。

 

前走1着の3着内率が40%以上と前走着順別では狙い目。
また、前走4着~9着も数字は優秀で、
馬券を組み立てる最初の入り口は、
この辺から入って行くのが良いかも知れません。

該当馬:前走1着
アントリューズ
グッドレイズ
パッシングスルー
ファタリテ
マイネルフラップ
ミッキーブリランテ
ヴァルディゼール

 

前走中山、阪神コースの成績が優秀。スピード勝負や、スタミナ切れだった馬の巻き返しが目立ちます。特に先行馬。

 

前走のクラスに関係なく、
勝ち馬から1秒以上で負けた馬の成績が[1-0-1-18]と不振
前走1着馬以外を狙う場合は、1秒以内までの馬を狙うのがベスト。

該当馬
コパノマーティン
ゴータイミング
ニホンピロヘンソン
ミヤケ

 

特注⇒前走からの乗り替わり騎手が好調

 

それでは注目推奨馬2頭を紹介します。(年齢は2019年のものです)

シャドウエンペラー

生年月日 2016年03月11日(牡3歳)
毛色鹿毛
調教師岡田 稲男(栗東)
馬主ゴドルフィン
生産者/産地Godolphin/愛
中央獲得賞金1130万0000円
通算成績 3戦1勝[1-0-0-2]
主な勝鞍 18’サラ2歳新馬
系統Sunday Silence系

新馬戦は、阪神1600m重馬場で1着。
1:35:7は優秀な時計で、上がりも最速で内容のあるレース。

2走目は、サウジアラビアRCで勝ち馬から1秒差の5着と
勝ち馬が朝日杯3着のグランアレグリアだったことや、
輸送などがあったことを考慮すれば悲観する内容でもないかと。

前走は、一気に2ハロン伸びた2000mで、
スローペースを先行しながらも
コンマ9秒差の5着は距離の問題で、こちらも度返し。

新馬勝ちの内容、サウジアラビアの内容から見ても
距離短縮のここが狙い目でマイルがしくりと来る距離かなと。

また、今回は同型馬が多いですから
ミドル以上なら、
先行して粘れる力と展開があるのではと考えています。
(先行他馬はスローペースの上がり勝負特化型のため)

少し、予測にはなりますが、
ダートだと、芝以上の成績が残せるかな?と思っています。

 

ヴァルディゼール

生年月日 2016年04月01日(牡3歳)
毛色鹿毛
調教師渡辺 薫彦(栗東)
馬主株式会社 G1レーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金700万0000円
通算成績 1戦1勝[1-0-0-0]
主な勝鞍 18’サラ2歳新馬
系統Mr. Prospector系

先物買いの1頭ですね。
新馬戦のタイムは平凡も、先行して、ミドルペースで
3ハロン上がり1位で1着と、レースセンスが良く、
血統背景も、アーモンドアイと同血となれば、今回のメンバーではトップクラス。

今回は先行馬が多いですが
枠順次第では、差し控える可能性もあります。

前走のコメントでは、
「ゴーサインを出してからは促すだけでした。
距離はこのくらいがいい」(北村友騎手)

ということですから、今回も期待したいですね。

 

今回のメンバーは全体的に前が多く、
強力な逃げ馬がいない中でも、ペースが上がる可能性もあり、
3頭目の推奨馬として、後ろから突っ込んでこれる馬を
探していましたが、該当馬がなかったです。

枠順の脚質の並びを見て、再度、展開予測をしながら、
ペースに合う馬を予想では紹介します。

たぶん、今回は後ろなんですよね。後ろ。

>>中山金杯2019予想データ解析注目推奨馬!狙う価値のある重賞未勝利馬
>>京都金杯2019予想データ解析注目馬それでも狙いたくなる明け7歳馬

以下、公開予定重賞一覧です。(青文字は予想を公開しています)

12/29 第64回東京大賞典2018
12/30 第12回東京シンデレラマイル
12/30 第22回ライデンリーダー記念
12/31 第42回東京2歳優駿牝馬
12/31 第47回東海ゴールドカップ
12/31 第47回園田ジュニアカップ
12/31 第49回高知県知事賞

スポンサーリンク