当サイト無料メルマガ予想→皐月賞ダノンキングリー桜花賞クロノジェネシス的中!無料メルマガの登録はこちらから
厳選単複予想

シンザン記念2019予想!前走大敗も逃げ馬が覚醒する京都平坦コース

シンザン記念2019の予想を紹介します。
素質馬や良血馬が集まったシンザン記念。人気の中心は、ロードカナロア産駒の2頭。
アントリューズと、ヴァルディゼール。

前走の走りを見る限り、この2頭で決まりかなと思いますが
京都平坦に変わって、最も歓迎している1頭を狙います。

シンザン記念2019のデータやコースバイアスの解説はこちらです⇒シンザン記念2019予想データ解析注目推奨馬アーモンドアイの血が騒ぐ

スポンサーリンク

推奨馬の評価

アントリューズ
前走ベゴニア賞では、出走馬中最速の上がり3ハロン34秒2で優勝。
3頭併せ馬の形から、最後は抜け出す根性もあり、
切れ味勝負なら十分に勝ち負け

ヴァルディゼール
新馬戦だった前走は折り合いも完璧で、新馬らしからぬ走りでした。
レースが速くなる4角では軽く気合を付けられただけで先団へ。
あとは、王道競馬の先行抜け出し。
メンバー中最速タイの上がり3ハロン34秒8も終いの良さも際立つレースでした。

ドナウデルタ
前走のデイリー杯2歳Sは5着と惜しい内容も、直線では前が塞がる不利での5着。
スムーズに行っていれば、3着以内も十分にあった内容でした。
牝馬の中でも馬格があり、牡馬とも対等にレースをする辺りは好印象です。

ニホンピロヘンソン
G1初挑戦となった前走の朝日杯フューチュリティSは、幼さと、
G1の雰囲気に圧倒された形で大敗。
ただ、2走前の走りが強い内容で、自らハナを奪いながら、
上がり3ハロンタイムも最速という、完勝のレースでした。

予想

複勝1点⇒競馬人気ブログランキング

新馬戦のタイムが非常に優秀。1:21.9は、古馬1000万クラスの平均タイム。
この新馬戦を先行差し切り勝ちで圧勝。
続く2戦目は、逃げて、2着馬を完封とこちらも圧勝。

タイムは見劣る形でも、レースセンスの良さを感じた内容でした。

今回、脚質の並びから見ても、逃げる可能性が強く、前走から京都平坦に変わるのはプラス材料。また、人気上位馬の前を走れるのも、そうとうな強み。

ペースはミドルペースを想定していますから
ここでも十分に逃げ切ることが出来るのでは?と考えています。

最後に対抗で上げるならヴァルディゼール。

スポンサーリンク